人生の無駄な時間ランキング10選【時間とはあなたの命そのもの】

人生において無駄な時間とは一体どんな場面だろうか?そんな無駄な時間を過ごさなくてすむためには、具体的にどう気を付ければいいだろうか。

 

「時間とは、即ち自分の命と同等である」みたいな言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、それって正にその通りなんですね。

 

我々はオギャーっと生まれてから既に死へと一歩ずつ進んでいるとも言えるわけで、そう考えると1秒がどれだけ尊いかって話ですよ。

 

しかしそうは言っても、如何せん「時間」という概念は直接目で見えません。

 

時計の針で確認できますが、それはあくまで時計の針であって、いまいち実感が湧かないのが正直なところだと思います。

 

  • 時間は何より大切だと分かっていても、どうしてもダラダラと無駄な時間を過ごしてしまう…
  • 自分は効率良く生きたいのに、他の要因によって邪魔をされてしまう…

 

あるあるですよね。

 

そんな「人生の時間の無駄」とも言える場面を、ランキング形式で10選ほど上げてみました。

 

また、それを回避するための具体的な提案もしてみたので、参考にしてみてくださいね。

 

無駄な時間は極力省き、1秒1秒を稼いでいきましょう!

 

 

人生の無駄な時間ランキング10選とその対策案

 

【1位】通勤時間

 

この手の話でメチャクチャよく言われるのが、通勤時間の無駄です。

 

会社まで電車で片道1時間や車で2時間…などは、通勤だけで時給を捨てていると言っても過言ではないですね。

 

たとえ通勤手当が出たとしても、時間は手当してくれません

 

その1時間や2時間を節約出来れば、朝はもっと遅く起きてもいいかもしれないし、何か好きなことをする時間に充てることも出来ますよね。

 

色々な事情があるとは思いますが、しかし長い通勤時間はデメリットの方が大きいと言えます。

 

対策案

  • 早めに家を出てピーク時間を避ける
  • 会社に近い所に住む
  • 在宅勤務が出来る会社に転職する

 

【2位】ネットサーフィン

 

ダラダラと2ちゃんねるとかのまとめサイトを見ていませんか?

 

色々な記事があるので楽しいかもしれませんが、結局は「それで広告収入を得ている運営者の一人勝ち」なので、悪く言えば閲覧者は搾取対象です。

 

おまけに、誹謗中傷も多い世界です。

 

たまにセンスのある面白いやり取りが展開されているケースもあって楽しいのは分かりますが、でもそこで費やす時間は99%無駄だとハッキリ断言します。

 

ネットを使う時は、主に自分の調べたい情報を検索する時などに使うことをおすすめします。

 

ネットって本来そういう道具ですからね。

 

対策案

  • 2ちゃんねるなどのまとめサイト系は完全に無駄なのでそもそも見ない(これに尽きる)

 

【3位】暇潰しに見るテレビ

 

バラエティ番組とか評論番組とかって、ホントに時間の無駄だと思います。

 

正直、見る側にメリットは何一つありません

 

「楽しいから」「面白いから」はメリットではないですからね。

 

先ほどのまとめサイト系と同じく、テレビも運営者側(テレビ局・スポンサーなど)が一方的に儲かる仕組みです。

 

つまり、これも悪く言えば視聴者は搾取対象なんですよ。

 

ここ、時間の無駄と捉えられるかそうでないかで、大きく分かれそうですね。

 

対策案

  • 自分は得しているようで損していることを強く自覚して、極力見る時間を減らしていく

 

【4位】惰性で見るYouTube

 

今のYouTubeの勢いって凄いですよね。

 

「まるで個人がテレビ局を持てるようになったもの」なんて言われますが、あながち的外れな表現ではないと思います。

 

実際に、YouTube界には沢山のチャンネルが乱立している状況です。

 

チャンネル開設が超簡単なのも相まって、これからもグングン増えていくことは間違いないです。

 

しかも、YouTubeへのアクセスが超簡単で、Webからもアプリからも秒でアクセスできちゃいます。

 

基本的には僕はYouTubeに関しては肯定的なのですが、1つだけ注意点があると思っています。

 

それは、「楽しすぎて延々と観てしまう」という点です。

 

とにかく、YouTubeって楽しいんですよね。

 

面白いチャンネルは無数にあるので、なかなか飽きないですよね。

 

今や専門家の人達もチャンネルを開設しているので、勉強になるのも大きなメリットです。

 

YouTubeだけで寿司の握り方を勉強して、海外で寿司屋を起業した…なんて事例も実際にあるくらいです。

 

時間を浪費してしまうランキングとしては個人的にYouTubeは1位なのですが、一概に「無駄」とは言えないので当記事のテーマにおいてはこの順位にしました。

 

