みんなの銀行で口座開設をした方がいい理由【国内初のデジタル銀行】

みんなの銀行って正直どうなの?怪しい?

こんにちは、リュウセイです。

2021年8月にサービスを開始した、国内初のデジタル銀行「みんなの銀行」。

最近よく耳にするけど、正直どうなの?と思っている人も多いはず。

結論、今すぐみんなの銀行で口座を開設するべきですよ。

みんなの銀行について情報をまとめたので、ぜひご一読ください。

今すぐ口座開設の手順を知りたい人は、コチラをどうぞ。

「みんなの銀行」のポイント
  • スマホアプリで完結するデジタル銀行
  • 実店舗を持たない
  • みんなの銀行は怪しくない
  • カードレス・通帳レスの新しい銀行
  • 対応ATMはセブン銀行
  • 友達紹介で1,000円が貰える(上限30万)

みんなの銀行とは

みんなの銀行アプリでお金も自分色に
紹介コード「TeUvthSJ」を口座開設時に
入力すると現金1,000円貰える!

まずは、みんなの銀行についての基本情報から。

  • スマホアプリだけで完結する国内初のデジタル銀行
  • ふくおか銀行フィナンシャルグループの子会社が運営
  • 口座を開設すると1,000円が貰える
  • 安心のセキュリティ体制
  • 有料会員がある

スマホアプリだけで完結する国内初のデジタル銀行

みんなの銀行の最大の特徴は、「アプリだけで全ての取引が完結する」点にあります。

具体的には、

  • 振込
  • 入出金
  • 仕分け
  • 支払い
  • 取引明細

上記の全てがアプリの操作で行えます。

そして、キャッシュレス・カードレス・通帳レス。

アプリの中にデビットカードが入るので、カードを持ち歩く必要はありません。

通帳も発行されないため、「めっちゃ身軽な銀行」ですね。

カードの紛失リスクや、通帳への記帳など、煩わしい手間が一切かからない

ふくおか銀行フィナンシャルグループの子会社が運営

みんなの銀行を運営するのは、福岡に本社を持つ「株式会社みんなの銀行」です。

福岡銀行・熊本銀行・十八親和銀行を傘下に持つ株式会社ふくおかフィナンシャルグループの子会社なので、全く怪しい会社ではないですね。

以下、みんなの銀行の会社概要です。

商号株式会社みんなの銀行
設立年月2019年8月15日
所在地福岡市中央区西中洲6番27号
代表番号092-791-9231
代表者取締役頭取 横田浩二
取締役副頭取 永吉健一
資本金165億円(資本剰余金含む)
株主株式会社ふくおかフィナンシャルグループ(100%子会社)
引用:会社概要|みんなの銀行

地方銀行がバックについているから安心

口座を開設すると1,000円が貰える

みんなの銀行には「友達紹介」の制度があり、初回ログイン時に紹介コードを入力することで、1人1,000円が貰えます。

紹介した方・紹介された方の両方に1,000円がプレゼントされるので、お得ですよね。

そして当キャンペーンの報酬上限は、「一人当たり30万円まで」。

つまり、300人まで紹介できるということですね。

友達紹介だけで最大30万円稼げるって、凄くないですか?

とは言え、300人に声をかけるのは現実的ではないと思うので、YouTubeやSNSなどで呼びかけるのが良いですね。

発信できる媒体がある人なら、「30万円稼げる副業」になりますよ!

参照:お友だち紹介プログラム|みんなの銀行

よくあるキャンペーンだが、MAX300人(=30万円)まで招待できるのがスゴイ。

安心のセキュリティ体制

みんなの銀行のセキュリティは、以下の7つの要素により、ガッチガチに強固です。

取引端末の限定振込・出金などの取引ができるのは、登録したスマートフォン1台なので、なりすまし等は不可。
二要素認証端末認証やSNS認証などの「所有認証」、パスワードや暗証番号などの「記憶認証」、指紋や顔などの「生体認証」の認証要素を組み合わせて、不正利用を防止。
不正アクセス防止ログインパスワードや暗証番号などの認証は、一定の回数以上が誤って入力されるとロックがかかる。
メール通知口座への入出金やお客さま情報の変更があった場合、取引や手続き内容がメールで通知される。
通信の暗号化通信データを暗号化する「SSL/TLS」により、第三者への情報漏洩を防止。
情報の保護アプリで入力された個人情報はアプリ上で保存されず、暗号化された安全な場所に保管される。
サイバーセキュリティ監視体制死活監視によってサーバーへの不正侵入を未然に防ぐシステムになっている。

