なぜWi-Fiに接続すれば通信量がかからないのか?|仕組みを解説

Wi-Fiに接続すれば通信量を消費せずに済むのは、なぜですか?

 

こんなシンプルな疑問、持ったことないですか?

 

結論として「Wi-Fiに接続して通信を行えば、通信量を消費しない(=パケット通信料がかからない)ので、どんだけ使っても低速になる恐れはない」わけですが、それは一体なぜなのか?

 

意外と分かっていないWi-Fiのことについて、その仕組みを簡潔に解説しますね。

 

 

なぜWi-Fiに接続すれば通信量がかからないのか?|仕組みを解説

 

答えを先に書くと、「Wi-Fiはキャリア回線(ドコモなどの携帯会社の回線)ではなく、固定回線(フレッツ光などの回線)を使ってインターネットに繋ぐので、通信量(ギガ)を消費しなくて済むから」です。

 

まずはWi-Fiとは何かについて説明していきますね。

 

Wi-Fiとは?

 

Wi-Fiとは、統一規格で認められた無線LANの名称です。元々はWi-Fi Alliance(ワイファイ アライアンス)という団体名が発祥であり、特許も取得されています。

 

インターネットに接続する方法は2種類ある

 

インターネットに接続する方法は2つあって、1つは「有線LANで接続する方法」、もう1つは「無線LANで接続する方法」です。

 

有線LANとは、モデムと端末をLANケーブルと呼ばれるコードで繋いで、インターネットに接続する方式です。

 

LANケーブルの画像

※LANケーブルのイメージ

 

 

一方無線LANとは、LANケーブルを使わずにインターネットに接続する方式です。

 

どちらも、フレッツ光などの「固定回線」を使ってインターネットに接続する方式ですが、LANケーブルで繋ぐか繋がないかが大きな違いです。

 

有線LANの方が通信速度が早くてセキュリティも高いですが、LANケーブルを繋がないと通信できないという点が良くも悪くもデメリットです。

 

無線LANならばLANケーブルが必要ないですが、有線LANに比べると通信速度・セキュリティ面で劣ります。

 

なぜセキュリティ面で差があるのかと言えば、有線LANはケーブルを繋いだ端末でしか通信のやり取りをしないので、外部からの侵入の恐れがほぼ無いためです。

 

無線LANは電波で通信するので、配線はフリーになりますが、その分へんな奴にジャックされやすくなります。

 

Wi-Fiのセキュリティの仕組み

 

Wi-Fiは無線LANであり、有線LANよりも通信ジャックされやすいと説明しました。そのため、以下の方式を採用して通信を暗号化しています。

 

  1. WEP
  2. TKIP
  3. AES
  4. WPA/WPA2-PSK

 

下にいくほど、より進化した暗号化方式です。2021年5月現在での最強の方式は「WPA/WPA2-PSK」で、ハッカーによる侵入のリスクはほぼありません。

 

WPA/WPA2-PSKは最強なんですが、まだまだ対応端末が少ないのが今後の課題です。今の新しいスマホなら対応していますが、プリンターが対応してないために印刷データをWi-Fiで送れない…なんてことがまだあります。

 

Wi-Fiを利用するにはWi-Fiルーターが必要

 

Wi-Fiを利用するには、Wi-Fiの電波を飛ばす必要があります。

 

LANケーブルは必要ないですけど、それに代わるものとして「Wi-Fiルーター」が必要になってきます。

 

Wi-Fiルーターの画像

※Wi-Fiルーターのイメージ

 

 

このWi-Fiルーターと固定回線をLANケーブルで繋いで、そのルーターからWi-Fi電波を飛ばして、それをパソコンやスマホでキャッチして無線通信を行うという構図です。

 

要は、Wi-Fiを利用しようと思ったら、原則として「フレッツ光などの固定回線の契約」「Wi-Fiルーターの購入」の2つが必要ということですね。

 

Wi-Fi接続のメリット

 

Wi-Fi接続のメリットは以下のとおり。

 

  1. 通信量を消費しない(=データ制限にかからない)
  2. 固定回線を使うのでキャリア回線より通信速度が早い

 

この記事のテーマでもあり、Wi-Fiの最大のメリットが「通信量を消費しない」という点です。

 

なぜ通信量を消費しないかと言えば、「キャリア回線を使わないから」の一言です。

 

キャリア回線を使ってインターネットに接続すると、使用した通信量を換算して料金を請求する「パケット通信料」がかかってきます。これは、そういう携帯会社のビジネスモデルなんですね。

 

パケット通信料とは
携帯電話のパケット通信は、携帯電話端末を使用してウェブサイトを閲覧したり、ウェブサイトからファイルをダウンロードしたり、又は電子メールを送受信する場合に行われます。携帯電話事業者が提供しているこうしたサービスのほとんどが、データ(ファイル)を複数の「パケット」(小包)と呼ばれる単位に分割して伝送していることから(「パケット交換伝送方式」)、当該通信に要する料金のことをパケット通信料金と呼びます。
パケット通信料金の高額利用防止について |一般社団法人 電気通信事業者協会(TCA)

 

しかしWi-Fiは固定回線を使ってインターネットに接続する通信方式なので、キャリア回線とは全くの無関係です。つまりキャリアの制限を一切受けないということです。

 

また、通信の原則として、キャリア回線よりも固定回線の方が通信速度が早いです。

 

通信量を消費しなくて済み、かつキャリア回線よりも通信が早いというのがWi-Fiのメリットですね。

 

Wi-Fi接続のデメリット

 

一方、Wi-Fiのデメリットは以下のとおり。

 

