WordPressプラグインを日本語化させる方法【簡単です】

チャオ(・∀・)♪

 

便利なプラグインなんだけど、日本語に対応していないのが残念…。翻訳機能でいちいち訳すのは面倒よなぁ~

 

あるあるですよね(ですよね?)。

 

今回は、この悩みを華麗に解決していきたいと思います。結論を言うと、WordPressサイトから言語ファイルをダウンロードしてサーバーにアップロードすればOKです。

 

それでは、解説に移っていきますね。

 

 

WordPressプラグインを日本語化させる方法【簡単です】

プラグイン公式ページにアクセスしてURLを取得する

 

日本語化させたいプラグインの公式ページにアクセスして、そのページのURLを取得しましょう。

 

アクセス方法としては2つあって、検索エンジンを使って検索する方法と、WordPressメニューの「インストール済みプラグイン」を開いてプラグインの説明欄にある「詳細を表示」をクリックして「WordPress.org プラグインページ」をクリックする方法です。

 

今回は例として、WordPressの操作ログを残せるプラグイン「WP Security Audit Log」を使っていきます。公式ページのURLは「https://ja.wordpress.org/plugins/wp-security-audit-log/」です。

 

取得したURLの末尾をコピーする

 

上で取得したURL「https://ja.wordpress.org/plugins/wp-security-audit-log/」から、末尾の部分だけを抜き取っていきます。

 

「https://ja.wordpress.org/plugins/」まではどのプラグインもたいてい共通で、「plugins/」の後にそのプラグインの名称が付きます。なので、「plugins/○○」の「○○」をコピーしましょう。

 

今回の例で行くと、「wp-security-audit-log/」となります。

 

コピーしたURLの一部を貼り付ける

 

「https://translate.wordpress.org/projects/wp-plugins/」の末尾(wp-plugins/○○←)にコピーした「wp-security-audit-log/」を貼り付けましょう。

 

Translating WordPressにアクセスして言語ファイルをダウンロードする

 

貼り付けたら、そのURLにアクセスしていきます。

 

https://translate.wordpress.org/projects/wp-plugins/wp-security-audit-log/

 

ページが開いたら、「Japanese」と「Stable」が交差している列のセルをクリックしましょう。

 

 

クリックしたページ先の下部にあるプルダウンを「Machine Object Message(.mo)」に切り替えます。

 


 

切り替えたら、左にある「Export」をクリックしてファイルをダウンロードしていきます。

 

 

ファイル名を変更してサーバーにアップロードすれば完了

 

ダウンロードしたファイルの名前を「○○-ja.mo」に変更しておきましょう。これは日本語翻訳ファイルであることを意味するファイル名です。「○○」にはプラグインの名称を入れておきます。

 

今回の例:「wp-security-audit-log-ja.mo」

 

最後に、FTPソフトを使ってWordPressの「wp-content/languages/plugins/」の階層にファイルをアップロードすれば完了です。

 

アップロードしたら、ちゃんとプラグインが日本語表記になっているか確認しましょう。お疲れ様でした。

 

 

まとめ

 

WordPressプラグインを日本語化させる手順について解説しました。いちいち翻訳して使うのが面倒な方は、言語ファイルをアップロードして日本語化させてみてくださいね。

 

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

チャオ(・∀・)

 

PS.
記事が参考になったら、ぜひRSS登録お願いします!毎日更新しているので、RSSとの相性バツグンですよ(・∀・)♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です