【激早】初心者でも10分で出来るワードプレスブログの始め方

WordPressブログを始めてみたい人

ワードプレスブログって始めるの難しそう…。初心者でも簡単にできる方法はある?

こんにちは、リュウセイです。

今の時代、初心者でもわずか10分ほどでワードプレスブログを始められる時代になりました。

簡単になったのに加えて、凄いお得にワードプレスブログを始めれるようになったので、寧ろ今から始めた方が有利ですね!

当記事では、エックスサーバーの「WordPressクイックスタート」というサービスを利用した、ワードプレスブログの始め方を解説していきます。

手っ取り早くワードプレスブログの始め方を知りたい人は、こちらをどうぞ!

目次

ワードプレスを始めるための基礎知識

wordpress.org公式サイト

ワードプレスブログを始める前に、まずはワードプレスの基礎知識についてご紹介しておきますね。

お付き合いください。

ワードプレスとは?

ワードプレスとは、誰でも簡単にWebサイトを構築できる「無料のソフトウェア」です。

別名「CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)」と呼ばれています。

「世の中のWebサイトの約3〜4割はワードプレスで作られている」と言われているくらい、メジャーなCMSなんですよ。

数あるCMSの中で、ワードプレスが「ぶっちぎりNo.1の使用率」なんですね。

ワードプレスは2種類ある

ワードプレスには、

  • WordPress.org
  • WordPress.com

上記の2種類があります。

どう違うのか?

WordPress.org

こっちが今回の本題である「ワードプレス」ですね。

上で書いたように、ソフトウェアとしてサーバーに入れて使います。

WordPress.orgの利点

  • 自由度・拡張性が高い
  • SEOに強いので集客・収益化に有利

ワードプレス自体は無料で使えますが、「サーバー」と「ドメイン」の維持費がかかります。

なので、WordPress.orgは「有料ブログ」ですね。

WordPress.com

こっちのワードプレスは、ソフトウェアとしてインストールしない方のワードプレスです。

WordPress.orgとは違い、サーバーとドメインの費用がかからないので、いわゆる「無料ブログ」ですね。

その反面、拡張性や自由度が低いため、オリジナリティに富んだブログを作るのは難しいです。

おまけに、ブログに勝手に広告が表示されるので、収益化にも不利という体たらく。

一応「有料プラン」がありますが、WordPress.comの有料プランにするくらいなら、断然WordPress.org一択ですね。

ワードプレスブログを始めるのに必要なもの

ワードプレスブログを始めるのに必要なものは、下記の通り。

  1. ワードプレス
  2. サーバー
  3. 独自ドメイン
  4. テーマ

詳しく深掘りします。

ワードプレス

ワードプレスは、Webサイトの「家」にあたる要素です。

ワードプレスを使って構築されたブログが「ワードプレスブログ」ですね。

ワードプレスを使えば、無料で家が建てられるようなものなので、便利なものはどんどん使っていきましょう。

サーバー

サーバーは、Webサイトの「土地」にあたる要素です。

個人でサーバー環境を用意するのは困難なので、普通は「レンタルサーバー」を借りるのが常識。

サーバーはWebサイトの「命」なので、品質が安定したレンタルサーバー会社を選ぶのが絶対条件です!

独自ドメイン

ドメインは、Webサイトの「住所」にあたる要素です。

はてなブログのような無料サービスを利用するのとは違い、自分で専用のドメインを取得するのが「独自ドメイン」。

ドメイン(URL)もサーバーと同じく、自分で環境を用意するのは困難なので、ドメイン会社からレンタルする形になりますね。

また独自ドメインは「同じものは取得不可」なので、取得は「早い者勝ち」です。

テーマ

テーマは、Webサイトの「内装」にあたる要素です。

ワードプレスブログを始めるなら、必ずこのテーマと呼ばれるものをサイトにインストールすることになりますね。

テーマには無料と有料があり、デザイン性の高いテーマを求めるなら有料テーマがおすすめ。

Webサイトの見た目を整える重要な要素なので、なるべくテーマのデザイン性には投資した方がいいですよ。

ワードプレスブログを始める手順

次は具体的に、ワードプレスブログを始める手順について見ていきましょう。

流れは以下の通り。

STEP

レンタルサーバーの契約

STEP

独自ドメインの契約

STEP

サーバーとドメインの紐付け

STEP

サーバーにワードプレスをインストール

STEP

ワードプレスブログにアクセス

レンタルサーバーと独自ドメインの契約は、順番が入れ替わっても大丈夫です。

1:レンタルサーバーの契約

レンタルサーバー会社は数多くありますが、大手は下記の3社ですね。

  • XSever(エックスサーバー)
  • ConoHa WING(コノハウィング)
  • mixhost(ミックスホスト)

