【MultCloud】複数のクラウドストレージサービスを総合管理できるwebアプリケーション

こんにちは、リュウセイです。

「MultCloud」というwebアプリケーションのレビューをご依頼いただきました。

依頼メールをいただいてから早速使ってみたのですが、凄く便利だなと実感。複数のクラウドストレージサービスを総合管理できるので、GoogleドライブやDropboxなどにいちいちログインする面倒くささを解消できます。

特にストレージサービスのアカウントをたくさん持っている人ほど真価を発揮するアプリですね。日本語にもしっかり対応しているのでご安心ください。

それでは早速、「MultCloud」の使い方や有料プランについてご紹介していきます。

【MultCloud】複数のクラウドストレージサービスを総合管理できるwebアプリケーション

MultCloudはどこの会社のサービス?

MultCloudは、シンガポール共和国に拠点を置いて世界展開しているサービスです。親会社は中国ですが、公式によると世界中の100万ユーザー以上のユーザーに使われている信頼のあるサービスだそうです。

私たち&MultCloudについて

後述しますが、現状で最もセキュリティの高い暗号化アルゴリズムを採用しているので、情報漏洩の危険性が低いです。安心して使っても大丈夫ですね。

MultCloudで出来ること

簡単に言うと、MultCloudにログインするだけで、GoogleドライブやDropboxなどのクラウドストレージサービスに纏めてアクセスできるようになります。

通常なら、Googleドライブを使いたいならGoogleアカウントに、Dropboxを使いたいならDropboxにそれぞれログインする必要がありますよね。しかしMultCloudを使えば、MultCloudを介してそれらのサービスに同時にログインできるのです。

ここで問題なのが「MultCloudは何種類のクラウドストレージサービスをサポートしているのか?」ですよね。

この記事を執筆している2022年5月時点では、個人クラウドで「28個」、ビジネスクラウドで「5個」をサポートしている状況です。つまり全部で「33個」ですね。

この33個の中には、

  • Google Drive
  • OneDrive
  • Dropbox
  • Google Photos
  • Evernote
  • Amazon S3

など上記のメジャーなサービスにもしっかり対応しています。

クラウドストレージサービスの対応状況
MultCloud一本で複数のクラウドストレージサービスにアクセスできるということだけど、MultCloudに情報を抜かれたりしない?セキュリティは大丈夫?

MultCloudは「AES 256bit」という現状で最強の対称鍵暗号方式を採用しているので、セキュリティ体制は万全です。また「OAuth(オーオース)認証」というユーザー認証により、MultCloudにログインするだけで他のサービスにも同時ログインできるようになっています。

MultCloudの使い方

MultCloudの使い方は簡単ですよ。まずはMultCloudにアクセスしましょう。

アクセスしたら「今すぐ登録」をクリックして、必要事項を入力してアカウントを新規作成します。

MultCloudの新規アカウント登録手順1
MultCloudの新規アカウント登録手順2

アカウントを新規作成してMultCloudにログインしたら、「クラウドを追加」からMultCloudと連携させたいクラウドサービスを選択してログインしましょう。

クラウドの追加方法
アカウントへのログイン1
アカウントへのログイン2

ログインすると「マイクラウド」に追加されます。

アカウントの追加完了

さて、次はアカウント間のファイル移動(コピー)のやり方について解説しますね。

先ほどと同様に、連携させたいクラウドサービスを選択してログインして、マイクラウドにアカウントを追加していきましょう。

さらにアカウントの追加

ファイルの横のチェックボックスにチェックを入れると上部にメニューが出てきます。ファイルを別のクラウドへコピーしてみたいので、「コピー先」をクリックします。

別のクラウドへファイルをコピー1

ダイアルボックスが現れるので、コピー先のクラウドをクリックして右下の「はい」をクリックすればコピーは完了です。

別のクラウドへファイルをコピー2

クラウドにあるファイル全てを別のクラウドにコピーさせたい場合は、「クラウド転送」から出来ます。

クラウド間の完全なファイル移行1

配送元と配送先のクラウドを設定して、右下の「今すぐ転送」をクリックすれば完了です。

クラウド間の完全なファイル移行2
クラウド間の完全なファイル移行3

他にも機能がありますが、基本的な使い方はこんな所です。気になれば、実際に触ってみてください。

MultCloudの有料プランについて

最後にMultCloudの有料プランについてざっと載せておきます。無料プランでは月に「5GBまで」の転送量となっていますが、有料プランでは最大で「無制限」となります。

MultCloudの有料プラン1
MultCloudの有料プラン2
MultCloudの有料プラン3

単純に転送量の上限解放だけでなく、付加価値として8つの機能が追加されるので使い勝手が良くなりますね。MuitColudはクラウドサービスを多く持っている人ほど真価を発揮すると思うので、ぜひ使ってみてください。

それでは、以上です。
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です