パーマリンク名やスラッグ名を日本語にしてはいけない理由

チャオ(・∀・)♪

 

あなたのパーマリンクやスラッグは、ちゃんと英文字で設定してあるでしょうか?

 

もし日本語で設定しているのであれば、ちょっと注意が必要です。

 

その理由について、今回は解説していきますね。

 

 

パーマリンク名やスラッグ名を日本語にしてはいけない理由

 

パーマリンクとは

 

パーマリンクとはドメインの後に続くURLのことで、パーマネント(permanent)とリンク(link)を組み合わせた造語です。

 

直訳すると「Permanent Link=恒久的なリンク」となります。

 

記事の編集画面ではドメインの後に続く文字列を自由に設定できますが、WordPressではそれが「パーマリンクを設定する」という扱いになっています。

 



 

後述するスラッグと違う点は、パーマリンクは「https://」「ドメイン名」を含めたURL全体を指すという点ですね。

 

スラッグとは

 

スラッグとはURLの末尾に指定できる名前です。

 

パーマリンクと違う点は、パーマリンクがURL全体を指すのに対しスラッグはURLの一部を指すという点です。

 

主にスラッグはカテゴリーやタグの編集で設定されます。

 

例えば当ブログには「Googleアドセンス」というカテゴリーがありますが、そのカテゴリーのスラッグは「google-adsense」にしています。

 






 

https://ryusei-komada.com/category/google-adsense/

 

上記URLは、「category」の階層に「google-adsense」というページが存在することを表しています。

 

スラッグは何も設定しなければ、自動的にカテゴリーの名前がそのまま反映される仕組みとなっています。

 

つまり初期設定のままにしておくと「カテゴリー名=スラッグ名」になるということですね。

 

スラッグを特に指定せず、カテゴリー名を「Googleアドセンス」に設定した場合だと

 

https://ryusei-komada.com/category/Googleアドセンス/

 

↑こうなるってことですね。

 

URLを見るととても分かりやすいように見えますが、実はこれには「とある罠」が潜んでいるのです…。

 

パーマリンク・スラッグの設定に潜む「罠」とは?

 

パーマリンクやスラッグの名前は日本語で設定してはいけません。

 

なぜいけないのか?

 

結論、「人間の目では見やすくても、機械から見ると分かりにくいため」です。

 

基本的にURLには「日本語を使わない」という常識があって、通常は「英語orローマ字」を使うのが一般的です。

 

URLに日本語を使ってしまうと、例えば↓

 

http://sample.com/%E20%21%03%E10%22%18%E3

 

みたいになってしまいますが、これを「エンコード」と呼びます。

 

早い話「日本語には対応していないので、対応する形式に書き換えて記録(エンコード)」してしまうので、基本的にコードに日本語を使うのは不適切なのです。

 

解説がてら、試しに「https://ryusei-komada.com/Googleアドセンス/」というパーマリンクで記事を作ってみました。

 



 

このページのURLは見た目上「https://ryusei-komada.com/Googleアドセンス/」となっていますが、これをコピーして貼り付けてみると…

 

https://ryusei-komada.com/google
%e3%82%a2%e3%83%89%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b9/

 

なんと、英文字ではない「アドセンス」の部分がエンコードされ、

「%e3%82%a2%e3%83%89%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b9/」という何だか良く分からない文字列になってしまいましたね。

 

整理すると、人間の目で見るのが「https://ryusei-komada.com/Googleアドセンス/」であり、機械から見ると「%e3%82%a2%e3%83%89%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b9/」になるということです。

 

さて、ここで大切なのが「機械にとっては読みづらい」という点です。

 

サイト運営における「機械」とはつまり、検索エンジン(のクローラー)ですね。

 

エンコードされたURLは文字列が長くなってしまうのですが、これが検索エンジンからの評価(SEO評価)に影響を与えてしまう可能性があります。

 

Google検索セントラル|シンプルなURL構造を維持する

 

を読むと分かりますが、Googleは「URLはなるべく短い方が良い」と言っています。

 

先ほどの「https://ryusei-komada.com/Googleアドセンス/」の例だと、「https://ryusei-komada.com/google-adsense/」と表記するのが適切です。

 

英文字であればエンコードされることはないので、検索エンジンからも『このページはGoogleアドセンスについて書いている記事のページなのだな』と読み取ってもらえます。

 

コピー&ペーストした際にエンコードされてしまうので、SNSで記事をシェアする際にも不利となってしまいますからそういった部分でもデメリットです。

 

ということなので、

 

  1. URLに日本語を指定するとエンコードされてURLが長ったらしくなる
  2. 少なくともGoogleは「URLはなるべく短い文字列にしろ」と言っている
  3. 表記上は見やすくても、どこかにURLを貼り付けた際にエンコードされてしまうので、人間からも検索エンジンからも読みづらくなる
  4. Googleはユーザビリティを大切にしているので、エンコードされたURLにはあまり良い評価を下しにくい(と言える)

 

以上のことから「URLには英文字を使いましょう」が結論になります。

 

 

まとめ

 

パーマリンクやスラッグ(そもそもURL)には日本語を使ってはいけない理由について、今回の解説で分かったでしょうか。

 

特にスラッグは何も設定しないと自動的にカテゴリー名がそのまま使われるので、カテゴリー名を英文字にしたものを設定しておくのが無難です。

 

スラッグがちゃんと英文字になっているかどうか、一度確認してみてくださいね。

 

それでは。
チャオ(・∀・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です