各社の費用相場は、以下の通り。

レンタルサーバー代には、「初期費用」と「月額費用」があります。

レンタルサーバー会社初期費用月額費用
エックスサーバー0円通常990円
コノハウィング0円通常1,320円
ミックスホスト0円通常1,320円
大手サーバー各社の相場費用

上記の費用はあくまで目安であり、キャンペーン中だともっと安くなるので、その都度の最新の情報を確認してください。

ただキャンペーン価格でも、更新2年目以降は通常価格に戻ったりするので、それ込みで最もコスパがいいのはエックスサーバーですかね。

2:独自ドメインの契約

ドメイン会社の大手は下記ですね。

  • お名前.com
  • ムームードメイン

ドメインには「.com」や「.net」など色々な種類がありますけど、個人ブログなら「.com」が最も人気です。

「.comドメイン」の相場費用は、以下の通り。

ドメイン代には、「登録費用」と「年間費用」があります。

ドメイン会社登録費用年間費用
お名前.com0円1,287円
ムームードメイン0円1,728円
「.comドメイン」の相場費用

料金の違いはあれど、キャンペーンで安くなっている期間もあるので、これもその都度の最新情報を確認してください。

3:サーバーとドメインの紐付け

サーバーとドメインをそれぞれ別の会社から借りた場合、サーバーとドメインを一纏めにする作業が必要です。

この場合、サーバーを契約してから、サーバー側で紐付けの設定を行いましょう。

4:サーバーにワードプレスをインストール

サーバーとドメインを用意したら、最後はワードプレスのインストールですね。

先述しましたが、ワードプレスは「家」です。

サーバーという土地に、ワードプレスという家を建てることにより、Webサイトとして公開できるということですね。

ワードプレスのインストールは、サーバー側の設定で簡単に行えます。

5:ワードプレスブログにアクセス

完成したブログに無事にアクセスできたら、一連の流れは全て完了です。

サーバーの設定処理などで、最大1時間ほどはアクセスできなかったりするので、その時はお茶でも飲んでゆっくり設定完了を待ちましょう。

ワードプレスブログを始めるならエックスサーバーがおすすめ!

エックスサーバー公式サイト

レンタルサーバー大手3社を挙げましたけど、その中で最もおすすめなのはエックスサーバーです。

リュウセイ

当ブログはエックスサーバーで3年ほど運営しているので、確信を持っておすすめしますよ!

エックスサーバーについて

エックスサーバーの特徴
  • 国内シェアNo.1のレンタルサーバー
  • サーバー速度が安定している
  • 高品質かつ低コストなのでコスパ最強
  • 独自ドメイン無料キャンペーンを定期的にやっている
  • サイト表示速度を向上できる機能がいくつか付いている
  • 一番安いプランでも「電話・メール」のサポート付き

他の大手レンタルサーバーも素晴らしいですが、個人的にはエックスサーバーを推したいですね。

大手の中では料金が安めでありながら、サーバー速度は安定しているので、低コストで快適なブログを運営できるのが魅力的。

WordPressクイックスタートについて

ここで、もう一度ワードプレスブログを始めるまでの流れを書きます。

STEP

レンタルサーバーの契約

STEP

独自ドメインの契約

STEP

サーバーとドメインの紐付け

STEP

サーバーにワードプレスをインストール

STEP

ワードプレスブログにアクセス

通常は、上記の手順を一つ一つやっていく必要があるのですが、実はこれを「大幅ショートカット」する方法がありまして。

それはどんな方法かと言うと、WordPressクイックスタートというサービスを利用する方法です。

上記は、当ブログの”推しサーバー”である「エックスサーバー」のサービスですね。

で、エックスサーバーのWordPressクイックスタートとはどんな内容なのか?

