WordPressの自動更新を停止させる方法【バージョンの見方】

WordPressのアップデートはたまに不具合があるから、なるべく動作確認してから手動で更新したい。どうやれば自動更新を停止できるの?

 

たまに「WordPress○○へのサイト更新が完了しました」という件名でメールが来ることがあります。

 

 

実はWordPress3.7以降から自動更新がデフォルトでオンとなっており、管理者として登録してあるメールアドレス宛に自動更新の完了メールが届く仕様となっています。

 

WordPress 3.7.1 自動バックグラウンド更新のスケジュール | WordPress.org 日本語

 

自動更新は便利ですが、バージョンアップによる不具合が気になる方は自動更新を停止させることもできます。今回はその方法についてご紹介していきますね。

 

 

WordPressの自動更新を停止させる方法【バージョンの見方】

 

バージョンは3種類に分けられる

 

WordPressのバージョンは「5.2.7」のように3つの数字で表記されます。

 

一番左の「5」はメジャーバージョンを表しており、新機能の追加や旧機能の削除など、最も大きなアップデートが対象となります。

 

二番目の「2」はマイナーバージョンを表しており、セキュリティ面やプログラムの修正など、仕様の変更に関するアップデートが対象となります。

 

三番目の「7」はビルドバージョンを表しており、細かい不具合の修正などのアップデートが対象となります。

 

バージョンアップの対象とは?

 

WordPress3.7で自動更新が実施されましたが、自動更新の対象となるのはマイナーバージョンと一部の翻訳ファイルのみです。

 

ただし、使っているWordPressのバージョンがあまりにも古い場合、例外的にメジャーバージョンへの自動アップデートが実行されるケースもあるようです。

 

提案:古いバージョンを4.7に自動更新– WordPressCoreを作成

 

また、WordPress5.5にて、プラグインやテーマの自動更新も導入されています。

 

プラグインとテーマの自動更新 | WordPress.org 日本語

 

全ての自動更新を停止させる方法

 

WordPress本体、テーマやプラグインなどの全ての自動更新を停止させる方法です。

 

テーマの「wp-config.php」に下記のコードを記述しましょう。

 


define( ‘AUTOMATIC_UPDATER_DISABLED’, true );

 

個別に自動更新を停止させる方法

 

WordPress本体・プラグイン・テーマの自動更新を個別に停止させる方法です。

 


WordPress本体


 

下記のコードをテーマの「wp-config.php」に記述しましょう。

 


define( ‘WP_AUTO_UPDATE_CORE’, true );


define( ‘WP_AUTO_UPDATE_CORE’, false );


define( ‘WP_AUTO_UPDATE_CORE’, minor );

 


プラグイン


 

下記のコードをテーマの「functions.php」に記述しましょう。

 


add_filter( ‘auto_update_plugin’, ‘__return_true’ );


add_filter( ‘auto_update_plugin’, ‘__return_false’ );

 


テーマ


 

下記のコードをテーマの「functions.php」に記述しましょう。ちなみに、デフォルトでは無効にされています。

 


add_filter( ‘auto_update_theme’, ‘__return_true’ );


add_filter( ‘auto_update_theme’, ‘__return_false’ );

 

更新通知のみ停止させる方法

 

冒頭の「WordPress○○へのサイト更新が完了しました」などの更新を知らせるメール通知のみ停止させる方法です。

 

下記のコードをテーマの「functions.php」に記述しましょう。

 


add_filter( ‘auto_core_update_send_email’, ‘__return_true’ );


add_filter( ‘auto_core_update_send_email’, ‘__return_false’ );

 

 

まとめ

 

最も変化が大きいメジャーアップデートは、新たな機能が追加されたり既存のシステムに大きな変更が加えられたりしますが、それ故不具合も起きやすいです。

 

僕も過去にメジャーアップデートをして、エディターの切り替えが出来なかったりメディアをアップロード出来なかったりして、タイミングもあって色々焦った経験をしたことがあります。

 

自動更新は基本的にメジャーアップデートは対象外となっているのでその心配はありませんが、万が一バージョンをダウングレード(バージョンの巻き戻し)したいって時は下記の記事を参考にしてください。

 

WordPressの更新で不具合があった時の対処法 | リュウセイブログ

 

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。
チャオ(・∀・)

 

 

PS.
記事が参考になったら、ぜひRSS登録お願いします!毎日更新しているので、RSSとの相性バツグンですよ(・∀・)♪

 

 

 

RSSとは何ぞや?という方はこちらを読んでみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です