HTMLとCSSはプログラミング言語ではありません【じゃあ何?】

HTMLとCSSってプログラミング言語ですよね?

 

残念、違います。

 

じゃあ何なのか?

 

『プログラミング学習の手始めに、HTMLとCSSから始めまーす♪』と恥ずかしいこと言ってしまう前に、ぜひ読んでみてください。

 

 

HTMLとCSSはプログラミング言語ではありません【じゃあ何?】

【答え】HTMLはマークアップ言語

 

HTMLとは「Hyper・Text・Markup・Language(ハイパー・テキスト・マークアップ・ランゲージ)」の略なのですが、ここに答えが書いてあります。“Markup(マークアップ)”とね。

 

マークアップとは、簡単に言うと「印」を付けることです。

 

HTMLで言う印とは、タグです。

 

プログラミングによって構成されたキャンバスの上に、HTMLを使ってタグ付けをすることで文章を構成していく…というイメージです。

 

お察しの通り、今僕がここで書いている文章も全てHTMLで書かれています。

 

プログラミング言語によって作られたWordPressというキャンバスに、HTMLで文章を書いているということですね。

 

つまり、「HTML自体はプログラミング言語ではなく、プログラミング言語によって書かれたキャンバス(というイメージ)の上で文章を書くためのマークアップ言語である」ということなのです。

 

【答え】CSSはスタイルシート言語

 

CSSとは「Cascading・Style・Sheets(カスケーティング・スタイル・シート)」の略なのですが、読んで分かる通り「programming(プログラミング)」という文字がどこにも見当たりませんよね。

 

つまり、CSSはプログラミング言語ではないということです。じゃあ何なのかと言うと、「スタイルシート言語」です。

 

CSSの役割としては、HTMLで書かれた文章を「装飾(スタイルを整える)」することです。

 

キャンバスの上でグチャグチャに書かれたHTMLを、「ちゃんと見やすいように」形を整えて色々装飾を加えるのがCSSなんですね。

 

要は、CSSはHTMLのために存在する言語ということです。

 

 

プログラミングとは?

 

プログラミングとは、プログラムを作成する一連の作業を指します。

 

  1. 設計
  2. 言語の記述
  3. 動作テスト
  4. バグの修正

 

など、完成品として納品できるまで作り上げていく作業全てが「プログラミング」なのです。

 

プログラミング用語で「コーディング」というものがありますが、これはコードを書く作業を指します。上に書いた「言語の記述」の工程がそれに当てはまります。

 

JavascriptやC言語は立派なプログラミング言語ですが、HTMLではなくこれらを使ってコーディングする場合は「プログラミング」と読んでも差し支えないです。

 

HTMLはただ文章を書くためのもので、CSSはHTMLを装飾するためのものなので、HTMLでコーディングする際はプログラミングではない…ということになります。

 

多くの場合ではHTMLでコーディングされるので、分かりやすいように「HTMLコーディング」と読んで区分けされています。

 

 

まとめ

 

HTMLは他のプログラミング言語があって初めて成り立つものです。キャンバスがないと絵が描けないというイメージですね。

 

そして、HTMLで書かれた文章は乱雑なので、それを綺麗に整えてあげるのがCSSの天命です。

 

これだけ覚えておけば、『HTMLとCSSはプログラミング言語だ!』と言うことも無くなるはず。

 

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

チャオ(・∀・)

 

PS.
記事が参考になったら、ぜひRSS登録お願いします!毎日更新しているので、RSSとの相性バツグンですよ(・∀・)♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です