また、アプリを開くたびに生体認証が起動するので、仮にスマホを奪われてもアプリにログインされる心配はありません。

アプリの動作も全体的に軽く、使い勝手も良好ですよ。

参照:安心のセキュリティ|みんなの銀行(スマホ銀行)

生体認証機能はOFFにも設定できる。

有料会員がある

みんなの銀行には、「一般会員」と「プレミアム会員」の2種類の会員制度があります。

それぞれの内容については、以下の通り。

一般会員プレミアム会員
サービス利用料0円月額600円
他行振込手数料200円/回月10回まで無料
その後は200円/回
ATM出金手数料110円/回月15回まで無料
その後は110円/回
デビットカード
キャッシュバック率
0.2%1.0%
レコード一括更新
カバー
貯蓄預金金利0.10%​(税引後0.079%)0.30%(税引後0.239%)​

表を見て分かる通り、目玉は「手数料が一定回数まで無料」ですね。

プレミアム会員へのアップグレードから6ヶ月間は「無料」で利用でき、解約はいつでもOK。

また、「カバー」という立替サービスも利用できます。

振込や出金の頻度が多いなら、プレミアム会員に入会した方がお得になりますね。

参照:プレミアムサービス (Premium)|みんなの銀行(スマホ銀行)

一般会員でも、アプリ内に広告が表示されることはない。

みんなの銀行で口座開設をした方がいい理由

みんなの銀行の口座開設
紹介コード「TeUvthSJ」を口座開設時に
入力すると現金1,000円貰える!

今すぐみんなの銀行で口座開設することをおすすめします。

なぜなら、

  • カードレス・通帳レスなので、持ち物の負担を増やさずに口座を開設できる
  • 支払いから果ては振込みまで全てアプリで完結するので、単純に便利すぎる
  • ずっと無料会員のままでもOKなのでデメリット無し
  • 友達紹介で1,000円が貰えるし、MAX30万円まで稼げるチャンスがある

