ブログで画像を使う時に気を付けたい著作権について解説【正しい引用】

どうも、リュウセイです!

 

  • ブログで画像を使いたいのだけど、ネットから拾ってきた画像をそのまま使うのはOK?著作権とかはどうしたら良い?

 

こんな疑問を持ったことはあるのでしょうか?

 

個人的には、一度くらいは疑問に持つべき議題だと思いますが(^^;)

 

ブログで画像を使う時、自分で作った画像やデザインなら問題無しですが、他サイトで使われている画像や検索エンジンの画像検索でヒットした画像を使いたい時はどうすれば良いのでしょうか。

 

そこん所について、解説していきます(・∀・)!

 

 

著作権とは?

 

まずは著作権の定義から見ていきましょう。

 

以下は、文化庁に書いてあることです↓

 

著作権法で保護の対象となる著作物であるためには,以下の事項をすべて満たすものである必要があります。

(1)「思想又は感情」を表現したものであること

→ 単なるデータが除かれます。

(2)思想又は感情を「表現したもの」であること

→ アイデア等が除かれます。

(3)思想又は感情を「創作的」に表現したものであること

→ 他人の作品の単なる模倣が除かれます。

(4)「文芸,学術,美術又は音楽の範囲」に属するものであること

→ 工業製品等が除かれます。

 具体的には,小説,音楽,美術,映画,コンピュータプログラム等が,著作権法上,著作物の例示として挙げられています。
その他,編集物で素材の選択又は配列によって創作性を有するものは,編集著作物として保護されます。新聞,雑誌,百科事典等がこれに該当します。

出典元:著作権について|文化庁

 

纏めると、著作権とは作成者に権利が宿るものだと言えます。

 

つまり、あなたが作った画像とかデザインは煮るなり焼くなりしても自由ですが、「あなた以外の人が作ったもの」には注意が必要だと言うことですね。

 

「あなた以外の人が作ったもの」なので、他人のブログ記事や音楽の歌詞なども全て「著作権」に該当します。

 

また、SNSなどのサービスに無許可でデータを公開することもNGとなっています。

 

「NO MORE 著作権侵害」です。

 

 

著作権を侵害するとどうなるのか?

 

シ刑…にはなりませんが、著作権を侵害すると、著作権者から「侵害の停止」「損害賠償」「不当利得の返還」等が請求される恐れがあります。

 

また、故意に権利侵害した場合は、10年以下の懲役または1,000万円以下の罰金が、法人の場合は3億円以下の罰金が科せられることもあります。

 

著作権者からの訴えがない限り問題にはならないことになっていますが、万が一訴えられた場合、あなたの信用を損なうことにもなるので注意しましょう。

 

 

ブログで画像を使う時の注意点

 

次は、ブログで画像を使う時における著作権を侵害しないための対策について解説していきます。

 

オリジナルの画像を使う

 

結論、著作権の観点から言えば100%自分で作ったものを使うのが一番で、これに勝る対策はありません。

 

  • Photoshopなどの編集ソフトで作った画像を使う
  • 自分で描いた絵の画像を使う
  • 自分で撮影した写真を使う

 

など、オリジナルのものを使用すれば著作権侵害の恐れは全くありません。

 

ただし写真に限っては、写真に「自分以外の人」が移っている場合、肖像権が発生するのでそこん所には注意を払いましょう。

 

著作権フリーの画像を使う

 

著作権フリーの画像をダウンロードできるサイトがあるので、そういったところから画像をダウンロードして使う手もあります。

 

掲載元に許可を取る

 

他サイトに掲載されている画像などを使用したい場合は、必ず掲載元に問い合わせて使用許可を得るようにしてください。

 

その時に必要になるのが、

 

  • どのような趣旨でこの画像を使うのか?
  • どのような目的でこの画像を使うのか?

 

など、あなたがその画像を使う理由と目的です。

 

必ず使用許可を取りましょう。

 

 

勝手に画像を無断使用したらバレるのか?

