サイトの最適化テストができる「WebPageTest」でパフォーマンスを計測してみた結果…

こんにちは、リュウセイです。

Googleのサイト最適化テストツール「WebPageTest」の使い方を書いた記事です。

診断結果において見るべきポイントについても書いたので、参考にどうぞ。

サイトの最適化テストができる「WebPageTest」でパフォーマンスを計測してみた結果…

記事は「30秒程度」で読めます。

WebPageTestとは?

Webサイトのパフォーマンスを計測するためのツール。
無料で利用できます。

テスト環境などの条件を設定して、仮想環境でテストを行える点が最大の特徴です。

可視化するのが難しいサイトのパフォーマンスを計測できる便利なツールですね。

WebPageTest – Website Performance and Optimization Test

WebPageTestの使い方

  1. テストしたいサイトのURLを入力
  2. テスト環境を設定
  3. テストを実行
※日本語翻訳しています

WebPageTestのサーバが混んでいると、テスト実行に時間がかかることがあります。

その場合は、しばらく時間を空けてから再度テストを行なってください。

テストを終わると結果が表示されます。

右上にページランクが表示されますが、最高は「A」で最低が「F」。

あくまでテストなので、結果は目安程度に留めておくのが無難だと思われます。

テスト結果において最も見るべき部分はWebバイタルの項目ですね。

Webバイタルの意味については、下記の記事を参考にどうぞ。

それでは、以上です。
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です