WordPressテーマ「STORK」で記事の公開日&更新日を表示させる方法【コード不要】

チャオ(・∀・)♪

 

今回は、WordPressテーマ「STORK」にて、追加コードなどを使わず記事の公開日&更新日を表示させる方法について記事を書いていきます。

 

STORKの標準機能で簡単に実装できるので、手順を解説していきますね。

 

 

WordPressテーマ「STORK」で記事の公開日&更新日を表示させる方法【コード不要】

 

わずか3ステップで実装できます。

 

①WordPressメニュー「外観」→「カスタマイズ」

 

WordPressメニューの「外観」から「カスタマイズ」をクリックします。

 

 

②投稿・固定ページ設定

 

カスタマイズ画面になるので、「投稿・固定ページ設定」をクリックします。

 

 

③投稿日・更新日表示設定

 

メニュー下の方に「投稿日・更新日表示設定」があるので、「投稿日・更新日を表示する」にチェックを入れます。

 

 

④実装完了

 

たったこれだけで実装完了です。

 

 

カレンダーっぽいアイコンが記事の公開日(投稿日)、やじるしのアイコンが記事の最終更新日です。

 

公開日は記事の編集画面にて変更できます。

 

 

「公開」ボタンをクリックした日付に合わせて、やじるしアイコンの最終更新日が更新されていきます。

 

投稿日のみ表示や、投稿日および更新日を非表示にさせることもできるので、お好みで設定してみてください。

 

 

記事の公開日&更新日を表示させるメリット

 

記事の公開日&更新日を表示させるメリットは以下の通りです。

 

  • ユーザーは常に最新の情報を求めているので、「この記事はいつの時代に書いたものか?」を公開することは記事の信憑性に繋がる
  • 最終更新日を表示させることも、情報の新鮮さを裏付ける要素になる

 

なんと言っても、情報は「新鮮さ」が命です。

 

一回サイトを作ったら後は放置するようなアフィリエイトサイトであるならば必要ないことが多いですが、ブログであるならば表示させた方がユーザーにとって優しいと言えます。

 

 

まとめ

 

以上、「STORK」での投稿日・最終更新日の表示設定についてご紹介しました。

 

投稿日や更新日の前についているアイコンは、CSSでカスタマイズできるので、興味がある方は調べてみてください。

 

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

チャオ(・∀・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です