強力なパスワードを自動で作成してくれる超有能ツール

Amazonや楽天などのモール型ECショップ、ASP、ネットバンキング、SNS…など、ログインにあたって必要になるのが「パスワード」ですが、パスワードレベルはしっかりと「強」に設定していますか?

 

まさか、他のログインパスワードを使い回したりレベル弱のものにしたりしていませんよね!?

 

こればかりはマジで危険なので強く言いますが、

 

各サイトやサービス毎に、パスワードレベル強のものを設定しておかないと、いざって時に超痛い目に遭ってしまいます!

 

この手の話をする上でよくある『私、昔ハッカーにパスワードをハッキングされて、ウン百万の損失をしてしまったことがあります…』という経験談は、僕にはありません。

 

しかし、パスワードハッキングによる被害は時に甚大であり、冗談では済まないレベルの話にまで発展してしまうという事実があります。そういった話もネットにはたくさん転がっていますよね。

 

このご時世、いつ自分が標的にされるか分かりません。

 

特に怖いのが、ネットバンキングやAmazonなどのモール型ECショップへのハッキングです。

 

ネットバンキングはパスワード認証の他にも厳重な認証があるので(2段階認証)、パスワード自体をハッキングされたからといって内部にまで侵入されるとは限りませんが、基本「ログインID+ログインパスワード」だけのところは要注意です。

 

これに当てはまるのがAmazonや楽天などのモール型ECショップ、SNSなどです。

 

上記にも2段階認証のシステムがありますが、デフォルトではないので各自で設定しておかないと機能しません。

 

もちろん2段階認証を設定しておくことも重要ですが、まずはパスワードレベルを強にしておくことから始めてみるのがオススメです。

 

各サイト毎にパスワードレベル強のものが設定してあり、かつ2段階認証まで設定している方は最強です。

 

パスワードを使い回している方や、レベルの低いパスワードを設定している方にはもちろんですが、厳重に設定している方にも是非知ってほしい「パスワード自動生成ツール」がありまして…。

 

パスワードリテラシーが高い方はご存じかもしれませんが、「LUFTTOOLS」というサイトがオススメです。このサイトでは、

 

パスワード生成
.htpasswdファイル作成
メールアドレス暗号化
文字数カウント
IPアドレス確認
環境変数確認

 

などが行えて、どれも無料で使うことができます。

 

そして、この中にある「パスワード生成」が今回オススメしているツールになります。

 

 

使い方はとても簡単です。上にあるとおり各項目にチェックを入れて、

 

 

緑色の生成ボタンをクリックすることで、自動でパスワードが生成される仕組みとなっています。

 

このツールを使って最強のパスワードを生成し、今登録しているログインパスワードを全て書き換えてみましょう。

 

見ての通り、自動で生成されるものなので、レベル強のパスワードはもはや暗記が不可能なレベルになります。従って、どこかメモ帳かなんかに入れておき、必要な時にコピペしてログインするという動きになると思います。

 

はっきり言いますが、面倒くさいです。

 

ですが、セキュリティを高めれば高めるほど、手間が増えてしまうのは仕方がありません。

 

逆に言えば、手間がかかるからこそ、ハッカーも侵入しづらくなるということなので、セキュリティのためには我慢しましょう(笑)。

 

「パスワードレベル強+2段階認証」が理想ですが、パスワードを使い回さない&レベルの高いパスワードを使うだけでも、セキュリティレベルは格段に上がります。

 

WordPressを使っている方ならば、もちろんWordPress管理画面へのログインにもパスワードが設定してありますよね。

 

WordPressは世界シェア率が高いが故に、ハッカーに狙われやすいCMSです。だからこそ、しっかりと防御しておく必要があるのです。

 

そんな方にオススメなのが「【超簡単】WordPressをスパムから守るGoogleの神サービス」の記事です。是非一読してみてください。

 

それでは、今回はこの辺で。

 

ありがとうございました。

 

チャオ(・∀・)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です