wordpressをローカル環境で運用する方法【生け贄に最適】

こんにちは、リュウセイです。

あなたは、こう思った経験はありませんか?

 

テーマエディターをいじりたいのだが、バックアップを取ってあっても万が一のことを考えると不安だな~。なんかこう、「生け贄用の自分のブログ」がもう1個あったら、そっちでテストできるから便利なのになぁ。

 

wordpressサイトは通常サーバー上で運用するものですが、常にネット上に公開されている状態であるために、サイトデザインなどをあまり気軽にいじれないこともありますよね。

 

僕の経験から言うと、「テスト用に使えるメインブログがもう1個あったらいいのにな」と思うタイミングは、テーマエディターを編集するときです。

 

特に怖いのが「function.php」の編集ですね。

 

編集をミスると、最悪の場合wordpress全体がエラーになってしまうこともあるので、慎重にいかねばなりません。

 

バックアップを取っていても、例えばwordpress管理画面にログインできなくなると面倒なことになってしまいますよね。

 

そこで役に立つのが「ローカル環境でwordpressを構築する方法」です。

 

ローカル環境wordpressでまずテストを行って、大丈夫だったらメインのブログで実行する形にすれば、精神的に楽になるでしょう。

 

つまりの「生け贄用のブログを作成しよう」ってことですね。

 

wordpressをローカル環境で運用するためのソフトはいくつかありますが、今回紹介するのは「Local by Flywheel(ローカル・バイ・フライホイール)」です。

 

簡単にローカルwordpress環境を構築できるのですが、「hostsファイル」と「アンチウィルスソフト」の関係でエラーが発生するかもしれない箇所があるので、その対処法についても綴っていきますね。

 

wordpressをローカル環境で構築できる「Local by Flywheel」の使い方&エラーの対処法

 

Local by Flywheelとは?

 

Local by Flywheel(ローカル・バイ・フライホイール)とは、ローカル環境でwordpressを構築できるシステムです。

 

Local by Flywheelの使いどころとは?

 

冒頭でも触れましたが、「テスト用のwordpress環境を構築したいとき」に便利です。

 

特にwordpress初心者の内は、テスト用のwordpress環境を1つ持っておくと、何かと便利だと思われます。

 

リュウセイ
僕もブログを始めた当初から、「ああ、もう一つwordpressサイトがあったら便利なのに!」って時々思ってました(笑)。

 

Local by Flywheelの登録&ダウンロード手順

 

それでは、さっそくLocal by Flywheelを使ってみましょう。まずはアカウント登録とダウンロードからですね。

こちらのリンクへアクセスしてください↓
Local Hub

 


①Googleアカウントなどでログインするか、新規ログインするかを選択します。

 


②「最新バージョンをダウンロードする」をクリックして、Windows版もしくはMac版をダウンロードします。

 


③サイト名を入力して右下の「CONTINUE」をクリック。

 


④PHP環境は適当に「Preferred」を選択して右下の「CONTINUE」をクリック。

 


⑤wordpress管理画面へのログインに必要な「ユーザー名」と「パスワード」を入力します。

 


⑥サイトを構築できたら右上の「ADMIN」をクリック。

 

後は設定したユーザー名とパスワードを使って、wordpress管理画面にアクセスするだけですね。

 

Local by Flywheelのダウンロードからローカルwordpress環境の構築までの手順は以上です。

 

Local by Flywheelでローカルwordpress環境が構築できない時の対処法

 

ユーザー名とパスワードを設定するとローカルwordpress環境の構築処理に入りますが、僕の場合はここでエラーが発生して処理が中断されてしまいました。

 

僕が遭遇したエラーは、

Local ran into a problem when trying to updete the hosts file.
Please ensure that the hosts file is not locked by anti-virus.
ローカルでhostsファイルを更新しようとすると、問題が発生しました。
アンチウィルスによってhostsファイルがロックされていないことを確認してください。

