俺はいつだってJPG形式!いつだってフルサイズで画像挿入!【それ、情弱です】

チャオ(・∀・)♪

 

画像はいつもJPG形式にしている!何ならブログに挿入する画像は全てフルサイズだ!何故かって?何となくだよ!!

 

そんなあなたには、これを贈呈します↓

 

 

結論を言うと、種類に合った最適な画像の拡張子、個々のサイトに合った最適な画像サイズってもんがあります。

 

これを知っているだけで、あなたのサイトのパフォーマンスは向上します。『俺(私)のことじゃん…』と思った方は、ぜひ読んでみてください。

 

 

俺はいつだってJPG形式!いつだってフルサイズで画像挿入!【それ、情弱です】

 

いつもJPG形式の画像を選んでいませんか?

いつもフルサイズで画像を挿入していませんか?

 

なぜそれが情弱なのかという理由を、1つ1つ解説していきます。

 

え?いつもJPG形式の画像使っているの?

 

画像の拡張子(フォーマット)には色々な種類がありますが、ブログ(サイト)で使う画像のフォーマットは主に「.JPG(.JPEG)」「.PNG」「.GIF」の3つが多いです。

 

拡張子は単なる装飾ではなく、それぞれ独自の個性を備えるれっきとした機能です。種類毎の性質をしっかり理解し、画像に合った種類の拡張子を選定することが意外と重要なんです。

 

例えば、JPG形式は「表現可能な色数が多い」という特徴を持っています。表現できる色数が多いと、複雑な色を併せ持つ色鮮やかな画像の保存に適しています。写真がその最たる例ですね。

 

PNGやGIF形式は似たような性能を備えており、JPGとは比べものにならないほど表現可能な色数が少ないです。そのため、色鮮やかな写真などの画像の保存にはめっぽう適しておらず、文字や図形などの画像に向いています。

 

色数が多い写真をPNGやGIFで保存してしまうと、限られた色数の中で元の色数を再現しようとするので、JPGに比べると画質が落ちてしまいます。

 

逆に文字や図形などの画像をJPGで保存してしまうと、文字や図形の輪郭が“ジャギって”しまい、汚らしい画像が出来上がってしまうのです。

 

こんな感じで、拡張子にはそれぞれの得意・不得意があります。それを適切に理解して、画像に合った拡張子で保存することは、あなたのサイトパフォーマンスが向上することにも繋がります。

 

画像の拡張子について詳しくはブログで使う画像の画質が悪い原因【画像フォーマットの性質を理解すれば解決!】で解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

マジ?毎回フルサイズで画像を入れているの?

 

画像に合った最適な拡張子を扱うことができてても、その画像をフルサイズでブログに挿入していたのでは、まだまだ情弱だと言わざるを得ないでしょう。油断は禁物です。

 

ここで言う「フルサイズ」とは、「自分のブログの記事幅以上のサイズ」のことを指しています。実は個々のブログに適した画像サイズがあることをご存じですか?

 

このことを知らないと、無駄に大きいファイルサイズの画像を使うハメになってしまい、そのせいでサイトの表示速度が遅くなって利便性が一気に低下してしまう恐れがあります。画像って結構重たいんですよね。

 

まずは、自分のブログの記事幅はいくつなのか?を知ることが大事です。それがイコール、最適な画像サイズを把握することになってきますので。

 

詳しくは自分のブログに適したサイズで画像を挿入するべき理由で解説しました。参考になれば幸いです。

 

 

【まとめ】当然の如く筆者も情弱でした

 

「情弱」なんて強いワードを使っていますが、今回解説した拡張子や画像サイズに関しては、最近まで筆者も知りませんでした。ほぼ完全と言っていいレベルで無知でした。

 

これまで結構画像を使ってきたので、仮に全てリライトすれば大分サイトの負担が軽くなるかもしれないし、大して変わらないかもしれません。多分、後者の方の気がします。

 

でも、微々たる差だと言っても、チリツモは案外バカにならないよって所で今回は以上とします。

 

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

チャオ(・∀・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です