賢く使えば、人生の質の向上にも繋がるので。

 

テレビの場合は、人生の質の向上に貢献しません

 

なぜなら、一方的に視聴者側が搾取されるから。

 

YouTubeは個人でマネタイズできるので、発信者側に回りやすく、その気になれば得をする側に行くこともできます。

 

しかし、テレビはそうはいきませんからね…。

 

「YouTubeの魔力って凄い」というのは重々承知した上で、なるべく時間を無駄にしないように心掛けることも大切です。

 

対策案

  • 事前に見るチャンネルをピックアップして、最低限それしか見ないようにする

 

【5位】二度寝

 

あと…5分…

 

誰しも経験がありそうな、朝の二度寝。

 

二度寝をせずに朝スパッと起きられる人が日本全国で何%いるのか?というくらい、多くの人を虜にする二度寝。

 

二度寝って気持ちいいですが、残念ながら、二度寝は時間の無駄ですね。

 

しかし、二度寝には

 

  • 睡眠効率の低下
  • 生活リズムの乱れ
  • 健康への悪影響(肌荒れ・体重増加など)

 

など、様々なデメリットがあります。

 

気持ちいいのは一瞬だけで、99.9%はデメリットなんです。

 

しかも、朝の時間は貴重なので、たった5分の二度寝だけでも大きな機会損失ですよ。

 

上にも書きましたが健康にも悪いですし、二度寝が原因で出発が遅れてしまったら、1日のリズムが最悪になります。

 

実は、良い事なんて1つも無いのですね。

 

悪いことは言いませんから、ぜひ明日から二度寝を少しずつ減らしていきませんか?

 

いきなりは難しいと思いますが、「目が覚めたら、諦めて身体を起こす」をルールにしてみてください。

 

意外とですね、二度寝をせずにスパッと起きた方が気持ちが良いんですよ。

 

「まだ時間あるから二度寝できるかも…」なんて思わずに、一度目が覚めたら諦めて身体を起こしましょう。

 

頑張りましょう(・∀・)!

 

対策案

  • 二度寝は百害あって一利なしなので、「目が覚めたら、諦めて身体を起こす」をルールにする

 

【6位】スーパーのレジ待ち

 

続いては、スーパーのレジ待ちがランクイン。

 

あれ、手が遅い定員さんのレジに並んでしまった時って、地獄じゃないですか?

 

地獄は流石に言い過ぎですけど、でも控えめに言っても「拷問」ですよ。

 

レジを待っている間にも時間は過ぎていくし、アイスは溶けていくし、おじいちゃんは小銭ジャラジャラするし…。

 

スーパーはコンビニ以上に高齢者の利用者が多いので、必然的に「小銭ジャラジャラ払い」と遭遇してしまう確率が上がります。

 

例えば1,000円の会計を、「1円、5円、10円」単位でジャラジャラ支払う人(高齢者)って普通にいますからね。

 

もちろんカードで素早く支払う人もいますが、でも年齢層が上がるにつれてその確率は下がるのです。

 

しかし、こればっかりは仕方がないので、レジ待ちしたくない場合はコープなどの宅配サービスを使ってみましょう。

 

割高にはなっちゃいますが、お金よりも大事なのは「時間」なので、お金で時間を買うという発想ですね。

 

今は宅配サービスも随分と浸透しましたし、それに伴ってサービスの質も向上しているので、宅配サービスの利用は良い選択肢だと思います。

 

対策案

  • 「時間をお金で買う」の精神で、宅配サービスを利用してみる

 

【7位】アポ無し訪問営業の対応

 

はっきり言います。

 

 

アポ無し訪問営業、マジで滅んでくださいお願いします。

 

 

僕は実店舗ビジネスをしているのですが、店舗を構えて分かったことは、「実店舗は営業ホイホイ」だと言うこと。

 

毎日引っ切り無しというレベルではないですが、まぁ来るわ来るわ、アポ無し訪問営業の皆様。

 

ご苦労様です(訳:アポ無しで来ないでください)。

 

いや、基本営業の対応って時間の無駄なので、よっぽどでは無い限り対応したくないです。

 

殆どのケースでは直ぐに追い返しています(丁重にお帰りいただく)。

 

でも、中には粘るお方もいます(訳:無駄にしつこい)。

 

まぁ営業を受けて新しい知識を手に入れることもあるので、全てが無駄ということではないですね。

 

しかし、間違いなく言えることが1つあって、それは何かと言うと「限りある時間を使っている」ということ。

 

せめてアポを取ってくだされば、事前に話が分かるのでまだ良いのですが…。

 

いや、分かりますよ。

 

「ここはわざわざアポを取ってまで訪問する所ではない」と見なされているってことは。

 

結論!