WordPressクイックスタートとは

レンタルサーバーとドメインの契約から、ワードプレスのインストールまで、全てサービス側が”自動”でやってくれるサービス。

上記の通りで、謂わば「ワードプレスブログ初心者のためのビギナープラン」といったところ。

エックスサーバーでサーバー契約をするのが決まっているなら、たったの10分ほどでワードプレスブログが完成します。

従来は「数時間ほど」かかってワードプレスブログを作っていたので、文句なしの「大幅ショートカット」ですよね。

初心者でも10分で出来るワードプレスブログの始め方

エックスサーバーが選べれる3つの理由

ワードプレスブログを始めるなら、エックスサーバーのWordPressクイックスタートで始めるべきです。

なぜなら、「ワードプレスブログを立ち上げるまで」も、ブログにおける”挫折ポイント”の一つだから。

もう一度、ワードプレスブログ開設(従来ver)の流れを整理しておくと、

ワードプレスブログを始める手順
※従来ver
STEP

レンタルサーバーの契約

STEP

独自ドメインの契約

STEP

サーバーとドメインの紐付け

STEP

サーバーにワードプレスをインストール

STEP

ワードプレスブログにアクセス

上記の通り。

従来方式だと全部自分でやらないといけないわけで、「ワードプレスブログは難しい」と言われる所以でした。

しかし、WordPressクイックスタートなら?

ワードプレスブログを始める手順
※WordPressクイックスタートver
STEP

WordPressクイックスタートの契約

STEP

Wワードプレスブログにアクセス

上記の通り、たったの「2ステップ」で終わり。

「WordPressクイックスタートの契約」一つだけで、簡単にワードプレスブログを作れます!

その詳しい中身について、次で書きますね。

1:エックスサーバーのお申し込みフォームにアクセス

まずはエックスサーバーのお申し込みフォームにアクセスしましょう。

  1. 右上のお申し込みをクリック
  2. 左側の10日間無料お試し 新規お申し込みを選択
エックスサーバーのトップページ
エックスサーバー申し込み画面

2:WordPressクイックスタートを「利用する」にチェック

続いて、下記の通りに進めてください。

サーバーIDの選択デフォルトのままで、特に変更の必要なし。
プランの選択初心者は「スタンダート」でOK。
WordPressクイックスタートの利用有無「利用する」にチェック。
エックスサーバーの契約|プラン選択

WordPressクイックスタートを利用する場合、

  • 10日間無料のお試し期間は適用外
  • 申し込みと同時にサーバー料金の支払いが発生
  • 支払い方法はクレジットカード・Paidy後払いの2種類のみ

上記の制約があります。

一番のデメリットと言えば「10日間の無料お試し期間がないこと」ですが、エックスサーバーを選んで失敗することはないと思うので、ご心配なく。

3:契約期間の選択

サーバー契約は「3〜36ヶ月」までの期間を選択可能であり、長期間の契約ほど月額料金が安くなります。

まずは「12ヶ月」を選択しておき、1年間エックスサーバーを使ってみるのがいいと思いますね。

1年使ってみて、もしあれなら他のレンタルサーバーに乗り換えてみても全然OKですよ。

いきなり3年とか契約しちゃうより、まずは1年間だけでいいですね。

1年プランでも結構お得になるので、おすすめです。

どのプランを選んでも、使える機能に差は無し。

4:独自ドメインの選択

取得したいドメインを入力しましょう。

ドメインの取得・利用にはお金がかかりますが、エックスサーバーなら、

  • .com
  • .blog
  • .net
  • .org
  • .info
  • .biz
  • .xyz
  • .link
  • .click
  • .online
  • .site

上記のドメインはサーバー契約で「取得費用0円」「更新費用0円」で取得できます。

基本的に0円のドメインを選んだ方がお得ですよね。

個人ブログなら「.com」や「.blog」がおすすめ。

.comドメイン圧倒的No. 1の使用率を誇るドメイン。使用者が高いため、自分の欲しいドメインが既に取得されている可能性も高い。
.blogドメイン登場して間もない新しいドメイン。名前の通り、ブログと相性が良い。.comより使用者が少ないので、欲しいドメインを取得しやすい。

ドメイン名は後から変更できないので、時間をかけてじっくり選びましょう。

ドメイン名を変更したい場合、有料でのドメイン再取得が必要になる!

