自分の描いたイラストを数量限定で販売できるサービス「elu」の紹介

今回は、最近サービスを開始した「elu」をご紹介する回です。

 

eluとは、自分で描いたイラストを数量限定で販売できるWebサービスです。

 

僕は絵を描いていないので利用したことはないですが、良さげなサービスだと思うのでご紹介します。

 

 

自分の描いたイラストを数量限定で販売できるサービス「elu」の紹介

 


elu

 

当サービスを開発されたのは、アル開発室の「けんすう」という方です。「プロセス・エコノミー」という言葉で有名な方ですね。

 

アル開発室|けんすう

 

販売価格は500円~50,000円から選択です。

 

おまけに不正ダウンロード防止でフィルターがかけられるので、安心して販売ができますね。

 

 

利用方法は簡単。

 

  1. Twitterログインしてアカウント作成
  2. プロフィールを設定
  3. 商品を出品

 

たったこれだけ。

 

 

気になる販売手数料は「6.8%」で、プラス振込手数料がかかります。

 

僕が仕入れた情報によると、「手数料を安くし過ぎた結果、死にかけている」とのこと。

 

今後上げられる可能性はあるので、「今すぐ始めた方がお得!」とは言えませんが、新サービスなので「始めるなら今がチャンス」ですね。

 

さらに、月額固定費は無料です。神かな?

 

 

今まで趣味で描いていたイラストが、もしかしたらお金に換えられるかも?

 

これをキッカケに、売れっ子になるかも?

 

色々と注目な新サービスですね。

 

「こういうサービスがあることを知ったもん勝ち」なので、ぜひぜひ登録してみてはいかがでしょうか。

 

 

それでは。
チャオ(・∀・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です