WordPressブログにTwitter投稿とタイムラインを埋め込む方法

どうも、リュウセイです!

 

今回は、WordPressブログにTwitterのツイートとタイムラインを埋め込む方法をご紹介していきます!

 

埋め込むと聞くと少々難しいそうなイメージを持たれるかもしれないですが、想像以上に簡単です。

 

僕も難しそうと思ってたのですが、案外簡単にできて拍子抜けしたので、そこは保証します笑。

 

PC版のTwitterにアクセスして操作を行っていくので、宜しくどうぞ。

 

 

ブログにTwitterのタイムラインを埋め込むメリット

 

メリットは以下の通りかなと思います。他にもあるかもですが、思いつかなかったです。

 

  • 訪問ユーザーにTwitterアカウントの存在を知ってもらえる
  • ブログとTwitterを連結させることで双方からアクセスを誘導できる

 

順番に見ていきます。

 

訪問ユーザーにTwitterアカウントの存在を知ってもらえる

 

アクセスが検索エンジンからだった場合、訪問ユーザーはあなたがTwitterでも発信していることを知らないはずです。

 

ウィジェットでTwitterのリンクを貼り付けるのも勿論有効ですが、リンクだけだとなんだか味気ない感じがします。

 

タイムラインを埋め込んでおけば、普段あなたがTwitterでどのような表現でツイートしているのが直ぐに分かるので親しみやすくなるでしょう。

 

ブログとTwitterを連結させることで双方からアクセスを誘導できる

 

ブログとTwitterの相性は抜群です。

 

ブログ単体だと孤島なので初期の頃はアクセス集めに苦労しますが、Twitterも合わせて活用することでアクセスを集めやすくなります。

 

事実、このブログもアクセスの大半がTwitterからのものです。

 

ブログにもTwitterを埋め込んでTwitterにもブログを貼っておけば、より効率良くアクセスを集められます。

 

これを活用しない手はないでしょう。

 

基本的に、ブログとTwitterなどのSNSは交互に行き来できるようにしておくのが効果的です。

 

 

ブログにTwitterのツイートとタイムラインを埋め込む方法

 

記事内にツイートを埋め込む方法

 

記事内で説明資料や権威姓の材料として使う場合にTwitterのツイートを埋め込むのは効果的です。

 

『Twitterでこの方がこんな事を言っていましたよ~』と証拠を見せることで、読者さんも『この記事は信憑性が高い』と判断してくれます。

 

ツイートの埋め込み方法は以下の通りです。

 


埋め込みたいツイートを開いて、右上の「∨」をクリック


 


「Embed Tweet(ツイートを埋め込む)」をクリック


 


「Copy Code」をクリックして埋め込み用コードをコピー


 


「テキストエディタ」に切り替えてコードを貼り付ける


 

これで埋め込みは完了です。

 

また、もう一つのやり方でも同様にできます。

 


埋め込みたいツイートを開いて、画像の赤枠で囲ったアイコンをクリック


 


「Copy link to Tweet(ツイートリンクをコピー」をクリック


 


「テキストエディタ」に切り替えてコードを貼り付ける


 

こちらの方が手間が少なくて簡単ですね。

 

WordPressブログのサイドバーにタイムラインを埋め込む方法

 

続いてはタイムラインの埋め込み方法についてです。

 

「ウィジェット」を使ってサイドバーにTwitterのタイムラインを埋め込んでみましょう。

 

まずはコードの取得からですね。

 

タイムラインを埋め込みたいので、自分のプロフィールにアクセスしてください。

 


プロフィールのURLをコピー


 


コチラ」にアクセスして、白い所にプロフィールURLを貼り付けて「→」をクリック


 


「埋め込まれたタイムライン」を選択


 


「set customization options」をクリック


 


タイムラインのサイズ等を任意で選択して「更新」をクリック


 

おすすめの設定は、「縦幅:600・横幅:400」です。

 


「Copy Code」をクリックしてコードをコピー


 


WordPressメニュー「外観」→「ウィジェット」から「テキスト」を選択し、「テキストエディタ」に切り替えてコードを貼り付ける


 

後はこのウィジェットを好きな位置に配置すればOKです。

 

ブログのトップページに僕のTwitterタイムラインを埋め込んであるので、どんな仕上がりになるのかの参考にしてみてください。

 

 

まとめ

 

記事内にTwitter投稿を埋め込められれば参考文献的な使い方もできるので覚えておいて損はないです。

 

注意点としては、タイムラインを埋め込むと「サイト表示速度に影響が出る」という点です。

 

埋め込みによってサイト表示速度が大幅に落ちてしまった場合は、一旦埋め込むのは辞めて対処法を探した方がいいですね。

 

それでは、今回はこの辺で。

 

ありがとうございました。

 

チャオ(・∀・)!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です