SEOとは?SEO対策の意味を初心者にも分かりやすく解説します

どうも、リュウセイです!

 

  • SEOって何なの?
  • SEO対策って?
  • SEOの正式名称って何?

 

今回はこんなSEO初心者に向けて記事を書いていきます。

 

 

SEOとは?

 

SEOとは「Search Engine Optimization(サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)」の略語で、意味は検索エンジンの最適化となります。

 

検索エンジン最適化というのは、ネットで検索されたときに、検索エンジン(Yahoo!とかGoogleとか)に自分のサイトが他サイトより上の位置に表示されるような状態にすることです。

 

「検索順位を上げるための工夫」を「検索エンジンを最適化する」と言い、これをSEO対策(検索エンジン対策)と呼びます。

 

自分のサイトが上位表示されるほどアクセス数が増える傾向にあるため、SEO対策の知識はサイト運営をしている人にとっては必須になります。

 

 

最も有名なのはGoogleのSEO対策

 

検索エンジンには様々な種類がありますが、世界で最も使われているのはGoogleです。

 

なので、SEO対策が行われる時はGoogleで上位表示されるように対策することが一般的だと言えます。

 

これはGoogleのSEO対策に限った話ではありませんが、SEO対策をする上では検索エンジンのポリシーに乗っ取る必要があります。

 

例えばGoogleは、「Googleの使命は、世界中の情報を整理し、世界中の人がアクセスできて使えるようにすることです」という理念を掲げています。

 

この理念から、Googleは第一にユーザーの利便性の向上に尽くすことを理念として掲げていることが読み取れます。

 

従って、GoogleのSEOがサイト運営者に求めている条件は、

 

ユーザーに「必要な情報」を「最速」かつ「分かりやすく」届けるサイトを検索エンジンに提供してください

 

ということになります。

 

この理念とかSEOの条件とかは他の検索エンジン組にもありますが、要は検索エンジン様の意向に沿ってサイトを運営することが重要なのです。

 

ただし、上記の条件に合致していても、例えば「暴力系」や「アダルト系」などは基本的には検索エンジンからは嫌われるので、あまりにも過激な場合はペナルティーとして最悪サイトが削除される場合もあります。

 

社会的に後ろめたい情報を発信しているサイトじゃなければ、基本そんなことは起こらないと思いますね。

 

ユーザー(読者)にとって役に立つコンテンツを届けることが、SEO対策の本質になります。

 

 

検索エンジンの仕組みとは?

 

検索エンジンでは、大きく分けて次の3つのことが行われています。

 

  • クロール(クローリング)
  • インデックス
  • ランキング

 

クロール(クローリング)

 

クロールとは、Googleが開発した自動循環ロボットのクローラーGooglebotがインターネット上を巡回し、Webサイトを発見したり何度もアクセスしたりしてサイトの情報を解析することです。

 

サイト検索には「Googlebot」、画像検索には「Googlebot-image」、モバイル検索には「Googlebot-mobile」、というようにクローラーにも種類があります。

 

まるで蜘蛛が巣を張り巡らせて動き回る様子から、「スパイダー」とも呼ばれています。

 

インデックス

 

クローラーが発見・解析した情報を検索エンジンのデータベースにカテゴリー分けして登録していくことを「インデックス」と言います。

 

日々新しいサイトが生まれるので、クローラーも日々インターネット上を巡回して、データベースに登録しても問題ないようなサイトをインデックスしていきます。

 

インデックスされないと検索結果として表示されないので、超重要な作業です。

 

ランキング

 

Googlebotがクロールしてインデックスしたら、いよいよランキング付けを行っていきます。

 

ここで上位表示されるサイトかどうかが決定されます。

 

ユーザーが検索した際に、Google(検索エンジン)のデータベースにある情報を、検索されたワードと関連性が高いものから順に並び替えて表示させています。

 

検索結果の2ページ目以降に表示されるサイトのアクセス数はガクッと落ちる(ほぼアクセスされない)ので、何としてでも1ページ目に食い込むことが大切です。

 

そのためにみんな目を真っ赤にしてSEO対策を行っていくわけですね。

 

 

SEO対策の基本

 

おさらいすると、SEO対策をする本質は、ユーザー(読者)にとって役に立つコンテンツ(必要な情報)を「最速」かつ「分かりやすく」届けることであり、それを満たすことで検索結果の上位にサイトを表示させることがSEO対策の目的です。

 

アクセスアップのためにSEO対策というものは行われますが、そのためには検索エンジン様の意向に沿うことが求められるのです。

 

