WordPressブログの始め方講座【知らないと損をする始め方】

ブログ初心者
WordPressブログってどうやって始めればいいの?なんか難しそうだから、教えて!

こんにちは、リュウセイです。

今の時代、WordPressブログを始めるのはすごく簡単になりました。

「WordPressブログを立ち上げるまで」なら、本当に専門知識0でいけちゃいます。これこそまさに「未経験者歓迎!」ですね(求人コピーによくあるやつ)。

そしてなんと、「知っている人だけが得をするWordPressブログの始め方」というのがあるんですよね。

この記事を読むだけでWordPressブロガーの仲間入りができますよ。
共にブログを書いていきましょう(・∀・)!

目次

WordPressブログの始め方の流れ【2つのルートがあります】

まずはざっくりとWordPressブログの始め方の流れを確認しておきましょう。「通常ルート」と「簡単ルート」があるので、まずは通常ルートから。

通常ルート
  1. サーバーのレンタル
  2. ドメインのレンタル
  3. サーバーとドメインの紐付け
  4. WordPressのインストール
  5. SSL化の設定
  6. WordPressテーマのインストール
  7. WordPressプラグインのインストール

通常ルートでは7つの手順です。ちなみに、サーバーのレンタルとドメインの取得の順番は入れ替わっても大丈夫です。

次に「簡単ルート」ですが、これは大手レンタルサーバーであるエックスサーバーの「WordPressクイックスタート」を利用した場合のルートになります。

簡単ルート
  1. WordPressクイックスタートの申し込み
  2. WordPressテーマのインストール
  3. WordPressプラグインのインストール

上記の通り、通常ルートの「①〜⑤」をショートカットできます。面倒な箇所はレンタルサーバーが全部やってくれるすごーく便利なサービスです。

WordPressクイックスタートの利用は「0円」で、かつ手順を大幅にショートカットできるので利用しない手はありません。

申し込み手順に進む(ページ後半に移動します)

WordPressクイックスタートを利用するなら、サーバーやドメインの知識がなくても問題ないですが、知っておいて損はないので解説します。

①サーバーのレンタル【ネット上の「土地」を借りる】

Webサイトを運営しようと思ったら、ネット上の「土地」が必要です。この土地が「サーバー」ですね。

土地は自分で用意することもできますが、個人レベルでは難しいので、サーバー会社からサーバー(土地)を借りるのが一般的です。

②ドメインのレンタル【ネット上の「住所」を借りる】

ドメインとは、土地に建った建物の「住所」みたいなものです。一般的に「URL」と呼ばれるやつですね。

ドメインもサーバーと同様に、個人レベルで用意するのは困難です。なので、ドメイン会社からドメイン(住所)を借ります。

③サーバーとドメインを紐づける【土地と住所を合体させて「土台」を作る】

サーバーとドメインをそれぞれ別会社から借りた場合、それらを紐付けして合体させないとWebサイトとして使えません。

サーバーとドメインを同じ会社からレンタルした場合は、紐付け作業は不要です。

④WordPressのインストール【「家」を建てる】

ここでタイトルにある「WordPress(ワードプレス)」の登場です。

WordPressとは「Webサイトを構築するためのソフト」です。WordPressを使うことにより、プログラミング知識のない人でもWebサイトを構築できるというわけですね。

