【あなたのサイトは何秒?】モバイルページの表示速度を測定する方法

あなたは、自分のサイトのモバイルページ速度をしっかり把握できていますか?

 

検索エンジンのシェア率№1で名高いGoogleは、PC版よりもモバイルページの読み込み速度やWebデザイン等を特に重視しており、モバイルページでの評価が高いサイトを「モバイルフレンドリーサイト」と定義しています。

 

Google検索セントラル  | ウェブサイトをモバイル フレンドリーにする理由

 

その中で最も重要だと言ってもいいくらいなのが、「モバイルページの表示速度」です。

 

今回は、そのモバイルページの表示速度を測定できるGoogleツールのTest My Site(テスト・マイ・サイト)をご紹介します。

 

Test My Siteは、同じくGoogleが提供するスピードテストツールのPageSpeed Insightsのデータが元となっているので、合わせて使うとより効果的だと思います。

 

 

Test My Siteでモバイルページの表示速度を測定しよう

 

 

使い方は簡単で、「ドメインを入力してください」の欄に、あなたのサイトのURLを入れるだけです。「ドメイン」とありますが、URLを全てそのまま貼り付ければOKです。

 

 

URLを入力して「→」を押せば計測がスタートして、数十秒くらいで結果が出ます。

 

 

僕の例を参考にすると、モバイルページの読み込み速度は3.4秒で、「低速」という結果が出ました。

 

調べると、3~5秒が一般的な速度らしいですが、Googleはやや厳しい評価をしていると言えますね。

 

なお、この手のスピードテストツールにおいては、キャッシュを考慮してテストは2~3回実施するのが望ましいです。詳しくは下記の記事を参考にしてください。

 

Webサイトのスピードテストは複数回行うべき理由【平均値を測定】 | リュウセイブログ

 

速度の判定基準についてですが、Googleの見解としては下記のとおりです。

 

・サイトおよびページの速度で、「高速」、「平均」、「低速」と判定される基準を教えてください。

 

サイトの測定とページの測定では、国や接続タイプにかかわらず、常に同じしきい値が適用されます。これらは、PageSpeed Insights(PSI)のしきい値と同じです。各カテゴリのしきい値は次のとおりです。

 

高速: 0~2.5 秒
平均: 2.5~4 秒
低速: 4 秒以上

 

FCP データで定義されるページの速度のカテゴリは次のとおりです。

 

高速: 0~1 秒
平均: 1~2.5 秒
低速: 2.5 秒以上

Test My Siteについて

 

FCPとは「First Contentful Paint」の略で、ページの読み込みが開始されてからページのコンテンツの一部が画面にレンダリングされるまでの時間のことです。

 

最初のコンテンツフル ペイント (FCP)

 

たとえページ全体が重くても、一部だけ先に読み込ませることでユーザーは体感的に表示が早いと感じるため、重要とされている指標です。

 

それで、FCPを基準に考えると、

 

1秒を切ると最速だが、2.5秒以上なら低速だな

 

というのがGoogleの見解なんですね。

 

では、僕のような低速難民は、どうやってサイト改善をしていけば良いのか?

 

有り難いことに、Test My Siteでは、計測した結果に対する改善案が纏められたレポートを用意してくれています。

 

テスト結果画面の右上にある「詳細なレポートを作成」から、必要事項を記入してダウンロードしていきましょう。

 

 

メールアドレス・会社名(適当でOK)を入力して、言語を選択して「詳細なレポートを作成」を押せば、登録したアドレス宛にレポートが届く仕組みです。

 

 

メールが届いたら、「レポート全文を見る」からレポートを開いていきましょう。

 

 

「詳細なレポート」とありますが、16ページある中で最も重要なのは最後に書かれてある「推奨される修正」のページです。

 

 

青文字になっている部分はリンクが設定してあるので、1つずつ調べながら改善していけば、いずれ「高速」の評価が貰えるかも?

 

あなたもTest My Siteでテストして、レポートを受け取ってみてはいかがでしょうか。

 

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。
チャオ(・∀・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です