5:ワードプレスの情報を入力

ワードプレスに登録するブログ名やユーザー名を入力します。

ブログ名ブログタイトル。後から変更できるので、決まっていない場合は仮タイトルでOK。
ユーザー名ログインIDになる。簡単に変更できないので注意。
パスワードログインパスワードになる。セキュリティを高めるため、強度の高いパスワードを設定しよう。
メールアドレスログインIDの代わりになる。いつでも変更可能。

ユーザー名とパスワードはログイン時に必要なので、メモをしておきましょう。

6:テーマの選択

ブログの”内装”にあたる「テーマ」を選択していきます。

エックスサーバーでは、下記のテーマから選べます。

WordPressデフォルトテーマワードプレス公式が出している標準テーマ。これは選ばない方がいい。
XWRITEエックスサーバー開発のブログ向けテーマ。月額990円発生する。
Cocconブロガー御用達の優良の無料テーマ。SEOやページ高速化など、無料テーマながら高機能。
Lightningホームページ向けの無料テーマ。ブロガーには不向き。

ブロガーなら「Coccon(コクーン)」がおすすめですね。

7:登録情報の入力

続いては、Xserverアカウントに登録する個人情報の入力です。

必須項目は以下の通り。

必須項目説明
メールアドレスXserverアカウントへのログインに必要。
パスワードXserverアカウントへのログインに必要。
登録区分「個人」か「法人」を選択。
名前ニックネーム不可。必ず本人の名前で登録。
フリガナ上に同じ。
郵便番号
住所
電話番号

8:支払い情報の入力

支払い方法は、

  • クレジットカード
  • 翌月後払い(コンビニ/銀行)

上記の2種類のみ。

支払い方法を全て入力したら、

  1. 利用規約
  2. 個人情報の取り扱いについて

上記の内容を確認し、同意をして次に進むへ。

9:確認コードが届く

登録したメールアドレス宛に認証コードが送られてきます。

メールに記載のコードを入力して次に進むへ。

10:登録情報の確認

ここまで入力してきた内容に間違いがなければ、SMS・電話認証へ進むへ。

この先に進むと料金の支払いが発生します。特に後から変更できない「独自ドメイン名」や「ワードプレスユーザー名」に間違いはないか、よーく確認してください。

11:認証コードを取得

メールアドレスの次は、電話番号の認証を行います。

  1. 認証する電話番号を入力
  2. 認証コードを受け取る方法を選択
    • テキスト
    • 音声通話

最後に認証コードを取得するをクリック。

12:認証コードを入力

届いた認証コードを入力して、申し込みを完了するをクリック。

13:完了画面が出たら申し込み終了

下記の画面に切り替わったら申し込みは完了です。

エックスサーバー申し込み完了

14:設定完了のメールを受け取る

数分程度で【xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせという件名のメールが来ます。

メールにはワードプレスログインURLが記載されており、メール受信後から最大1時間ほどでブログにアクセスできるので、少し待ちましょう。

15:ブログにアクセス

上記のメールに記載のワードプレスログイン情報を使って、完成したブログにアクセスしましょう。

サイトURLブログのトップページ。
管理画面URL記事やデザインの編集ができる。
ブログ名ブログタイトル。いつでも変更できる。
ユーザー名ログインID。メールアドレスでもログイン可。
パスワードログインに必要なパスワード。メールには記載されないので、メモ推奨。

