ブログのキーワード選定に役立つ無料ツール、その名も「ラッコキーワード」!

ブログを書く上では「キーワード選定」が大切だという話だが、どうやってキーワードを選定すればいいの?キーワードはどこで探せばいいの?

 

ブログを単なる趣味ではなく、

 

  • ブログで稼ぎたい
  • ブログにアクセスを集めたい

 

という目的のもと運営していくのなら、「キーワード選定」はとっても大事になってきます。

 

当記事では、キーワードの選定に便利なWebツール「ラッコキーワード」をご紹介していきます。

 

まずは、ブログにおけるキーワード選定がどれほど重要かについて、解説していきますね。

 

 

ブログにおけるキーワード選定の重要さとは?

 

「ブログで稼ぐ」や「ブログにアクセスを集める」という目的で運営していく場合、じゃあどうやれば自身のブログにユーザーがアクセスしてくれるのか?

 

あなたもそうであるように、検索エンジンを使うユーザーは「今抱えている問題を解決する」という目的のもと、検索窓に単語を打ち込みますよね。

 

検索エンジンは、ユーザーが検索した単語(キーワード)を基にして、「ユーザーが求めているであろう情報が書かれてあるサイト」を検索結果に表示させています。

 

そして、ユーザーは検索表示されたサイトにアクセスして、答え合わせをします。

 

つまり、あなたのサイト(ブログ)にユーザーを呼び込むためには、「ユーザーが検索するキーワードをコンテンツに盛り込む」必要があるわけです。

 

そうしないと、検索エンジン(Yahoo!とかGoogleなど)はあなたのサイトを検索結果に表示させてくれないからです。

 

ユーザーは答えを求めて検索エンジンを使っているので、それに答える形でしっかりとキーワードをコンテンツに入れる必要があるというわけです。

 

上記を「検索からの流入」と呼び、特にブログにおいてはアクセスの8~9割が検索流入だと言われています。

 

なので、明確な目的を持ってブログを運営していくのならば、検索からの流入は決して無視できない概念なのです。

 

  • ユーザーはどのような悩みを持っているのか?
  • ユーザーはどのようなキーワードで検索するのか?

 

これらをしっかりと調査して、キーワードを選んでブログ記事を書いていくことが基本となります。

 

ここを怠ると、検索からの流入を失うことになり、「ブログつらたん」状態になってしまいます。

 

そうならないためにも、キーワード選定は重要なんです。

 

また、キーワード選定をすることで記事のタイトルも決めやすくなるので、そういった部分でも重要です。

 

 

キーワード選定におすすめな無料Webツール「ラッコキーワード」とは?

 

ラッコキーワードとは、無料で使えるキーワードリサーチ用Webツールです。

 

会員登録せずとも無料で使うことができますが、その場合「一日に検索できる回数は20回まで」という縛りがあります。

 

無料会員登録をして「ラッコID」なるものを取得することで、上記の縛りがなくなります。

 

会員登録はメールアドレスの登録だけでOKですし、変なメールも来ないので登録しておくことをおすすめします。

 

使い方はとっても簡単。検索窓に単語を打ち込むだけ。

 

すると、検索結果が表示されます↓

 

 

一番上に表示されるのは「サジェスト」と言って、検索エンジンにおいて検索窓に単語を打ち込んだ際に、一緒に検索されやすいキーワードが自動的に「提案(表示)」されるものです。

 

他にも、ユーザーが実際に「単語+(スペース)」や「単語+五十音」で検索したキーワードがずらっと表示されるので、非常に便利です。

 

ちなみに、キーワードの横にあるマーク(画像の赤枠)をクリックするとページが「別タブ」で開くのですが、これも地味に便利な機能です。

 

1つ前に検索した結果ページをそのまま残しつつ、さらにキーワード検索をかけることが可能なので便利というわけです。

 

 

↑このように、過去12か月のキーワードのWeb検索トレンドも知ることができます。

 

しかし、100が上限なので、さらに詳しく調べたい場合は「キーワードプランナー」などのツールを使う必要があります。

 

 

ラッコキーワードは「キーワードプランナー」と併用して使うと真価を発揮する!

 

Googleが提供している「キーワードプランナー」などの検索ボリュームリサーチツールと併用して使うことで、さらに使い勝手が増します。

 

キーワード選定はラッコキーワードで行い、そのキーワードが実際にどのくらい検索されているのかを知るためにキーワードプランナーを利用する、という流れですね。

 

ラッコキーワードには「全キーワードコピー」という嬉しい機能があって↓

 

 

ここをクリックすれば、検索したキーワード情報を一挙に取得できます。

 

取得したキーワード群をキーワードプランナーの「検索のボリュームと予測データを確認する」に貼り付けていきましょう。

 



 

貼り付けて「開始する」をクリックすると、検索ボリュームの予測データが開くので、上部のタブを「過去の指標」に切り替えてください。

 

 

そうすることで、キーワードの「月間平均検索ボリューム」が分かります。

 

 

検索平均検索ボリュームの簡単な基準は以下の通りです。

 

  • 100~1000以下:ロングテールキーワード
  • 1000~1万以下:ミドルテールキーワード
  • 1万~10万以下:ビッグキーワード

 

キーワードプランナーは無料(Google広告の登録でOK)で使えますが、このようにかなりざっくりとした基準しか分かりません。

 

実際に広告を出してみると(=課金)、正確なキーワードボリュームを取得できるようになります。

 

なので、詳しいデータを得たい場合は、Google広告を出稿するしかありません。

 

 

【まとめ】ブログ記事執筆の前に真っ先にやる行為とは?

 

それは「ラッコキーワードを使ってキーワード選定をすること」です。

 

狙うキーワードを決めたら、Googleのキーワードプランナーを使って検索ボリュームを調べ、良いと判断したら記事を書き始めること。

 

これ、めちゃくちゃ大事な作業なので、絶対怠らないようにしましょう。

 

それでは、今回はこの辺で。

 

ありがとうございました。

 

チャオ(・∀・)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です