サーバーとドメインを用意しただけではWebサイトを構築できないので、通常はたくさんのプログラミングコードを書いてWebサイトを構築します。

しかしそれはプログラミング初心者にはまず無理なので、WordPressを利用します。

WordPressはサーバー会社が無料で提供しているので、サーバーを契約した後にWordPressをWebサイトにインストールする流れになります。

⑤SSL化の設定【玄関に鍵をかける】

SSL化とはサイトの通信を暗号化することです。SSL化するとURLが「http://」から「https://」に変わります。

Webサイトは世界中に公開しているので、常にセキュリティの問題が付き纏います。SSL化しておくとセキュリティが向上するので必ず対応しておきましょう。

⑥WordPressテーマのインストール【家のデザインを整える】

WordPressで構築した直後のWebサイトは、見た目がすごく簡素です。

「見やすい」とか「カッコいい」とか「オシャレ」とかには程遠く、要はデザイン性がないってこと。

そこで「WordPressテーマ」です。テーマを使うことで、プログラミング知識が無くてもWebサイトのデザインを整えることができます。

WordPressテーマは有料と無料がある

お金をかけたくないなら無料テーマ一択ですが、有料テーマの方が当然ながらデザイン性や機能性に富んだものが多いです。

無料テーマならCocoon(コクーン)、有料テーマは特にこれと言ったものはないですが、AFFINGER(アフィンガー)とかSANGO(サンゴ)が巷ではよくおすすめされています。

ちなみに当ブログはSTORK19を使っています。「ブロガー特化仕様」がコンセプトなので個人的には使いやすいですね。

⑦WordPressプラグインのインストール【家具や家電を揃える】

WordPressサイトというネット上の家を建てたら、次にやることは「家具や家電」を揃えることです。

「プラグイン」とは家具や家電のようなものであり、生活するのに必要な家具を買い揃えるイメージで、WordPressサイトにインストールしていきます。

しかし、便利だからとプラグインをインストールし過ぎると、WordPressサイトが「重く」なってしまいます。家具を買い過ぎて家の中がゴチャゴチャしてしまうようなイメージですね。

サイトが重くなると「ページの表示速度が低下」するので、プラグインは必要最低限のものだけインストールするようにしましょう。

WordPressブログの運営にはお金がかかります

「通常ルート」および「簡単ルート」のいずれにおいても、サーバーとドメインのレンタル費用は最低限かかってきます。

  1. サーバーのレンタル(有料)
  2. ドメインのレンタル(有料)
  3. サーバーとドメインの紐付け(無料)
  4. WordPressのインストール(無料)
  5. SSL化の設定(無料or有料)
  6. WordPressテーマのインストール(無料or有料)
  7. WordPressプラグインのインストール(無料or有料)

サーバーやドメインは「固定費」に対し、WordPressテーマやプラグインは基本的に「買い切り」なので初期費用だけで済みます。

SSL化は個人サイトであれば無料でも十分ですね。

最もお金がかかるのはサーバー費用

WordPressブログで最もお金がかかるのは「サーバーの維持費用」ですが、これはサーバー会社やサーバーの種類によって変動します。

当ブログはエックスサーバーで運営していますが、年間の維持費は「13,200円」ですね。一見高いように見えますが、月額換算だと「1,100円」なので安い方です。

WordPressクイックスタートを利用すればドメインは「永久無料」!

エックスサーバーのWordPressクイックスタートを利用すれば、サーバーの契約中は「ドメインの更新費用が永久無料」になります。加えて「ドメインの取得費用も0円」です。

WordPressクイックスタートの手続きで取得したドメインのみ無料。それ以外で取得したドメインは対象外。

なので、完全初心者ならばWordPressクイックスタートでWordPressブログを始めるのが一番いいですね。手順も簡略化できて、お金も節約できるのでおすすめです。

ドメインの利用は通常「利用している間は永久的に費用がかかる」ものなので、これが永久無料になるだけでも大分デカいですよ。

たまに「ドメインプレゼントキャンペーン」なるものを期間限定で実施していますが、WordPressクイックスタートなら常時「ドメイン0円」です。ブログを始める時は、絶対にドメイン0円で始めてください。

加えて、WordPressクイックスタートの利用自体にはお金が全くかかりません。純粋に「サーバー維持費のみ」です。

ただし「10日間のお試し期間」は利用できない

WordPressクイックスタートの唯一のデメリットは、10日間のお試し期間がないことです。

申し込んだと同時に本契約となるので、「エックスサーバーでWordPressブログを始める!」と決めた人だけ申し込むようにしましょう。

申し込み手順に進む(ページ後半に移動します)

ブログを始めるなら無料ブログか?WordPressブログか?