ちなみに、Webサイトを安全に表示させるための仕組みである「SSL化(https)」も自動で設定されています。

以上が、WordPressクイックスタートでワードプレスブログを始めるための手順でした。

ドメインの名前決めには時間がかかるかもですが、熟考してOKなので焦らずじっくり決めましょうね。

ワードプレスブログの初期設定

設定をする男性

無事にワードプレスブログを開設できたということで、次はワードプレスの初期設定について書きます。

全て必須ではないですが、いずれやるタイミングが来るので、最初のうちに設定しておくと後が楽ですよ。

キャッチフレーズの設定

ワードプレス管理画面のメニュー欄の「設定」→「一般」

ブログ名(サイトのタイトル)は、WordPressクイックスタート時に設定しました。

あとは、キャッチフレーズを入力していきましょう。

キャッチフレーズは、ブログ名の後に付く簡単なサイトの説明ですね。

ブログ名|キャッチフレーズ

いつでも何回でも変更できるので、最初からバシッと決める必要はないですよ。

「このブログのコンセプト(目的)は何か?」を考えると決めやすいと思います。

パーマリンクの設定

ワードプレス管理画面のメニュー欄の「設定」→「パーマリンク」

パーマリンクとは、ドメインの後に続く文字列のこと。

https://ドメイン名/パーマリンク

パーマリンク構造は、以下の中から選択できます。

パーマリンク構造URL
基本https://ドメイン名/記事ID
日付と投稿名https://ドメイン名/日付/投稿名
月と投稿名https://ドメイン名/日付/投稿名
数字ベースhttps://ドメイン名/archives/123
投稿名https://ドメイン名/投稿名
カスタム構造https://ドメイン名/自由形式

上記の通り6つありますが、初心者はシンプルで分かりやすい「投稿名」での設定一択です。

カスタム構造にする場合は、/%postname%/ と入れておいてください。

パーマリンク構造|カスタム構造の編集

これで記事投稿の画面から、自由にパーマリンクを設定できるようになります。

またパーマリンクは必ず「英語」で設定しましょう。

パーマリンクはいつでも変更できますが、URLを気軽に変更するのはNGです。

テーマの設定

ワードプレス管理画面のメニュー欄の「外観」→「テーマ」

ここからテーマの追加や削除を行なっていきましょう。

テーマを追加する時は、「新規追加」→「テーマのアップロード」へ進んで、テーマのZIPファイルをアップロードしてください。

ブログで稼ぎたいなら、有料テーマを導入するのがおすすめです。

初心者におすすめのテーマについては、下記の記事をどうぞ。

サムネイル

プラグインの設定

ワードプレス管理画面のメニュー欄の「外観」→「プラグイン」

プラグインとは、簡単に言うとワードプレスをさらに使いやすくしてくれるツールですね。

とても便利ですが、入れすぎるとサイトが重たくなるので、入れる数は「10個以内」に厳選した方がいいですね。

初心者におすすめのプラグインについては、下記の記事をどうぞ。

Googleアナリティクスの設定

ブログで稼ぐなら、アクセス解析ツールの「Googleアナリティクス」を設定しましょう。

Googleアナリティクスで分かる主な情報は、以下の通り。

訪問ユーザー数特定の期間内に”Webサイト”に訪問したユーザーの訪問回数。
ページビュー数特定の期間内に”ページ”に訪問したユーザーの訪問回数。
平均ページ滞在時間ユーザーが特定のページを閲覧した平均時間。
離脱率訪問して離脱するまでのセッションの割合。
直帰率特定の1ページしか見ずに帰っていったユーザーの割合。

最も肝心な「ブログへのアクセス数」が数値化できるのは、非常にありがたいです。

ただ、記事数がないと計測する意味は薄いので、アナリティクスの設定はとりあえず後回しでもOKですね。

Googleアナリティクスは「サイトにアクセスした”後”のユーザー行動分析」ができるツール。

Googleサーチコンソールの設定

サイトのインデックス登録やSEO順位のチェックなどを行える無料ツールです。

サーチコンソールで主に出来ることは、以下の通り。

  • サイトマップの送信
  • インデックスのリクエスト
  • 表示回数・クリック数・クリック率・SEO順位などが分かる
  • どういったキーワードでSEO流入があるか確認
  • ペナルティを受けているページの確認

設定方法は、以下の記事が参考になりますよ。

2022年版|Googleサーチコンソールの使い方(登録・設定方法も解説)

Googleサーチコンソールは「サイトにアクセスする”前”のユーザー行動分析」ができるツール。

サイトマップの作成

Webサイトの「地図」を作成していきましょう。

サイトマップには「XMLサイトマップ」と「HTMLサイトマップ」の2種類あります。

XMLサイトマップクローラーというロボットに向けたサイトマップ。機械に見せる用なので、人間が見ても分かりづらい。
HTMLサイトマップ人間が見る用のサイトマップ。ブログ記事がカテゴリー毎に箇条書きで表示される。