主に上記の理由があるから。

順番に見ていきましょう。

アプリ一つで口座開設できる身軽さ

みんなの銀行は、口座開設に伴ってカードや通帳が発行されません。

通帳レスのネットバンクでさえ、キャッシュカードが発行されますからね。

「とりあえず口座作っとくか」くらいの軽いノリで口座開設できますよ。

口座開設の手続きも全てアプリで完結するので、「銀行の口座開設はめんどくさい」の常識を覆しています。

みんなの銀行をメインバンクにすれば、財布を持たない生活ができる。

アプリだけで取引が完結する便利さ

みんなの銀行は、デビットカードを「Apple Pay」もしくは「Google Pay」に登録することで、簡単にタッチ決済ができます。

そして先述しましたが、振込やATMの入出金の操作も全てアプリ完結。

「スマホの中に銀行を持っている」という感覚なので、これは斬新ですね。

PayPayみたいな使用感。

一般会員ならずっと利用料タダ

「登録から〇〇ヶ月経ったら有料になる」ということもなく、ずっと一般会員のまま無料で使い続けることが可能です。

みんなの銀行における唯一の課金制度は、月額600円のプレミアム会員制度のみ。

なので繰り返しですが、「とりあえず口座作っとくか」くらいの軽いノリでOKですね。

紹介コードを入力すれば1,000円が自動で口座に入金されるので、口座を作らない理由は無いはず。

一般会員でも、アプリ内の広告は一切なし。

紹介制度により副業ができる

一つのアカウントにつき発行される「紹介コード」で口座を開設してもらう毎に、双方に1,000円が入ります。

そして、報酬の上限は「30万円(=300人)」まで。

「紹介制度」と聞くとマルチ商法を連想するかもですが、もちろんそんな怪しいものではありません。

この手の紹介制度は、まだまだ認知度が低いサービスでよく使われる手ですね。

そんじょそこらのクソみたいなマルチとは違って、みんなの銀行はちゃんとしたサービスですよ。

紹介制度で得た収入は「一時所得」なので、必要経費を差し引いた額が50万円以下なら確定申告の必要なし。

みんなの銀行が提供するサービス6つを紹介

みんなの銀行のサービス6つ
紹介コード「TeUvthSJ」を口座開設時に
入力すると現金1,000円貰える!

みんなの銀行には、以下の6つのサービスがあります。

  • Wallet(普通預金)
  • Box(貯蓄預金)
  • DebitCard(デビットカード)
  • Record(レコード)
  • Cover(カバー)
  • Loan(ローン)

順番に紹介していきますね。

①Wallet(普通預金)

ブロックチェーンでお馴染みのWeb3.0では、デジタル財布のことを「Wallet(ウォレット)」と呼びますが、みんなの銀行では普通預金をウォレットと呼んでいます。

このウォレットにお金を入れて、アプリ内に付属されたデビットカードで支払いや振込などを行うのが、みんなの銀行流。

利用した分はすぐにウォレットに反映されるので、管理がしやすいですね。

ATMからの入出金や他銀行への振込は、「Banking→Wallet」の項目からできます。

対応しているATMは「セブン銀行」。

ATMでの入出金のやり方は、下記の動画をどうぞ。

参照:ウォレット(普通預金)|みんなの銀行(スマホ銀行)

セブンイレブンは2022年1月時点で全国に「21,031店舗」あり、チェーンで最も多い。

②Box(貯蓄預金)

貯蓄預金の中に「ボックス(仮想口座)」を作成し、簡単にお金の仕分けができるようになっています。

このボックスによって、「支払い用の口座」や「貯蓄用の口座」などをイチイチ開設しなくても大丈夫。

ボックスは最大で20個まで作れるので、つまり種類別の口座を20個まで持てるということですね。

ボックス間のお金の移動は、ドラッグ&ドロップの直感操作で移動が可能。

また「スケジュール機能」を使って、予定した日時にボックス間のお金の移動を自動で行うこともできます。

参照:ウォレット(普通預金)|みんなの銀行(スマホ銀行)

一つのフォルダの中に、個別のフォルダを作成するようなイメージ。

③DebitCard(デビットカード)

みんなの銀行におけるデビットカードは、別途申込み不要で、口座開設と同時にアプリ内に自動生成されます。

ブランドは「JCB」。

カード番号を使ってJCB加盟店で使用するほか、カードをApple PayやGoogle Payに登録すればタッチ決済もできるようになります。

もちろんデビットカードなので、使った分は即時に口座から引き落とし。

またデビットカードで支払いを行うと、利用金額の「0.2%」、プレミアム会員だと「1%」がキャッシュバックされます。

参照:デビットカード|みんなの銀行(スマホ銀行)

JCBのシェア率は国内ではVISAに次いで二番目であり、オーストラリア・ニュージーランド・カナダでも使用可能。

④Record(レコード)

レコードは、日々の取引明細を振り返ることができる機能です。

面白いのが、SNSでお馴染みの「ハッシュタグ#」を付けて明細の管理ができること。

例えば、「#ランチ」を付けた明細を振り返りたいと思った時、#ランチで検索すればすぐに明細を見つけられます。

このレコードは、みんなの銀行デビットカードだけでなく、提携した他銀行の口座やクレジットカードの利用分も振り返り可能。

つまり簡易版の家計簿アプリが内蔵されているようなものですね。

参照:レコード|みんなの銀行(スマホ銀行)

家計簿アプリも併用するならZaimがおすすめ。

⑤Cover(カバー)

