画像検索に強くなるalt属性|WordPressでの書き方

チャオ(・∀・)♪

 

WordPressブログを運営している方ならば、「alt属性」というものを一度は聞いたことがあるかもしれません。

 

何だかんだすっ飛ばしていたけど、alt属性って何ぞや?

 

って方に向けて記事を書いていきます。

 

 

画像検索に強くなるalt属性|WordPressでの書き方

 

alt属性の概要とメリット

 

alt属性(オルト属性)とは「画像の代わりとなるテキスト情報」のことであり、「代替テキスト」とも呼ばれます。

 

実は、画像にはテキストを挿入することができるんですが、それが代替テキストです。

 

どんな時にalt属性は役立つのかと言うと、

 

  • 通信状態が悪く、画像が表示されない時に、代わりにテキストを表示させて画像の概要をユーザーに伝えてくれる
  • 音声読み上げ機能を使用した際に、alt属性で設定したテキストを読み上げてくれる

 

こんな時に役立ちます。

 

また、alt属性はSEOの評価には直接貢献しないと言われているものの、画像検索に強くなります。

 

画像検索とは、検索ワードの代わりに画像を使って検索する方法であり、主にGoogle画像検索が使用されます。

 


Google画像検索

 

Google画像検索ページの上に画像を直接ドラッグ&ドロップすることで、検索した画像情報を基に検索結果が表示されるという仕組みです。

 

この際、alt属性が設定されている画像ほど検索結果に引っかかりやすくなり、自分のサイトが上位表示される可能性が上がるというわけです。

 

つまり、

 

  1. Google画像検索でユーザーが検索ワードの代わりに画像を使って検索する
  2. alt属性が設定されている画像ほど情報量が多いため、検索結果に表示されやすくなる
  3. 検索ワードのみならず、画像からの検索流入も見込める
  4. サイトのPVに貢献する

 

こういうことです。

 

もちろんalt属性が設定されているからと言って必ず上位表示されるわけではないですが、「画像検索における対策にも有効である」という認識でOKです。

 

alt属性の目的は、あくまで検索エンジンに対して適切な画像情報を伝えるためです。

 

「この画像は何を伝えるものなのか?」を検索エンジンに対して教えてあげるのがalt属性(代替テキスト)ということですね。

 

画像検索をするユーザーの利便性にも貢献するので、alt属性を設定しておくと色々メリットがあります。

 

「タイトル画像・見出し画像・リンクが設定されている画像」には必ずalt属性を設定しておきましょう。

 

なぜなら、リンクが設定されている画像にalt属性がない場合、検索エンジンがリンク先のページを把握しづらくなるためです。

 

alt属性を設定する際の注意点

 

画像にテキストを設定することは検索エンジンに対してもユーザーに対してもメリットがあると説明しましたが、1つ注意点があります。

 

それは、キーワードを詰め込みすぎないことです。

 

明確な基準はないですが、大体1つの画像に対して「1~2つ」のキーワードに留めておくのが無難です。

 

あまり詰め込みすぎると、検索エンジンが画像内容を読み取りづらくなり、画像検索において不利になる可能性があります。

 

画像検索からの流入が見込めるからと言って、まるで運動会の日のお弁当のように色々詰め込むのはalt属性において厳禁です。

 

また、背景画像やラインマーカーなどの所謂「装飾画像」においては、alt属性を設定する必要はありません(空白でも可)。

 

Googleの公式ページにて詳細が記載されているので、一度覗いてみて下さい→Google 画像検索でのおすすめの方法

 

WordPressにおいてのalt属性の書き方

 

alt属性の基本的な記述は下記の通りとなっています。

 

<img src=”画像のURL” alt=”画像の説明“>

 

装飾画像においては、alt属性は空白でも良いと説明しましたが、必ず「alt=””」は記述するというのがルールとなっています。

 

WordPressにおいては、挿入した画像を編集することで簡単に代替テキストを設定することが可能です。

 

挿入した画像をクリックして、鉛筆アイコンを選択↓

 


 

WordPress,alt属性

 

画像はクラシックエディタでの操作ですが、上に代替テキストの項目があるはずなのでここに入力します↓

 


WordPress,alt属性

 

「メディアを追加」から画像を挿入した場合、代替テキストを挿入しなくても、最初から「alt=””」の記述は入っています。

 

つまり、装飾画像ならば何も設定する必要はないということですね。

 

alt属性を簡単に確認する方法

 

他サイトではどのようなalt属性を設定しているのか?

 

例えば勉強やリサーチ目的などにおいて、上記を知ることはとても意義があることだと思います。

 

alt属性を確認する方法は至って簡単で、対象のページの上で右クリックして、項目の中から「ページのソースを表示」を選択するだけです。

 

EdgeやChrome両方において同じ操作となっています。

 

ソース表示を開くと、そのページのHTMLを見ることができます。

 

<img src=”画像のURL” alt=”画像の説明”>

 

上記のコードを頼りにして、ソースの中からalt属性を探してみましょう。

 

F3キーを押すとページ内検索モードが立ち上がるので、上のコードを貼り付けて検索すれば容易に見つけられると思います。

 

ぜひ試してみてください。

 

 

まとめ

 

alt属性(=代替テキスト)のまとめ

  • 「画像の代わりとなるテキスト情報」のことである
  • SEOにおいては直接影響しないが、画像検索において有利になる
  • alt属性の目的は、あくまで検索エンジンに対して適切な画像情報を伝えるため
  • 「タイトル画像・見出し画像・リンクが設定されている画像」には必ずalt属性を設定しておく
  • キーワードを詰め込みすぎないこと
  • 装飾画像においては「alt=””」と空白のままでOK
  • ページソース表示で簡単に確認可能

 

以上です。

 

SEOを専門に発信しているサイトで、おすすめの記事があったのでシェアします↓

 

alt属性の正しい考え方|SEOとその周辺

 

2012年の記事ですが、基本的なことは変わっていないので今でも役に立つ知識です。

 

それでは、今回はこの辺で。

 

ありがとうございました。

 

チャオ(・∀・)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です