 

 

アポ無し訪問営業、マジで滅んでくださいお願いします。

 

 

対策としては、「3分以内で内容を簡潔に説明してください」という対応をすることですね。

 

3分でもいいですし、10分でもいいので、とにかく制限時間を設けることが大事です。

 

制限時間を設けないと営業トークをダラダラ垂れ流されてしまうので、制限時間を決めてプレッシャーをかけるのが得策です。

 

押しが弱い人だと思われたら、そのまま押し切られかねないので、そこは場数を踏むしかないですけど。

 

対策案

  • 「忙しいので○○分以内で簡潔に説明してください」というように、制限時間を設けて相手にプレッシャーをかける

 

【8位】営業電話

 

上のアポ無し訪問営業と同じようなカテゴリーですね。

 

 

お客さんの電話に紛れて、営業電話を嫉妬にかけてくる会社は、ぜひ滅んでくださいお願いします。

 

 

「今、お時間良いですか?」

 

お前にくれてやる時間なんて、コンマ1秒もねー!

 

って言いたいですが、そこはグッと堪えて、

 

「あ~すみません、今オーナーが不在でして…(訳:ファ○ク!)」

 

って言ってます。

 

大体からふざけているのが、オーナーでないと要件を一切言わないという点。

 

しかも、「今は間に合ってます」と言った瞬間に、露骨に態度を変えて電話を切ろうとする輩(素敵なお兄さん)もいらっしゃる。

 

じゃあ、そんな電話出なきゃいいのでは?」とは言っても、そうはいかないんですよね。

 

なぜなら、お客さんの予約の電話などが入るからです。

 

その中に少しだけ紛れて、営業さんがご登場されるので、対策はほぼ不可能です。

 

強引な対策は「電話を引かないこと」

 

今は公式LINEでもお客さんと繋がれるので、良い時代ですね!

 

対策案

  • 対策は難しいので、なるべく公式LINEなどのツールでお店が回せる仕組みにすること

 

【9位】渋滞

 

渋滞が時間の無駄というのは、あなたもご存じの通りです。

 

しかし、車に乗っている以上、避けては通れないのもまた事実。

 

一般道路の渋滞はまぁ仕方がないとしても、高速道路の渋滞は犯罪レベルです。

 

余談ですが、高速道路の渋滞の発生メカニズムについては下記の通り。

 

  • トンネルに入る前の減速
  • インターチェンジの合流
  • 上り坂およびサグ部でのブレーキ

 

参考元仕組みを知れば対策方法も見えてくる?なぜ渋滞は起こるのか|Mobility Transformation

 

運転が苦手な人ほど余計な所でブレーキを踏みまくるので、それも渋滞発生の要因の1つとなっています。

 

渋滞0の社会はまだまだ先の話だとは思いますが、1人1人ができることは「無駄なブレーキを極力踏まないよう意識すること」です。

 

車のブレーキをかけると、時間のブレーキもかかってしまいますからね(上手く言えていない)。

 

なるべく渋滞に遭わないためには、事前に渋滞情報を見ておくことが大切ですね。

 

こちらのサイトで確認しましょう→日本道路交通情報センター:JARTIC

 

対策案

  • 目的地までのルートの交通情報を予め調べておくこと

 

【10位】長電話

 

これは特に賛否両論だとは思いますが、長電話も基本的には時間の無駄ですね。

 

「長」電話が「どこまで長いのか」という定義はあえてしませんけど、基準としては「特に目的もなく、惰性で電話しているか否か」ですね。

 

もしダラダラと電話してしまっているとしたら、電話で話す時間を予め決めておくのが良いですね。

 

要は、制限時間を設けるってことです。

 

やっぱり「ケツ」を決めるってとても大切で、「限りあるからこそ大事に使おう」という意識が自然と働きます。

 

締め切りでも何でも一緒ですよね。

 

電話が暇潰しだと言うのなら、その暇潰しで消える時間を改めて考えてみてください。

 

その30分で、他に何が出来たのか?

 

要件を伝え終わったのなら、さっさと電話を切って、他の有益なことに時間を使いましょう。

 

長くても10分で十分ですよ。

 

対策案

  • 制限時間を設けて、要件が伝え終わったら電話を切るようにすること

 

 

まとめ

 

何を持って「時間の無駄」だと判定するのかは、人によって違います。

 

無駄が楽しいって人もいると思うので。

 

しかし、『なるべく時間は無駄にしたくない』と言うのであれば、無駄を省く努力が必要です。

 

ここで解説したことを参考にして、少しでも無駄な時間の過ごし方が解消されたら、何よりです。

 

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

チャオ(・∀・)

 

 

PS.
記事が参考になったら、ぜひRSS登録お願いします!

 

 

 

 

RSSとは何ぞや?という方はこちらを読んでみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です