よくある疑問ですが、結論は、

  1. お試しでブログを始めるなら「無料ブログ」
  2. 中長期的にブログを運営するなら「WordPressブログ」

以上です。

もっと具体的なことを言えば、「ブログでお金を稼ぎたいならWordPressブログ一択」ですね。

無料ブログとは、会員登録するだけでブログが始められるサービスのことです。有名なのは「はてなブログ」とかですね。

無料ブログは楽ですが収益化がしづらいので、ブログで稼ぎたいならWordPressブログ一択です。

中級者や上級者だと、メインのブログ(WordPressブログとか)にアクセスを集めるために無料ブログを使ったりするので、そういう使い方をしている人もいます。

無料ブログのメリット

無料ブログのメリットは主に以下の4つですね。

  1. お金がかからない
  2. アクセスが集めやすい
  3. 簡単にブログを始められる
  4. 管理の手間がかからない

順番に見ていきましょう。

お金がかからない

無料ブログの最大のメリットは「お金がかからない」こと。有料プランにアップグレードしなければ追加費用がかかることはないです。

なので「なるべくお金をかけずにブログをやりたい」という人に向いていますね。収益化を目指さないのであれば、WordPressブログのような有料ブログよりも、無料ブログを選ぶのが賢いかもしれません。

ブログもビジネスなので、かけたお金は回収する必要があります。ブログをビジネスとして考えたくない場合は、無料ブログでまったり記事を書いていくのが得策かも。

アクセスが集めやすい

SNSのようなコミュニケーション機能のついたAmebaブログ、はてなブックマークとの連携ができるはてなブログなど、アクセスを集めるのに有利な環境が整っている無料ブログがあります。

WordPressブログにはそんな機能は一切ついていないので(ピンバック機能とかはある)、初期のアクセスの集めやすさでは無料ブログに軍配が上がります。

また新着記事やランキング記事という形でトップページに記事が紹介されたりするので、自分の書いた記事が人気記事として選ばれたりするとアクセスは爆増します。

なので、登録ユーザー数が多い無料ブログを選ぶのも大事な指標になるでしょう。

簡単にブログが始められる

会員登録するだけでブログを始められる手軽さがウリですね。例えばGoogleが運営するBloggerでは、Googleアカウントさえあればすぐにでもブログを作成できます。

WordPressブログは今でこそ立ち上げのハードルが下がりましたが、以前は全て自分で調べて立ち上げないといけませんでした。とてもじゃありませんが「簡単に始められる」とは言えない環境でしたよね。

管理の手間がかからない

WordPressブログだとサーバーやドメインの更新など全てのことを自分で管理しないといけませんが、無料ブログは企業が全てやってくれるので管理の手間がかからないです。

セキュリティ対策とかも結構面倒なので、「ブログを運営する負担を可能な限り軽くしたい」という人には無料ブログがおすすめですね。逆に「全て自分で管理するからこそやりがいがある」という起業家タイプには無料ブログは物足りないかもしれないです。

無料ブログのデメリット

無料ブログのデメリットは主に以下の4つですね。

  1. ブログ内に勝手に広告が貼られる
  2. ブログサービスが終了するとブログも強制的に閉鎖になる
  3. ブログは個人のものではなく「企業」のものになる
  4. 利用規約の変更によるリスクがある

順番に見ていきましょう。

自分のブログ内に勝手に広告が貼られる

無料ブログが無料で使えるのは、ブログサービス元である企業が「広告収入」で潤っているからです。つまり、あなたのブログに勝手に広告が差し込まれます。

ですが、例えば下記のように「広告無しの無料ブログサービス」もあります。

また、「有料プランへのアップグレードで広告が無くなる無料ブログサービス」は下記の通りです。

有料プランで広告無し

自動で広告が貼られても広告収入は貰えないので、「広告を貼られるのが嫌であれば使うな」が無料ブログの世界観です。

ブログサービスが終了するとブログも強制的に閉鎖になる

無料ブログはあくまで「借り物」なので、サービス元が撤退すると「強制返却」することになります。返却はあくまでイメージですが、要は自分の書いたブログを没収されるということですね。