参考までに、当ブログのHTMLサイトマップはこちら

どちらのサイトマップ共に、プラグインを使って作成するのが手っ取り早くておすすめです。

  • XMLサイトマップ
    >> Google XML Sitemaps
  • HTMLサイトマップ
    >> PS Auto Sitemap

XMLサイトマップを作成したら、サーチコンソールを使って検索エンジンに送信しましょう。

サーチコンソール|xmlサイトマップ送信

その他の設定

その他、やっておいた方がいいことについて書きます。

サンプル記事の削除

ワードプレスに最初から入っている記事は、削除してしまっても大丈夫です。

記事タイトルにカーソルを置き、ゴミ箱へ移動をクリックしましょう。

その後ゴミ箱のタブを開き、その中でもう一度削除すれば完全に消え去ります。

メタ情報の削除

メタ情報とは、ログイン画面などへのリンクを表示する項目です。

ログインURLが公開されているのはマズいので、外観→ウィジェットからメタ情報の項目を外しましょう。

不要なプラグインの削除

エックスサーバーで契約した場合、TypeSquare Webfonts for エックスサーバーというWebフォント用プラグインが最初から入っています。

Webフォント設定について(WordPressプラグイン) | レンタルサーバーならエックスサーバー

しかしこれは不要なので、消してしまっても構いません。

ついでに「Hello Dolly」も消してOKです。

ワードプレスブログの使い方

キャンパスとペン

ワードプレスを使う上で、基本となる要素は以下の通り。

  1. コンテンツ投稿
  2. 固定ページ
  3. エディター

コンテンツ投稿

投稿の新規追加から、新しいブログ記事を作成していきます。

ここで作成された記事は、ブログのトップページに自動的に表示されます。

固定ページ

固定ページで作成した記事は、ブログのトップページに自動的には表示されません。

主にウィジェットメニュー作成にて、必要な箇所に固定ページを配置するという形ですね。

固定ページでは、

  • 運営者のプロフィール
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせフォーム

上記を作るのが主な仕事です。

プライバシーポリシーは、どこかのサイトから雛形をパクってきてOK。

お問い合わせフォームは、Contact Form 7というプラグインを使えば簡単に作成できますよ。

エディター

エディターとは、記事を作成するためのツールです。

昔は「クラシックエディター」がワードプレスの標準エディターでしたが、今は「ブロックエディター」に置き換わりました。

特徴は以下の通り。

クラシックエディターブロックエディター
記事の執筆に特化したシンプルなエディター。シンプルが故に機能は少ないが、プラグインで機能を足すことも可能。すでに公式のサポートは終了しており、ブロックエディターに移行している。さらに良質な記事が書けるよう、豊富な機能を追加した高性能エディター。それ故にシンプルでは無くなり、慣れていないと使いづらい。メジャーな有料テーマはどれもブロックエディターに対応しているので、ブロックエディターを使いこなした方がパフォーマンスは劇的に上がる。
エディターの特徴

今のデフォルトは「ブロックエディター」ですが、Classic Editorというプラグインを使うことで、クラシックエディターを有効化することが可能です。

ただやはり、ブロックエディターを使っていった方が間違いなく良いですよ。

ワードプレスブログのここが凄い!

喜ぶ女性

ワードプレスブログには、無料ブログには無い魅力的な長所があります。

それは以下の通り。

  1. 自由度が高い
  2. 資産性が高い

自由度が高い

無料ブログのように企業に管理されていないので、全て運営者の裁量でブログを運営できます。

無料ブログだと、

  • 広告が勝手に貼られる
  • 利用規約に反すると記事を削除されたりする
  • ブログサービスが終了するとブログも閉鎖になる

というリスクに怯えなければいけません。

しかしワードプレスブログなら、何をやっても自由です。

一つリスクがあるとすれば、レンタルサーバーの規約に反したジャンルでブログを運営すると、サーバーを閉じられる可能性があることぐらい。

例えば、アダルト系サイトなど。エックスサーバーは、アダルト系サイトの運営は全面的に禁止されていないが、黒に近いグレー。禁止事項について|エックスサーバー

そういったジャンルでなければ、実質リスクはありません。

非常に高い自由度を持ってブログを運営できるのが、ワードプレスブログの魅力の一つですね。

資産性が高い

ワードプレスブログは、めちゃくちゃ資産性が高いです。

なぜかと言えば、

  • 長く運営するほどドメインに”パワー”がつき、検索エンジンでの露出が増えやすくなる
  • 他者の介入によってブログ記事を消されることがないため、記事を書けば書くほど「ストック資産」が積み上がっていく

主に上記のような理由があるから。

反対に、いつブログが消えるか分からない無料ブログサービスは、資産にならないと言えますね。

ワードプレスブログのここが大変!

