【忙しい人向け】動画の再生速度を調整できるChrome拡張機能

あなたはYouTubeなどの動画をよく視聴しますか?

 

娯楽で見るYouTubeも格別ですが、今の時代は学習系の動画も増えてきたので、動画でノウハウを学ぶ人も多くなっていますよね。

 

動画で何かを学ぼうという人は、忙しい中時間を使って学ぶケースが多いと思うので、倍速で動画を再生している人は多いでしょう。

 

そこで今回は、YouTubeなどの動画の再生速度をこと細かくまで調整できるChrome拡張機能、「Video Speed Controller」を紹介していこうと思います。

 

忙しくて、普段は動画を倍速再生している人。
動画の再生速度をもっと細かく指定したい人。

 

そんな人におすすめですね。

 

 

動画の再生速度を調整できるChrome拡張機能「Video Speed Controller」

 

「Video Speed Controller」を追加しよう

 

今回紹介するのは、「Video Speed Controller」というGoogle Chrome拡張機能です。

 

下記の画像をクリックして、Video Speed ControllerをインストールしてChromeに追加してください。

 

 

 

「Video Speed Controller」の使い方

 

それでは、さっそくVideo Speed Controllerを使ってみましょう。

 

試しに、YouTubeで動画を再生してみてください。

 

すると、左上に「1.00」と表示されたアイコンが新たに追加されているので、マウスオーバーしてタブを表示させてみましょう。

 

 

以下、各種タブの説明(左から順)です。

 

  • 「≪」:巻き戻し
  • 「-」:再生速度を落とす
  • 「+」:再生速度を上げる
  • 「≫」:先送り

 

再生速度のスピードや巻き戻しの時間などは、自由にカスタマイズ可能です。

 

右上のパズルのようなアイコンをクリックして、Video Speed Controllerをクリックして、「Setting」を選択しましょう。

 

 

カスタマイズ画面が開くので、ここで詳細な設定を行っていきます。

 

再生速度の単位は倍数、巻き戻しや先送りの単位は秒になっています。

 

コントローラーの不透明度は、初期設定で「0.3」になっていますが、これだと薄いので個人的には「1」がおすすめです。

 

設定を終えたら、下記の「セーブ」をクリックして終了しましょう。

 

 

ショートカットの設定は新たに追加することも可能です。

 

 

 

色々カスタマイズしてみてくださいね。

 

 

まとめ

 

Chromeの拡張機能はたくさんあって便利ですが、あまり追加し過ぎるとChromeが重たくなってしまうので、使う頻度の少ない機能は削除することをおすすめします。

 

ぜひ、Video Speed Controllerで快適な倍速動画ライフを楽しんでください。

 

それでは。
チャオ(・∀・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です