どれだけ積み上げてきても一瞬でオシャカになっちゃうので、長くブログを続けるほどにリスクが大きくなります。「借りた物はいつか返さなければならない」という感覚でいることが大事ですね。

ブログサービス 終了」と検索すれば、数多くの無料ブログが閉鎖になっているのが分かります。あの「Yahoo!ブログ」も2019年12月にサービスを終了しました。

ブログは個人のものではなく「企業」のものになる

少し上と被りますが、無料ブログは「借り物」なのであなたのものではなく、サービス元である「企業の物」です。自分のものであれば「著作権」を主張できますが、他人の持ち物には著作権を主張できないですよね。

なので、自分のブログ内の写真や文章をサービス元に勝手に使われても文句は言えないです。これに関しては登録時に利用規約で同意しているので、勝手に何やかんやされても文句は言えません。

例えばサイバーエージェントが運営する「Amebaブログ」の利用規約には、以下の文言が書いてあります。

第12条 (知的財産権等) 1. 本サービスを構成する文章、画像、プログラムその他一切の情報について発生している著作権その他の知的財産権、肖像権及びパブリシティ権その他の人格権ならびに所有権その他の財産権は、利用者が自ら作成したもの(第10条第2項に掲げる場合を除きます)に関する権利を除き、当社または当該権利を有する第三者に帰属しています。 2. 当社は、利用者が本サービスにおいて投稿、アップロードまたは保存した全ての情報(文字情報、画像情報等を含みますがこれらに限定されません)について、これらを保存・蓄積した上、本サービスの円滑な運営、改善、当社または本サービスの宣伝告知等(第三者のメディアへの掲載を通じた紹介記事・コンテンツ等も含まれます。)を目的として、あらゆる態様で利用できるものとし、利用者はこれに同意するものとします。 3. 利用者は、自己の著作物に関して、第三者の権利侵害等の問題が発生した場合、自己の費用と責任においてかかる問題を解決するとともに、当社に何等の迷惑または損害を与えないものとします。

Amebaヘルプ|Ameba利用規約

ユーザー側の著作権を認めている無料ブログもありますが、大半はAmebaブログと同じ体制となっているので、ブログを開設する前に利用規約をよく読んでおきましょう。

下記の記事は凄く参考になります。

利用規約の変更によるリスクがある

ユーザーは利用規約に同意することでブログを開設できますが、その利用規約に書いてある内容の一部が急に変更になることもあります。

例えば2012年12月にAmebaブログで利用規約の一部変更があり、「商用利用とASPでのアフィリエイトが禁止」になった背景があります。2018年12月に「商用利用とアフィリエイト可」と元の基準に戻りましたが、その後に「Ameba Pick内の商品だけがアフィリエイト対象」となっています。

こんな感じで、利用規約というのはコロコロ変更になり、言い方が悪いですがユーザーは振り回される形になります。利用規約の変更前から商用利用やアフィリエイトをしていたブログは、利用規約の変更により「いきなり記事を削除される」こともあるのです。

理不尽ですがこれが無料ブログの世界です。しかし「利用規約に同意」しているので、反論の余地はありません。

お金はかかってもWordPressブログがおすすめです

無料ブログは楽に始められる分、色々と制約が多いので自由度が低いです。僕は自由が大好きなので、個人的にはWordPressブログをおすすめしたいところではあります。

WordPressブログのメリット

WordPressブログのメリットは主に以下の5つです。

  1. 広告が勝手に貼られることはない
  2. 自由にアフィリエイトができる
  3. ブログが完全に自分のものになる
  4. WordPress運用スキルが身に付く
  5. 長く運用するほどドメインに価値がつくので資産になる

上記の通り自由度が圧倒的に高いです。順番に見ていきましょう。

広告が勝手に貼られることはない

WordPressブログは無料ブログみたいに勝手に広告が貼られることはないし、なんなら自分で好きな広告を貼ってお金を得ることができます。

無料ブログは広告収入で成り立っているおかげで、ユーザーは無料でブログが使えます。だから勝手に広告が貼られるのは仕方ないですが、WordPressブログには関係のないお話。

