記事の公開前にログイン無しで第三者に下書きを見せられるプラグイン

今回は、とあるお仕事でお世話になったWordPressプラグイン「Public Post Preview」を紹介していく回です。

 

このプラグインは、通常は管理者としてWordPressにログインしないと中を見られない下書きの記事を、ログイン無しで第三者に見せることを可能にします

 

仕組みとしては、期間限定のリンクを発行し、それを第三者にシェアすることで中を見てもらえるというもの。

 

記事の公開前に、下書きを見せて確認させてほしい』などとクライアントに要求された時などに役立つプラグインです。

 

設定は特に不要なので、有効化するだけでOK。

 

それでは、始めていきますね。

 

 

記事の公開前にログイン無しで第三者に下書きを見せられるプラグイン

 

Public Post Previewを有効化しよう

 

WordPressメニューの「プラグイン」→「新規追加」を開き、検索窓に「Public Post Preview」と打ち込んで、「今すぐインストール」をクリックします。

 

 

続いて、「有効化」をクリック。これでセットアップは完了です。

 

 

Public Post Previewの使い方

 

先に書いたとおり、Public Post Previewは設定不要で有効化すればすぐに機能します。

 

さっそく使ってみましょう。

 

Public Post Previewで限定リンクを発行できるのは、「下書き」「予約投稿」「レビュー待ち」のいずれかのステータスになっている記事のみです。

 

残念ながら「非公開」は対象外です。

 

なので取り敢えず「下書き」状態にしておけば良いですね。

 

ステータスを「下書き」の状態にしておくと、「下書き保存」ボタンが現れるので、これをクリックします。

 

 

するとプラグイン有効化前は無かった「外部確認を許可する」の項目が新たに表示されるようになっています。こういう瞬間ワクワクしますよね。

 

 

ここのチェックボックスにチェックを入れると、プレビューURL(限定リンク)が発行されるので、後はこれを第三者と共有するだけです。

 

 

このプレビューURLは「48時間」限定なので、つまり2日を超えるとこのURLにアクセスできなくなる点に注意です。

 

期限が切れたら、「外部確認を許可する」のチェックを外して、再度チェックを入れ直してURLを再発行しましょう。

 

ちなみに、既に公開済みになっている記事に関しては、ステータスを「下書き」に戻せば大丈夫です。後のやり方は同じですので。

 

 

 

プレビューURLの期間の延長方法

 

プレビューURLの期間はデフォルトで48時間となっていますが、これを延長させることもできます。

 

下記のコードをテーマの「function.php」に記述しましょう。

 


add_filter( ‘ppp_nonce_life’, ‘my_nonce_life’ );
function my_nonce_life() {
return 60 * 60 * 24 * 5; // 5 日間(秒×分×時間×日)
}

 

上記のコードでは「5日間」に延長していますが、「60 * 60 * 24 * 5」の数値を書き換えることで任意の期間に設定できます。

 

「秒×分×時間×日」という計算式なので、カスタマイズしてみてくださいね。

 

 

まとめ

 

非公開だと管理者しか中を覗けませんし、かと言ってパスワード保護をかけたところで記事は公開されちゃうので、さぁどうしようかと思っていたところで「Public Post Preview」を見つけました。

 

本当にWordPressって色々なプラグインがありますよね。ここが強いところだと思います。

 

ご覧のとおりプラグインの設定は一切不要なので、ぜひ使ってみてくださいね。

 

それでは。
チャオ(・∀・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です