WordPressのゴミ箱の保存期間とは?保存期間・有無の設定方法

WordPressのゴミ箱へ入った記事は何日まで保存されるの?また、2回削除するのは面倒くさいからゴミ箱へいかない設定についても教えてほしい

 

OKまかせろ。

 

 

WordPressのゴミ箱の保存期間

 

保存期間は、デフォルトの設定で30日間となっています。

 

この30日間を変更したいときは、テーマのwp-config.phpへ下記のコードを記述しましょう。

 


define( ‘EMPTY_TRASH_DAYS’, 10 );

 

上記コードの一番後ろにある「10」が、保存期間を指定している部分です。ここの数値を変えることで、任意の保存期間に変更できます。

 

 

ゴミ箱へ移動させずに完全削除する

 

記事を削除して、またゴミ箱でも削除して…と2回削除するのが面倒と感じる場合は、一度削除すればゴミ箱へ移動せずに完全削除させることもできます。

 

やり方は簡単で、先ほどのコード内の数値を「0」に変えるだけです。

 


define( ‘EMPTY_TRASH_DAYS’, 0 );

 

 

ゴミ箱内での自動削除を無効化する

 

保存期間を設定すると、当然ながらその期間が過ぎると自動的に削除されます。

 

特に保存期間を設けずに手動で削除したい場合は、自動削除を無効化しましょう。

 

下記のコードを今度はテーマのfunctions.phpに記述していきましょう。

 


add_action( ‘init’, ‘remove_schedule_delete’ ); function remove_schedule_delete() { remove_action( ‘wp_scheduled_delete’, ‘wp_scheduled_delete’ ); }

 

 

まとめ

 

コードはいずれもファイルの一番下に記述する形でOKです。

 

お役に立てれば幸いです。

 

それでは。
チャオ(・∀・)

 

 

PS.
記事が参考になったら、ぜひRSS登録お願いします!

 

RSSとは何ぞや?という方はこちらを読んでみてください。

RSSとは?おすすめのRSSリーダー「feedly」の登録方法! | リュウセイブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です