サイト内検索ページを検索エンジンにインデックスさせない方法

チャオ(・∀・)♪

 

今回は、SEOにも関わる「サイト内検索ページをインデックスさせない方法」について書きます。

 

なぜインデックスさせないかと言えば、「コンテンツとしての価値がないページだから」ですね。

 

特にサイト内検索なんてものは、一度サイトに訪れた読者がやる行為であって、検索エンジンから行う行為ではありません。なので、検索エンジンにインデックス(検索結果に表示)させても意味が無く、おまけに検索エンジンからの評価を落としてしまう可能性もあります。

 

インデックスさせない方法は簡単なので、解説していきますね。今回は、Google検索エンジンを対象とします。

 

 

サイト内検索を検索エンジンにインデックスさせない方法

 

サイト内検索は大抵の場合、虫眼鏡のアイコン表示になっているかと思います。ここを右クリックしてリンクをコピーしましょう。

 


 

Search Consoleを開き、上にある検索窓に先ほどコピーしたサイト内検索ページのリンクを貼り付けて、検索をしましょう。

 

 

URLの分析が終わり、「URLがGoogleに登録されていません」という結果が出たらOKです。

 

 

もし「登録されています」と出た場合、noindexを指定して登録を外す必要があります。ページにnoindexを指定するには、All in One SEOというプラグインを使うと簡単に出来るのでおすすめです。

 

 

 

「検索の外観」から「アーカイブ」を選択し、「Search Page」の「検索結果に表示」を「いいえ」に変えて、「変更を保存」をクリックしましょう。

 


 

これでサイト内検索ページにnoindexを指定できます。お疲れ様でした。

 

 

まとめ

 

サイト内検索と同じように、「検索結果に表示させる必要の無いページ」にはnoindexを付けておくのが無難です。お問い合わせページやプライバシーポリシーなどがその最たる例ですね。

 

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

チャオ(・∀・)

 

PS.
記事が参考になったら、ぜひRSS登録お願いします!毎日更新しているので、RSSとの相性バツグンですよ(・∀・)♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です