というものです。

 

hosts(ホスツ)ファイルとは、ホスト名とIPアドレスの情報が書いてあるファイルのことですね。

 

ローカルwordpress環境を構築する際にhostsファイルへアクセスするようなんですが、上にあるとおり「アンチウィルスソフト」によってそのアクセスが遮断されるケースがあるみたいです。

 

ということなので、上記のエラーが出た場合はお使いのウィルスソフトの「ウィルススキャン機能」を一時的に停止させましょう。

 

そして、hostsファイルの末尾に以下のLocal by FlywheelのIPアドレス名を追記して保存します。

 


## Local by Flywheel – Start ##
192.168.95.100 bike #Local Site
## Local by Flywheel – End ##

 

ちなみに、hostsファイルはWindowsだと「C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts」の中にあります。

 

もし管理者権限の都合でhostsファイルの編集ができなかった場合は、一旦別のフォルダにhostsファイルを移してそこで編集し、再度元の場所に移せばOKです。

 

hostsファイルは「C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts」の中でしか動作しないので、ちゃんと元の場所に戻すようにしましょう。

 

 

本家そっくりの「生け贄用ブログ」を作ろう

 

さて、当記事のテーマは「本家そっくりの生け贄用ブログを作成する」なので、次にやることは本家ブログの再現作業です。

 

具体的には、本家で使っているwordpressテーマとプラグインを全て生け贄用ブログにコピーすることですね。

 

テスト用のブログですから、本家とほぼ同じ環境化にしておくのが望ましいです。

 

やり方はそんな難しくないんですけど、読み込みに結構時間がかかるので、時間に余裕がある時にやるといいかもしれません。

 

やり方としては以下のとおりです。

 

  1. FTPソフトからテーマとプラグインのファイルをダウンロードする
  2. ダウンロードしたファイルをZIPファイル化する
  3. ZIPファイルを生け贄用ブログにアップロードして終了

 

ざっと上記の流れですね。

 

FTPソフトからテーマとプラグインのファイルをダウンロードする

 

まず、本家で使っているwordpressテーマとプラグインのファイルを、「FFFTP」や「WinSCP」などの無料FTPソフトを使ってダウンロードしていきます。

 

そうすればわざわざ一から用意しなくていいので楽ということですね。

 

エクスプローラーの中にそれ専用のフォルダを作っておき、FTPソフトからそのフォルダへドラッグ&ドロップすれば、簡単にダウンロードできます。

 

しかし、ダウンロードに結構時間がかかっちゃいます。

 

ファイルデータの重さにもよりますけど、僕の場合は全てダウンロードするのに30分はかかりました。

 

ダウンロードしたファイルをZIPファイル化する

 

ZIPファイルの状態でないとwordpressにアップロードできないので、次はZIPファイル化していく作業です。

 

「複数のフォルダを纏めてZIPファイル化!」…としたいところですが、それをやると全てのフォルダが1つのZIPファイルになってしまうんですよね。

 

これだとフォルダの数が多いときに凄く手間を食いますが、実は選択したフォルダを個別にZIP圧縮できる小技があるんです。

 

【Windows便利小ワザ】大量のフォルダをそれぞれ個別のZIPファイルに一括で圧縮する方法ほか | LABOホンテンを参考にしましたが、コマンドプロンプト(特定の動作で作動するプログラム)を作成する方法です。

 

ニッチですが便利な小技なので、ぜひ記事を覗いてみてくださいね。

 

ZIPファイルを生け贄用ブログにアップロードして終了

 

ZIPファイルを作成したら、後は生け贄用ブログにアップロードして完了です。

 

ただ細かい設定やデザインなどは完全に引き継がれないので、本家を参考にしながらコツコツ修正していきましょう。

 

画像や動画もテーマファイルと同様、FTPから落としてくればいいです。

 

分からない部分があればコメントください。

 

それでは、以上です。
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。