「どこに広告を貼ろうかな?」と試行錯誤するのもWordPressブログの面白いところですね。

自由にアフィリエイトができる

WordPressブログには鬱陶しい利用規約などないので、商用利用であろうがアフィリエイトであろうがなんでもござれです。

ブログで稼ぐ場合アフィリエイトは生命線なので、稼ぐブログを作りたければWordPressブログ一択です。アフィリエイトが制限および禁止されているブログなんて論外です。

ブログが完全に自分のものになる

WordPressブログは立派な「自分だけのメディア」です。誰かに勝手に記事を削除されたりしないし、勝手にブログを閉鎖されたりしません。

「いつ閉鎖になるか分からないブログ」なんて怖くて更新できないですよね。WordPressブログが強制的に閉鎖になるのは「サーバー代が払えなくなった時」ぐらいなので、そこさえ注意しておけば基本的に一生安泰です。

WordPress運用スキルが身に付く

WordPressは世界で最もポピュラーなCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)です。

コンテンツ管理システムの使用統計と市場シェア、2022年7月によると、世界全体では約4割、日本国内だと約8割の普及率となっています。

これだけ普及率が高いと、「WordPressを使える人材」の需要は高まります。つまり、WordPress運用スキルを身に付けることは、キャリア形成において有利になるということですね。

長く運用するほどドメインに価値がつくので資産になる

長い年月に渡って更新され続けているドメインほど検索エンジンに高く評価されるので、長く運用するほど資産になっていきます。

ドメインにパワーがつけばSEOにも強くなり、アクセスを集めやすくなります。

「中長期的にブログを運営するならWordPressブログ一択」だと僕が言う理由は、正にここにあります。ブログを更新し続けることが前提ですが、それができるならWordPressブログは将来の大きな資産になってくれること間違いなしですね。

WordPressブログのデメリット

WordPressブログのデメリットは主に以下の4つです。

  1. 自分でブログを構築しないといけない
  2. お金がかかる
  3. 全て自分で管理しないといけない
  4. ブログを始めてからしばらくはドメインが弱い

ここも順番に見ていきましょう。

自分でブログを構築しないといけない

WordPressブログを運営しようと思ったら、サーバーの設置からSSL化の設定、そしてセキュリティ対策まで全て自分で整えないといけません。

これはWordPressクイックスタートなどのサービスで随分簡単になりましたが、ブログ構築後の作業は相変わらず全て自分でやる必要があります。

WordPressクイックスタートの存在を知らなければ、「WordPressブログは難しそう」と思うかもしれませんね。

お金がかかる

サーバーとドメインの初期費用と維持費にお金がかかります。そして有料のテーマやプラグインを使うとなると、さらにお金がかかりますね。

Xfree(エックスフリー)などの「無料レンタルサーバー」を利用すればサーバー代は無料にできますが、無料ブログみたいに広告が挿入されてしまいます。主にテスト運用に使ったりするので、本格的な運用には全くおすすめできません。

全て自分で管理しないといけない

サーバー・ドメインの更新、テーマやプラグインのアップデート、セキュリティ管理など継続的な管理が必要です。

WordPressブログを運営するにあたって最も重要なのは「セキュリティ対策に気を配ること」です。なぜなら、WordPressは普及率が高いので世界中からハッカーに狙われやすいからです。

なんかWordPressブログって会社の経営と似ていますね。管理の手間をかけたくないならWordPressブログはおすすめできないです。

ブログを始めてからしばらくはドメインが弱い

WordPressブログの運営には「独自ドメイン(独自で取得したドメイン)」が必要ですが、独自ドメインを取得したばかりの頃はドメインに「信用」がありません。

信用とはつまり「ちゃんと更新され続けるドメインか否か」であり、GoogleやYahoo!などの検索エンジンからの評価です。検索エンジンから信用されることで、検索結果ページにサイトが表示されやすくなるという仕組みですね。

