【初心者でも楽チン】初期設定を済ませてWordPressブログを快適に書き始める方法

どうも、リュウセイです!

 

  • WordPressをインストールしたがこのままブログを書き始めても良い?何か最低限必要な初期設定はあるの?

 

今回はこんな方に向けて記事を書いていきます。

 

WordPressの設定は多岐にわたるため、その中から『最低限これだけは設定しておけ!』というものをご紹介します!

 

今回紹介するものは、ブログを書き始めてからだと作業負担が大きかったり最悪取り返しのつきにくい事になったりするものも含まれています。

 

それでは、早速見ていきましょう👍

 

 

ブログを書き始める前に必ず行う初期設定

 

  • サイトアドレスの確認
  • パーマリンクの設定
  • テーマの設定
  • SSLの設定

 

以上の4つです。

 

順番に見ていきましょう。

 

サイトアドレスの確認

 

WordPressの設定を始める前に、ブログのサイトアドレスがあなたの希望通りのドメイン名で表示されているかを必ず確認しましょう。

 

あなたが取得した独自ドメイン名ではなく、レンタルサーバーがデフォルトで用意してある初期ドメイン名になっている場合、間違えてインストールしています。

 

もし間違えている場合は、ブログを始める前に再度独自ドメイン名でインストールし直しましょう。

 

一番初めに行えば、傷は浅くて済みますからね。

 

パーマリンクの設定

 

パーマリンクとは、記事を書いた時に自動的に生成される記事URLのことです。

 

  • 基本
  • 日付と投稿名
  • 月と投稿名
  • 数字ベース
  • 投稿名
  • カスタム構造

 

以上の6つの設定方法がありますが、初心者の方は投稿名で設定しておくことを強くおすすめします。

 

パーマリンクの設定は極力後から変更しない方が良いです。

 

なぜならば、リンクを変更してしまうとせっかく被リンクを得ていても無駄になってしまうからです。

 

カスタム構造は難易度が高めなので、初心者の方は選ばないでください。

 

テーマの設定

 

テーマとは、ブログ内のカスタムに必要なものです。

 

テーマがないとブログの見栄えが悪くなってしまうので、必ず設定しておきましょう。

 

テーマには無料のものと有料のものがありますが、中長期的にブログ運営を行っていくのであるならば、有料テーマを導入したほうが良いです。

 

サイトカスタマイズには「HTML」や「CSS」「PHP」といったプログラミング知識が必要になってくるのですが、有料テーマを使うことでそういった知識がなくともテーマが自動的に美しくカスタマイズしてくれます。

 

無料テーマだと一部は自分でいじらないといけなかったりするので、そういった意味でも是非有料テーマを導入することをおすすめします。

 

ちなみに僕はSTORK(ストーク)という、OPENCAGE社が出しているブロガー向けのWordPressテーマを使っています。

 

かなり使いやすいので、良かったら「WordPressテーマ「STORK19」から詳細を確認してみてください。

 

SSLの設定

 

SSLとは、サイトアドレスのトップにある「スキーム名(http:/)」を「https:/」に変更することです。

 

「https:/」にするとサイトのセキュリティ性が大幅にアップして、検索エンジンからの評価(SEO対策)も有利になるので、できる限り行っておきたい設定です。

 

レンタルサーバーの管理画面にアクセスして、「ドメイン」の項目にある「SSL設定」の独自SSL設定追加から、SSL化する対象ドメインを設定して追加しましょう。

 

SSL設定は反映までに時間を有するので、漫画でも読んで反映完了まで待ちましょう。

 

サーバーでSSL設定を済ませた後に、「Really Simple SSL」という自動SSL設定プラグインをインストールして有効化することで、簡単にSSL化(「https:/」)出来ます。

 

SSL化は後になってから行おうとすると設定する項目が増えてしまってとっても面倒くさいので、ブログ開始前に必ず行っておきたい設定です。

 

 

最低限行っておきたい初期設定

 

  • サイトタイトルとキャッチフレーズ
  • プラグインの追加・削除
  • メタ情報の削除
  • ニックネームの設定

 

以上の項目は、スタートダッシュ時に行っておきたい設定です。

 

