RSSとは?おすすめのRSSリーダー「feedly」の登録方法!

こんにちは、リュウセイです。

なんか、気になるブログをRSSに登録にすると良いって聞いたんですが、RSSって何ですか?

こんな質問に答えます。

RSSを活用することで、あなたの情報収集効率が格段に向上すること間違いなし。今回の記事で使い方を理解して、更なる飛躍を遂げていきましょう。

RSSとは?おすすめのRSSリーダー「feedly」の登録方法!

RSSとは

RSSとは「Webサイトの新着情報を配信するフォーマット」のことであり、Webサイトの更新情報などを配信するための技術です。「Really Simple Syndication」又は「Rich Site Summary」の頭文字を取ってRSSと呼ばれています。

RSSを利用したツール「RSSリーダー」を使うことで、自分のお気に入りのWebサイトの更新情報などを自動的に取得できます。要は自分好みのWebサイトをリスト化して纏められるというわけですね。

RSSリーダーが一本あれば、わざわざブックマークからお気に入り登録したWebサイトを開く手間が省けるので、情報収集の効率は上がるでしょう。

おすすめのRSSリーダー「feedly(フィードリー)」の登録方法

2013年にサービスを終了したRSSリーダー「Googleリーダー」に取って代わる形で使われ始めたのが、「feedly(フィードリー)」です。

パソコン版はもちろん、iPhoneやAndroid対応のアプリ版も配信されているので、スマートフォンでも効率良く情報収集ができます。無料登録するだけで直ぐに利用できます。

iOS(App Store)

android(Google Play)

日本語対応していないですが、記事のタイトルは配信元の言語がそのまま表示されるので心配は要りません。逆に日本語翻訳するとタイトルが変な日本語になるので、英語表記のままで問題ありません。

それでは、feedlyの登録について解説していきますね。画像では日本語訳になっていますが、お気にせず。

feedlyにアクセスして、「無料で始めましょう」から無料登録を行っていきましょう。

feedlyアカウントの新規作成か、もしくはGoogleアカウントかどちらでログインするか選択します。おすすめはGoogleアカウントでのログインですね。

ログインしたら、左にある緑ボタン「CREATE A FEED」を押して、新しいフィードを作成していきます。カテゴリーみたいなものですね。

フィード名を付けたら、「保存する」を押します。

フィードを作成したら、「コンテンツを追加する」を押します。

「あらゆるトピックに最適なソースを見つける」の欄に、あなたがRSSに登録したいWebサイトのURLを貼り付けましょう。

検索結果にWebサイトが表示されたら、「フォローする」を押して、先ほど作成したフィードを選択して「追加」を押します。

フィードにWebサイトが追加されました。画像で示している部分を選択することで、そのWebサイトのRSSにアクセスできます。

先述しましたが、日本語訳だとタイトル名の日本語がおかしくなるので、英語表記のままにしておきましょう。そうすることで、画像の通りちゃんとした表記になります。

右上のアイコンから、既読済にしたりレイアウトを変更したりできます。一番右のアイコンを押すと再読込されます。

お気に入りのサイトを登録して、ガンガン情報収集していきましょう。

それでは、以上です。
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です