「WordPressブログを始めて2〜3週間は検索結果ページに記事が表示されない」と言われているのは、始めた当初はドメインに信用がないからですね。具体的にどれぐらいの期間で検索結果に表示されるかは、検索エンジンしか知り得ない情報です。

ドメインを強くするには、毎日じゃなくてもいいのでコンテンツを更新することが大切です。ブログで言えば、記事をひたすら書くことでドメインにパワー(信用)がついていくのです。

初めてのブログ運営には「WordPressクイックスタート」がおすすめです

繰り返しになりますが、エックスサーバーのWordPressクイックスタートならば、

  1. WordPressクイックスタートの申し込み
  2. WordPressテーマのインストール

たったこの手順だけでブログを始められます。別途費用もいらないので、本気でおすすめですよ。

僕も別サイトをWordPressクイックスタートでやってみましたが、チートですね。しかも、ドメインが永久無料。

当ブログはWordPressクイックスタートを利用せずに構築したので、自分でやった分は経験になりましたが、でも楽にできるに越したことはないです。

申し込みフォームに必要事項を記入するだけでOKなので、全然難しくないですよ。

WordPressクイックスタートの申し込み手順

エックスサーバーにアクセスして、WordPressクイックスタートの申し込みをしていきましょう。手順は以下の通りです。

①右上の「お申し込み」ボタンをクリック
②左側の「10日間無料お試し 新規お申込み」ボタンをクリック
③WordPressクイックスタートの「利用する」にチェックを入れる

後はドメイン名やブログ名などの記入を行い、同時にエックスサーバーアカウントも開設するので、アカウントのIDとパスワードを登録していきます。

ブログ名は後から変更できますが、ドメイン名だけは後から変更できないので、適当に決めるのではなくじっくり考えてから取得するようにしましょう。

ちなみに僕がエックスサーバーを使っているので当社のサービスをおすすめしていますが、他の大手レンタルサーバーでも同様のサービスを展開されています。

ConoHa WING(コノハウィング)|WordPressかんたんセットアップ

mixhost(ミックスホスト)|WordPressクイックスタート

レンタルサーバー各社によってもちろん違いはありますが、サーバーの性能の違いなどは初心者には分からないので、上記3社のいずれか直感で気に入ったところに申し込みするといいと思います。正直なところ「似たり寄ったり」ですね。

僕は2年以上このブログをエックスサーバーで運用していますが、特に何の不満もありません。快適に使えているので他のサーバーに乗り換える予定もないですね。

WordPressブログを始める前に決めておくと良いもの

WordPressクイックスタートを使えばWordPressブログ自体は簡単に立ち上げられますが、ブログ開設前にあらかじめ考えておくといいのは、

  1. ブログ名(ブログ開設後でも変更可能)
  2. ドメイン名(後から変更できない)
  3. 運営者名(実名やハンドルネーム)
  4. 発信ジャンル(雑記or特化スタイルか)

こんなところです。特にドメイン名だけは後から変更できないので、テキトーに決めると必ず死にます。

ドメイン名の決め方は、

  1. 自分の名前にする
  2. 発信ジャンルの名前にする
  3. 自分の好きな単語を入れる

上記はわりと王道な決め方ですのでご参考に。

ちなみにドメインは英語仕様なので必ず英単語で設定しましょう(料理→cooking)。

ドメインの末尾は個人ブロガーなら「.com」でOKですね。

ブログは始めてから本番です

ブログを始めるのなんて簡単です。

何より難しいのは「ブログを継続すること」であり、多くのブロガーが挫折していくのが現実なんですよ。

ブログもビジネスですが、ビジネスは「参入障壁が低いほど稼げるまでの難易度が高い」という性質があります。ブログがまさにそれで、稼げるまでかなり時間がかかるんですよね。

しかし、たとえ稼げなくても、ブログをやる価値は大いにあります。この記事を書いている今で2年以上ブログをやっている僕が保証します。

始めるだけなら超簡単なので、さっそく今日からブログライフを始めてみましょう。

それでもまだブログを始めるのが不安な人は、下記の記事を参考にしてみてくださいね。

それでは、以上です。
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。