サイトタイトルとキャッチフレーズ

 

メニューの設定から一般を選びます。

 

ここにある「サイトタイトル」と「キャッチフレーズ」の項目を入力しましょう。

 

その下にある「WordPressアドレス」と「サイトアドレス」は不用意に変更しないでください(僕が大失敗しました 笑)。

 

プラグインの追加・削除

 

プラグインは、WordPressを快適に使うための家電のようなものです。

 

便利ですが、だからといって何でもかんでも家電を買ってしまうと部屋の中がゴチャゴチャしてしまうように、プラグインも追加し過ぎてしまうとサイトが重くなってしまいます。

 

そのため、必要のないプラグインは削除していくことも大切です。

 

初期プラグインとしてHallo DollyTypeSquare Webfonts for エックスサーバーがあると思いますが、こちらは削除しても大丈夫です。

 

ブログ運営に最低限あると便利なプラグインについては、「プラグインとは?10個の必須プラグイン紹介!」に纏めましたので、コチラを参考にしてください。

 

メタ情報の削除

 

 

↑こんなやつです。

 

大体トップページの下の方に表示されていると思います。

 

ログインURLを知られてしまうため(セキュリティ上好ましくない)、メタ情報をサイト上に表示させない方が良いです。

 

メニューの外観ウィジェットからメタ情報のウィジェットを外すか削除しましょう。

 

ログインURLが分からなくなった場合は、ブログURLに「/wp-admin」を追加するとログイン出来る他、ログインURLをメモ帳に保管しておく手もあります。

 

ニックネームの設定

 

アカウント名が初期値として設定されていると思いますが、これもセキュリティ上好ましくないので、ニックネームを設定しておきましょう。

 

メニューのユーザーあなたのプロフィールから設定を行いましょう。

 

 

WordPressブログ運営で常に気を付けておくべきポイント

 

  • 本体・テーマ・プラグインの更新をマメに行う
  • プライバシーポリシーを作成する
  • サイトヘルスステータスを良好に保つ

 

以上の3つです。

 

本体・テーマ・プラグインの更新をマメに行う

 

ダッシュボードのホームには、更新が必要なテーマやプラグイン一覧が通知されます。

 

実は、更新を怠るとセキュリティーホールというセキュリティ上の穴が発生してしまい、悪質なハッカー等にその穴を狙われてサイトをジャックされる危険性があります。

 

不要なテーマやプラグインが多くなるとその分更新も多くなってしまうので、そういった意味でも不要なテーマ・プラグインは削除することがおすすめです。

 

更新はその都度行っていくようにしましょう。

 

プライバシーポリシーを作成する

 

ブログには万が一に備えてお問い合わせフォームを置いておくのが一般的なのですが、そこでメールアドレスや名前などの個人情報を取得します。

 

そのため、取得した個人情報を決して悪用しない趣旨を明記しておく必要があります。

 

プライバシーポリシーの文言は完コピOK!(定型文だから)なので、僕のサイトにあるものをコピペしてもらっても大丈夫です。

 

必要な部分はあなた専用のものに書き換えてくださいね。

 

お問い合わせフォームについては、「Contact Form 7」というプラグインを追加することで簡単に設置することが出来ます。

 

サイトヘルスステータスを良好に保つ

 

ダッシュボードの上の方にサイトヘルスステータスという項目があるはずです。

 

サイトヘルスステータスを良好に保つことで、サイトの表示速度などが早くなるので、ユーザーの満足度が高まります。

 

改善できる項目を全てクリアして、常に完璧な状態に保っておきましょう。

 

 

まとめ

 

設定お疲れ様でした!

 

今回紹介した方法は、ブログ運営を本格的に始める前に必ず行っておきたいものです。

 

特に、

 

  • サイトアドレスの確認
  • パーマリンクの設定
  • テーマの設定
  • SSLの設定

 

これら4つは必ず最初に行っておきましょう!

 

面倒くさいと言って後回しにすると、後々取り返しのつきにくい事にもなっちゃったりするので、要注意ですよ。

 

それでは、今回はこの辺で。

 

ありがとうございました。

 

チャオ(・∀・)!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です