 

著作権は、著作権者が訴えなければ著作権の侵害にはなりません。

 

しかし、言い方を変えれば、著作権者からすればいつでもあなたを訴える準備が出来ているということ。

 

それは非常に怖いですよね…。

 

なので、著作権を無視して無断で画像を使っている場合はバレるのか?というと、

 

著作権者の気分次第ということになります。

 

実は、自分の画像が無断で使用されているかどうかを一発で確認する方法があります。

 

それは「Google画像検索」を使って調べる方法です。

 

ここに画像をドラッグ&ドロップすれば、検索した画像が使われているWebサイトが検索結果に上がってきます。

 

このサービスを利用すれば一発でバレるので、『著作権者から訴えられなければ大丈夫』と高を括るのは止めておきましょう。

 

 

正しい引用の仕方を知ろう

 

ここまで著作権侵害の対策法や注意点などを解説してきましたが、引用という技を使えば著作権を侵害することなく著作物を扱うことが出来ます。

 

引用をすれば、掲載元に使用許可を取る必要はありません。

 

ただし、パブリシティ権(肖像権)には気を付けましょう。

 

パブリシティ権には気を付けよう

 

芸能人やスポーツ選手が移った写真を使用する時に気を付けなければならないのがパブリシティ権というものです。

 

パブリシティ権に関しては、正しい引用をしたとしても、「アクセスアップ目的に広告画像として使った」と見なされてしまうので注意しましょう。

 

影響力や知名度のある人物を使うのは控えておいた方が無難です。

 

正しい画像・テキスト引用の仕方

 

引用について、文化庁は以下の通りに定めています。

 

注5)引用における注意事項

 他人の著作物を自分の著作物の中に取り込む場合,すなわち引用を行う場合,一般的には,以下の事項に注意しなければなりません。

  • (1)他人の著作物を引用する必然性があること。
  • (2)かぎ括弧をつけるなど,自分の著作物と引用部分とが区別されていること。
  • (3)自分の著作物と引用する著作物との主従関係が明確であること(自分の著作物が主体)。
  • (4)出所の明示がなされていること。(第48条)
    (参照:最判昭和55年3月28日 「パロディー事件」)

出典元:文化庁|著作物が自由に使える場合(注5)引用における注意事項

 

纏めると、

 

  1. 引用符を利用する必要性がある
  2. どの部分を引用しているかを明示する
  3. 引用ばかりのコンテンツではなく引用はあくまで補足程度にあること
  4. サイト名やURLなど、どこから引用してきたかを明示する

 

以上の4つのポイントを全て満たしていないと引用したと見なされません。

 

また、画像については直リンク(引用元のサイトの画像URLを貼り付けること)を貼るのは止めておきましょう。

 

直リンクすると、引用元のサーバーに負担がかかってしまうので、ダウンロードして使用するようにしましょう(右クリックで「名前を付けて画像を保存する」で保存する)。

 

引用するときの書き方

 

実は、この記事の中でも引用を使っています。

 

どこかと言うと、文化庁からの引用の部分ですね。

 

それを参考にしていただければ大丈夫で、書き方としては出典元:○○(リンクを貼り付け)でOKです。

 

また、○○より引用という書き方でもOKです。

 

引用するにあたって必ず守る必要があるのが、

 

  1. 引用符をつけること
  2. リンクをつけること
  3. 引用元を明示すること

 

この3つです。

 

WordPressの場合は、コマンドの「❛❛」を使うことで引用表示出来ます(こんな感じに)。

 

 

まとめ

 

合い言葉はNO MORE 著作権侵害です!

 

著作権を侵害しないためにも、正しい引用を行うように努めましょう。

 

ブログにプライバシーポリシーを設置してあるのに著作権を侵害していては笑えませんからね。

 

是非とも、健全なブログ運営を!

 

それでは、今回はこの辺で。

 

ありがとうございました。

 

チャオ(・∀・)!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です