【資格取得を目指す方に捧ぐ】資格に拘らなくてもよい理由【思考を解放しよう】

どうも、リュウセイです。

 

世の中にはたくさんの資格がありますよね。

 

僕が言っている資格というのは、医師免許とか、宅建士とか、なんちゃらプランナーとか、そういった資格を指しています。

 

難関資格だと合格率が10%を切ったり、勉強時間にウン千時間くらい必要だったりと、割とエグい世界です。

 

僕も過去に難関資格に挑戦したことがあるので、資格勉強の辛さは分かっているつもりです。

 

今回は、そんな僕の経験を活かしつつ、資格取得に拘る必要性について書いていきます。

 

一回じゃ書き切れないと思うので、今後も都度追記したりしていこうと考えています。

 

賛否両論ある内容だと思いますが、是非お付き合いください。

 

 

「資格が全てじゃない」という当たり前なこと

 

資格取得を目指す理由や動機は、人それぞれだと思います。

 

手に職をつけるため

昇級(昇給)のため

スキルアップのため

就職・転職活動を有利にするため

 

上記のような理由ならばいいと思うんですけど、

 

ただ、

 

親に取れと言われたから

資格を取れば人生安泰だと聞いたから

資格されあれば取り敢えず食べていけるから

 

上記に当てはまる人は、良く考えたほうがいいです。

 

「なんとなく系」で資格を取得しようとするのは、完全に時間(人生)の無駄です。

 

なぜならば、

 

その程度の安っぽい動機だと、資格取得のために高いお金を払っても途中で挫折してしまうし、

 

たとえ取れても「燃え尽き症候群」になって、『自分は結局どうしたいんだろう?』とブレてしまうからです。

 

世の中には“資格ビジネス”が蔓延っています。

 

宅建士が良い例だと思います。

 

宅建士って、何だか簡単に取れそうな感じで資格学校とかが宣伝していますが、

 

宅建士はマジで難しいですよ。

 

お手軽感出していますけど、合格率は20%以下の世界です。

 

10人受けて2人受かるかどうかの資格ですから、決して簡単な資格ではありません。

 

僕は一発で受かりましたけど、あれは学生時代で時間があったからです。

 

全然お手軽じゃないし、難しいし、挫折する人が非常に多いです。

 

お手軽と言えば、難関資格にありがちな「受験資格」がないという点では、お手軽と言えるかもしれません。

 

何が言いたいかと言うと、

 

宅建士みたいに『人気資格です!需要のある資格です!』といって宣伝するのは、

 

嘘ではないですけど、それは資格学校の完全な“資格ビジネス”だということを理解するべきです。

 

自分の中で資格を取得する超明確な理由がない限り、資格取得にかける“時間”は必ず無駄になります。

 

一貫して言いたいことは、

 

「なんとなく系」で資格取得を目指すのは大間違いだということです。

 

「なんとなく」で資格取得を目指す人が一番、資格ビジネスのカモです。

 

当たり前ですが、世の中資格が全てではありません。

 

資格が無いと食べていけないというわけでもありません。

 

僕も資格保有者として、資格自体を否定する気持ちは全くありません。

 

ただ思うことは、「なんとなく」で資格を取得しようとするくらいならば、

 

自分のスキルを身につけることにフォーカスしたほうが良いということです。

 

資格もスキルなんじゃないの?』と疑問に感じる方もいると思うので言いますが、

 

「資格=スキル」ではありません。

 

スキルはその人の「能力」ですが、資格はあくまで「資格止まり」です。

 

いくら凄い資格を持っていても、それだけで毎月お金が入ってくるわけでは、当然ありません。

 

資格を取る超明確な理由(ビジョン)があなたの中にあるのならばOKですけど、

 

もし、

 

ただなんとなく

親に取れと言われたからしぶしぶ

人気資格らしいから取り敢えず取っておけば食べていけるだろう多分

 

みたいな“薄い動機付け”だったとしたら、

 

自分のスキルを高めたり身につけたりする方向に大切な時間とお金を投資することを強くオススメします。

 

「なんとなく系」で資格取得を目指すのは辞めましょう。

 

 

資格なんて取っても無意味と言っているワケじゃないよ

 

勘違いしないでほしいことは、「資格なんて取っても無意味」と言っているわけではないということです。

 

医師や弁護士、宅建士などは資格がないと出来ない職業です。

 

他にも様々な士業がありますが、そういった方々の存在はとても大切なものです。

 

それはそれで勿論良くて、

 

問題なのは、“誰かの意見”に流されて取り敢えず資格を取ろうとする「なんとなく系」です。

 

さっきも言いましたが、それだと完全に資格ビジネスのカモにされます。

 

カモにされるのではなく、ちゃんと超明確かつブレない理由・動機を持って、資格学校に通う心構えでいましょう。

 

資格学校に通う他、独学でも構いません。

 

特に難関資格に挑戦する場合、非常に長い戦いになりますから、とにかく途中でブレないようにすることが大切です。

 

宅建士も長期の戦いになりますからね。

 

民間資格系なら難関資格に比べてそこまで難しくないと思いますが、それでも同じことです。

 

そこに費やした“時間”は、資格が取れても取れなくても「返ってこない」という事実を、しっかり受け止めましょう。

 

「なんとなく」という“薄い動機”で資格取得を目指すくらいであれば、資格取得だけに拘るのではなく、

 

自分のスキルを磨く・新しいスキルを身につけることに120%フォーカスしたほうが人生変わります。

 

資格は剥奪の恐れがありますが、一度身につけたスキルは、あなたが死なない限り永遠に残り続けます。

 

是非、良く考えて資格取得やスキル習得に挑戦していってください。

 

それでは。

 

今回もありがとうございました。

 

チャオ(・∀・)!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です