  1. 暗号化が解読されて不正侵入される恐れがある
  2. 近距離にしか電波が届かない

 

暗号化の種類は4つあると先述しましたが、その内「WEP」と「TKIP」はセキュリティレベルが低く、解読されて侵入されるリスクがあります。

 

リスクがあるとは言っても、Wi-Fiの電波は数十メートルの通信距離なので、侵入する側にも足が付きやすいというリスクがあります。それでもできる限り「AES」や「WPA/WPA2-PSK」を利用した方が良いでしょう。

 

また、Wi-Fiの電波は、鉄分を含んだ障害物に囲まれていると電波の到達距離が短くなってしまうのもデメリットです。

 

その場合は、ルーターのWi-Fi電波を中継して電波の届く範囲を広げることができる中継器の導入を検討しましょう。

 

 

外出先でWi-Fiを使いたい時の方法

 

外出先でWi-Fiを使いたいってなった時は、次の3つの方法があります。

 

  1. 公衆無線LAN(Wi-Fiスポット)を利用する
  2. モバイルWi-Fiルーターを利用する
  3. テザリングを利用する

 

順番に見ていきましょう。

 

公衆無線LAN(Wi-Fiスポット)を利用する

 

公衆無線LAN(Wi-Fiスポット)とは、そのエリアに行けば誰でも原則無料でWi-Fiを利用できるスポットのことです。

 

提供元によってホットスポット・フリースポット・無線LANスポット・フリーWi-Fi・Wi-Fiスポットなど色々な呼び方をされますが、全て同じ意味です。

 

Wi-Fiスポットで有名なのは、セブンイレブンが提供している「セブンスポット」や、マクドナルドが提供している「マクドナルドFREE Wi-Fi」辺りでしょうか。あなたも一度は使ったことあるのでは?

 

会員登録をしないと利用できないものも多いですが、なぜWi-Fiスポットは原則無料で使えるのでしょうか?

 

その答えは、「Wi-Fiスポットの集客力が高いから」です。Wi-Fiあるところに人あり、というくらいワラワラと人が集まってきやすいので、提供元としては少ない設備投資で大きなリターンを獲得できる美味しい集客装置なわけですね。

 

外出先でもWi-Fiが使えるすっごく便利なサービスなのですが、やはりデメリットもあります。それについて解説した記事があるので、そちらも参考にしてみてくださいね。

 

フリーWi-Fiの危険性とは?これだけは気を付けるべき4つのこと | リュウセイブログ

 

モバイルWi-Fiルーターを利用する

 

モバイルWi-Fiルーターとは、キャリア回線を使ってWi-Fiを飛ばす装置です。キャリア回線を使うので、携帯と同じくモバイル回線契約が必要になることに加え、パケット通信料がかかってきます。

 

固定回線によるWi-Fi接続との大きな違いは、「ルーターなので持ち運びができる点」と、「固定回線契約が必要ない点」です。

 

基地局から飛んでいる電波を使ってWi-Fiに接続するので、基地局がカバーしている範囲であればどこでもWi-Fiを利用できる点がモバイルWi-Fiの強みです。

 

デメリットとしては、携帯とモバイルWi-Fiルーターの2つ分のモバイル回線契約が必要なので、合わせて2回線分の月額料金がダブルで掛かってしまう点が挙げられます。

 

ちなみに、ポケットWi-Fiと呼ばれているものも、モバイルWi-Fiルーターの1つの商品名です。

 

テザリングを利用する

 

テザリングとは、携帯そのものをWi-Fiルーター化させて、他のデバイスをWi-Fiに接続させる方式です。

 

こちらもモバイルWi-Fiルーター同様、キャリア回線を使ってWi-Fiを飛ばすので、パケット通信料が発生します。

 

テザリングを利用するには、モバイル回線契約に加えて「テザリングオプション」に加入する必要があります。ソフトバンクを例に出すと、月額料金550円を追加で支払うことでテザリングを利用できるようになります。

 

モバイルWi-Fiルーターよりも安上がりですが、テザリングの最大の特徴でもありデメリットでもあるのが、「テザリングによってWi-Fiルーター化した携帯端末は、自分が飛ばすWi-Fiに自分で接続することができない」という点です。

 

どっちにせよ、Wi-Fiを飛ばすルーターが無いと、Wi-Fiに接続することが出来ないというわけですね。

 

特徴を把握して、自分に合った使い方を選択しましょう。

 

 

まとめ

 

今回のまとめです。

 

  1. インターネットを利用するには、有線LANと無線LANの2つの方法がある
  2. Wi-Fiとは、Wi-Fi Alliance(ワイファイ アライアンス)によって統一規格された団体名称であり、無線LANのこと
  3. Wi-Fiは固定回線を使うため、どれだけ使ってもパケット通信料がかからない
  4. 2021年5月現在における最強の暗号化方式は「WPA/WPA2-PSK」
  5. Wi-Fiを利用するにはWi-Fiルーターが必要
  6. 外出先でWi-Fiを使いたい場合、「Wi-Fiスポット」「モバイルWi-Fiルーター」「テザリング」の3つの方法がある

 

今回の記事で、なぜWi-Fiに接続すれば通信量を消費しなくて済むのか、その原理について理解していただけたかと思います。

 

厳密に言うと、「固定回線を使って飛ばすWi-Fiは、通信量を消費しなくて済む」ですね。モバイルWi-Fiとの違いを押さえておきましょう。

 

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。
チャオ(・∀・)

 

 

PS.
記事が参考になったら、ぜひRSS登録お願いします!毎日更新しているので、RSSとの相性バツグンですよ(・∀・)♪

 

 

 

RSSとは何ぞや?という方はこちらを読んでみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です