エラーが発生して困っている男性

魅力が多いワードプレスブログでも、短所はあります。

  1. 予期せぬエラーが突然発生する
  2. サイバー攻撃を受ける可能性がある
  3. SEOをしないといけない

予期せぬエラーが突然発生する

ワードプレスブログ運営において、最も大変でめんどくさいポイントですね。

ある日当然ブログが表示されなくなったり、エディターが開かなかったり、色々あります。

そんな時の原因は大体コレ↓

  • ワードプレスのコアアップデートの不具合
  • プラグインの不具合

3年ほど当ブログを運営してきて、個人的に最も多いなと思う原因は、「プラグインの不具合」ですね。

ワードプレスのコアアップデートはそんな頻繁にないので、大体はプラグインのせいです。

ワードプレスブログの運営は「全て自己責任」なので、エラーの対処は全て自分でしなければいけません。

でも、それが良い経験になるので、当然のエラーも捨てたもんじゃないですよ。

サイバー攻撃を受ける可能性がある

実は、ワードプレスは世界中から標的にされています。

なぜなら、

  1. ワードプレスは数あるCMSの中でも使用率ダントツ1位であり、世の中のWebサイトの約4割がワードプレスで作れている
  2. ワードプレスはオープンソースなので、誰でもプログラムの中身を覗くことができる

上記の理由があるため。

個人ブログならそこまで狙われることも少ないですが、問題は企業サイトです。

その辺の詳しい内容については、下記の記事をどうぞ。

サイト保守

SEOをしないといけない

SEOとは「検索エンジンに上位表示されるように工夫して記事を書くこと」です。

ブログにおいてのアクセス経路は、ほとんどが検索エンジンからです。

となれば、「どうやれば検索エンジンに記事が上位表示されるか?」を考える必要があるんですね。

確かにSEOは大変ですが、しかしそれがブログの楽しいところでもあります。

SEO力はブログをやるほどに身に付くので、ちゃんと資産になるワードプレスブログでSEOをやっていくのが一番良いですね。

ワードプレスブログによくある質問

FAQ

最後に、ワードプレスに関してよくある質問について纏めてみました。

スマホでワードプレスブログを開設できるか?

スマホでもワードプレスブログを開設できます。

ワードプレスブログを作るのはあくまでWeb上なので、デバイスに依存しません。

ただ、「ワードプレスの操作」になってくると、スマホより圧倒的にパソコンからの方が操作しやすいですね。

一応ワードプレスのスマホアプリもあるので、一度触ってみるのも良いかもしれません。

無料ブログか?ワードプレスブログか?

個人的には、圧倒的に「ワードプレスブログ」です。

理由はコチラで解説した通り、

  • 自由度が高い
  • 資産性が高い

というメリットがあるため。

無料ブログサービスは「無料で簡単に始められる」点が最大の売りですが、

  • 利用規約に反した等の理由により、ブログを消される恐れがある
  • ブログサービス側の独断により、書いた記事を勝手に引用されることもある
  • 書いた記事の内容がマズイと、記事を削除・非公開にされることもある

などのリスクを抱えています。

理不尽に思えても、利用規約で同意しているので、ブロガー側は一切抗議できません。

だから、圧倒的に「ワードプレスブログ」一択です。

無料でワードプレスブログを始める方法は?

WordPress.comを使いましょう。

ただ、レンタルブログなので、自由度は低いですね。

無料ブログと同じなので、サービス側が表示する広告がブログに差し込まれたりします。

収益化に不利なので、ブログで稼ぎたいなら「WordPress.org」一択ですよ。

WordPress.orgというのが、この記事でおすすめしているワードプレスブログのことです。

ワードプレスはブログしか作れない?

ブログに限らず、ホームページでもECサイトでも何でもワードプレスで作れます。

「ブログ」を作るか「ホームページ」を作るかは、あくまで「ワードプレステーマ」によって決まります。

テーマについて詳しくは、下記の記事をどうぞ。

サムネイル

ワードプレスは複数インストールできる?