カバーは、支払い時に口座残高が不足していても、「最大5万円」まで自動で立て替えてくれる機能です。

例えば、ウォレット残高が1,000円しかない時に、5,000円の支払いをすると不足分の4,000円をカバーしてくれます。

カバーを利用するには、月額600円のプレミアム会員に加入する必要あり。

カードローンとは異なるので利息なし、カバーした分はウォレットに入金された時点で自動返済されます。

参照:カバー|みんなの銀行(スマホ銀行)

利息がないと言えども、使い過ぎには注意。

⑥Loan(ローン)

年金利「1.5%〜14.5%」、限度額「1,000万円」まで借入れができます。

ローンの申し込みに必要なのは、年収と本人確認書類(口座開設から変更がある場合のみ)の2つだけ。

ここで借りたお金は、みんなの銀行アプリのみで利用ができます。

返済方法は、預金のウォレットからローンのウォレットへドラッグ&ドロップするだけでOK。

手動による返済がない場合、毎月末日に返済用ウォレットから自動引き落としがされる仕組みなっています。

参照:ローン(カードなしのカードローン)|みんなの銀行(スマホ銀行)

50万円より多い借入れには「収入証明書」が必要。

みんなの銀行で口座開設する方法

みんなの銀行の口座開設のステップ
紹介コード「TeUvthSJ」を口座開設時に
入力すると現金1,000円貰える!

続いては、みんなの銀行で口座開設する方法について書きます。

全てアプリからの操作で完了するので、サクッと作ってしまいましょう。

口座開設の手順

手順は以下の通り。

STEP

みんなの銀行アプリをダウンロード

STEP

個人情報の入力

STEP

口座開設が完了

たったこれだけ。

登録したメールアドレスは口座のIDとして利用されるため、「口座を作れるのはメールアドレスにつき1つまで」です。

書類の郵送は一切不要なので、15分程度の時間があれば口座開設ができますね。

参照:銀行口座開設|みんなの銀行(スマホ銀行)

必要書類

口座開設に必要な書類は、以下から「1点」だけ。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 住民基本台帳カード(写真付き・官公庁から発行された書類)

口座の開設は、「日本国籍かつ国内在住の満15才以上の個人」であれば可能です。

その他の不明な点は、公式Q&Aからどうぞ。

本人確認書類の提出は、アプリ上から「ビデオ通話機能」を使って提出するので、詳しくは下記の動画を観てください。

【まとめ】口座を開設するだけで1,000円が貰えるチャンス!

口座開設時に初回特典コード利用で現金1,000円
紹介コード「TeUvthSJ」を口座開設時に
入力すると現金1,000円貰える!
「みんなの銀行」のポイント
  • アプリの操作で全て完結するデジタル銀行
  • 口座開設の手続きも全てアプリ上で完結
  • キャッシュレス・カードレス・通帳レスで必要なのはスマホだけ
  • プレミアム会員になれば手数料無料&立て替えサービス利用可能
  • 最大1,000万まで借入れ可能
  • 友達紹介で双方に1,000円をプレゼント、上限300人まで招待可能(限度30万円)

結論:「とりあえず口座作っとくか」くらいの軽いノリで口座開設できる新時代の銀行

口座を作るデメリットが一切ないのに、無料で1,000円が貰えてしまう「超お得な銀行」です。

みんなの銀行のサービスが浸透していけば、友達紹介の制度が廃止になる可能性もあるので、今のうちに口座を作っておきましょう!

1,000円を貰う手順は、以下の通り。

STEP

みんなの銀行アプリをダウンロード

STEP

「新規口座開設」をタップ

STEP

個人情報を入力

STEP

本人確認書類をビデオ通話で送信

STEP

初回ログイン時にコード入力画面が表示される

STEP

紹介コード「TeUvthSJ」を入力

紹介コードを入力した日の最短翌日に、紹介する人・紹介された人の貯蓄預金(Saving)に1,000円が入金されます。

MAXで300人(=30万円分)まで招待できるので、友達の数に自信のある人は、ぜひ上限値まで頑張ってみてください!

紹介コードを入力できるチャンスは1回だけです!初回ログイン時に忘れずにご入力ください!

ここまで読んでくれて嬉しいです。
今日もありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です