SEO対策の基本として、ここでは「上位表示されるために必要なポイント」「内部SEO」「外部SEO」について説明していきます。

 

上位表示されるために必要なポイント

 

ユーザーにとって有益な記事しか高く評価されないため、下記の3つのポイントに気を付けてコンテンツを作ることが大切です。

 

オリジナルコンテンツ

 

他サイトをまるまるパクったサイトはNGです。

 

他サイトを参考にするのは全く問題ないのですが、そこにはちゃんと自分なりの意見だったり経験だったりを加えて、独自性(オリジナル)を持たせることが重要です。

 

ただコピーするのではなく、自分なりの言葉で記事を書けば独自性が生まれるので、意識していきたいところですね。

 

分かりやすい内容

 

ちゃんと記事タイトルに沿った内容であり、構成や説明などの中身が分かりやすいコンテンツは評価が高いです。

 

ただ、サイト制作に慣れない内はなかなか難しいところではありますね。

 

他サイトはどういったところが分かりにくいだろうか?』という目で見て、欠けている部分を自分の記事で補うということを意識して書くと上手くいきやすくなりますよ。

 

他サイトとは別の切り口で記事を書いていくことも効果的です。

 

裏付けされている情報を発信

 

情報元がよく分からなかったり怪しかったりする情報は、なるべく記事に載せないほうが無難です。

 

結果的に嘘の情報を載せてしまうのは検索エンジンからの評価を落としてしまうので、なるべく信憑性のある情報を載せることが求められます。

 

特に医療系や健康系の情報発信は色々と規制が厳しいので、これらの分野で情報を発信していく時は十分に気を付けていきましょう。

 

内部SEO対策

 

内部SEO対策とは、クローラーがサイトの情報を理解しやすいようにサイト構造を改善することです。

 

記事タイトルや見出しタイトルに関連キーワードを入れる

 

この記事の冒頭に「記事の目次」が表示されていたと思うのですが、それがこの記事の構成となります。

 

ユーザーが検索しているキーワードをツールで調べて、そのキーワードを記事タイトルや見出しタイトルに盛り込むことが内部SEO対策となります。

 

僕はいつも「ラッコキーワード」という関連キーワード取得ツールを使ってキーワードを調べています。

 

検索キーワードがトップタイトルに入っていると、ユーザーが自分に必要な情報だと判断しやすくなるので、検索エンジンからの評価も自ずと高くなります。

 

ページの表示速度を早くしておく

 

ページの表示速度が遅いとユーザーのストレスになり、読みにくいサイトになってしまいます。

 

表示速度が落ちてしまう原因としては、画像を貼り付けすぎたりSSL化を行っていなかったりすることが挙げられます。

 

表示速度が早いサイトはユーザーの満足度が高まるので、上位表示されやすくなります。

 

内部リンク

 

内部リンクとは、記事内にて自分の関連記事のリンクを貼ることです。

 

記事に関連する別記事のリンクを貼ることで、ユーザーは検索する手間が省けて、必要な情報を探す時間を短縮出来るので満足度が高まります。

 

内部リンクは基本的に別タブで開くよう設定しておくと良さげです。

 

外部SEO対策

 

外部SEO対策とは、自分のサイトが被リンクを得ることです。

 

被リンクとは、外部のサイトから自分のサイトに向けて設置されたリンクのことです。

 

先程、関連キーワード取得ツールとして「ラッコキーワード」を紹介しましたが、この場合ラッコキーワードは、ここのサイトから被リンクを得たことになります。

 

被リンクのポイントは、自然な被リンク被リンクの数が多い質の良いサイトから被リンクを得るの3つが挙げられます。

 

被リンクは、サイトのコンテンツがユーザーに評価されれば自然と増えていくものなので、こちらが被リンク対策(外部SEO対策)をする必要はありません。

 

唯一やることと言えば、拡散を狙ってSNSのボタンを設置することくらいです。

 

 

まとめ

 

もう一度おさらいしておくと、

 

SEO対策をする本質は、ユーザー(読者)にとって役に立つコンテンツ(必要な情報)を「最速」かつ「分かりやすく」届けることであり、それを満たすことで検索結果の上位にサイトを表示させることがSEO対策の目的です。

 

第一にユーザーにとって役立つコンテンツを提供しようという姿勢を持つことが、綺麗事抜きで大切なことです。

 

その結果、自然とSEO対策が出来ているという状態が理想ですね。

 

この辺の意識をしっかり持ってコンテンツ制作を進めてみてください。

 

それでは、今回はこの辺で。

 

ありがとうございました。

 

チャオ(・∀・)!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です