ワードプレスは無料のソフトウェアであり、どれだけインストールしても上限はないので、複数インストールが可能です。

ただ、一つのドメインにインストールできるワードプレスは1個まで。

複数のワードプレスサイトを作りたい場合は、サブドメインを作成するか、新たな独自ドメインを取得しましょう。

サブドメインの作成も、ワードプレスのインストールも、レンタルサーバー側の設定で簡単にできます。

ワードプレスがインストールできない時の対処法

WordPress.orgのサイトからではなく、直接ワードプレスをインストールしようとしていませんか?

そうではなく、レンタルサーバー側の設定を使って、ワードプレスをインストールしていきましょう。

大体どのレンタルサーバーでも「ワードプレス簡単インストール」の機能はついています。

驚くくらい簡単にワードプレスをインストールできますよ。

SSL化が反映されない

ワードプレスクイックスタートを利用した場合、サーバーやSSLの設定諸々、全て反映されるまでに数時間かかることもあります。

もしレンタルサーバー側でSSL設定をしたならば、サーバーへ問い合わせしましょう。

SSL設定は、サーバー側に「SSL証明書」を発行してもらわないといけないので、それがちゃんと発行されているかもサーバーに確認しておくと良いですね。

上記の証明書がないと、プラグインで手動SSL設定を行うと思っても、SSL設定ができませんので。

パーマリンクが文字化けする

パーマリンクを日本語で設定すると、「エンコード」と言って別の文字列に置き換えられてしまいます。

このエンコードが、文字化けの原因ですね。

パーマリンクは海外初の技術なので、英語で設定しないとダメなんです。

エンコードされてしまうと、無駄にURLが長くなってしまうので、必ず英単語で設定しましょう。

初期設定の後は何をすればいい?

初期設定が終わったら、さっそく記事を書いていきましょう。

ブログのアクセス経路のほとんどは「SEO流入」ですが、とは言え、最初からSEOを意識して記事を書くのは難しいです。

まずは、自分に書ける記事を書いて、ワードプレスブログに慣れることから始めましょう。

記事を書くのと同時進行で、SEOの勉強もやっていくと非常に良いスタートが切れます。

SNSからのアクセスが見込める人は、無理にSEOを頑張る必要はありません。

ワードプレスブログ収入には上限がある?

ワードプレスブログは完全に自由なので、稼げる収入に天井はありません。

月1,000万円以上を稼ぐトップブロガーもいるので、いくらでもブログから収益を上げることが可能ですよ。

ワードプレスブログで収入を得る手段は?

ワードプレスブログで収入を得る手段は、以下の通り。

  1. Googleアドセンス
  2. アフィリエイト
  3. 広告案件の獲得・掲載
  4. 自社商品の販売

主に上記の4つですね。

一応、稼げる難易度が低い順に上から並べてあります。

そして、下に行けば行くほど収益性が高いやつです。

初心者は、まずGoogleアドセンスで「0→1」を達成するのもおすすめ。

アドセンスで毎日1円稼げるまでブログを育てつつ、アフィリエイトに挑戦していくのが良いかな、と思います。

Googleアドセンスについては、下記の記事をどうぞ。

コンテンツが第一

まとめ

エックスサーバー公式サイト

ワードプレスブログを始めるなら、WordPressクイックスタートを利用しましょう。

なぜなら、

  • ワードプレスブログの挫折ポイントである「ブログ立ち上げ初期」をショートカットできる
  • 対象の独自ドメイン代が「永続0円」になる
  • SSL化(HTTPS)が自動で設定される

上記の理由があるため。

10日間のお試し期間は適用外になりますが、エックスサーバーは凄く使いやすいので、実質デメリットはありません。

だから、絶対にWordPressクイックスタートを利用した方がいいですよ。

申し込み手順はコチラを再度読んでみてください。

申し込みページへのアクセスは、以下のボタンからどうぞ。

リュウセイ

WordPressクイックスタートは「無料オプション」なので、利用しない手はありません!というか、ドメイン代が浮くのでメリットしかないです 笑。僕は従来方式でワードプレスブログを始めたので、今から始めるなら絶対WordPressクイックスタートを選びますね。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です