WordPressの固定ページの使い方|投稿との使い分け方とは?

チャオ(・∀・)♪

 

WordPressではいつも「投稿」を使っているけど、「固定ページ」って投稿と何が違うの?どういう時に使えばいいの?

 

WordPress初心者なら誰もが疑問に持ちますよね。僕もそうでした。

 

ブログを書いている人なら、固定ページはあまり使う機会がないと思います。『投稿だけ使っていればいいんでねぇの?』と思うかもしれませんが、固定ページは投稿とはまた違った使い方ができます。

 

今回は、固定ページが持つ特徴やメリットなどについて解説していきますね。

 

 

WordPressの固定ページの使い方|投稿との使い分け方とは?

固定ページとは?

 

会社のお問い合わせページやプロフィールなど、単体のページを作成する時に使う機能が「固定ページ」です。「コンテンツ」と言うよりか「あくまで閉じられた1つのページ」というニュアンスでしょうか。

 

固定ページの特徴は何と言っても、「サイトに設置させないと、サイト内のユーザーはそのページの中身を見られない」こと。これに関しては後述していきますね。

 

投稿との違いとは?

 

サイトにコンテンツをどんどん追加していく時は、いつも「投稿」機能を使っているはずです。これは時系列で作成していく用のページとなり、更新するとトップページに自動的に追加されていく仕組みとなっています。

 

固定ページは公開しても自動的にトップページなどにページが表示されない、という点が投稿とは異なります。

 

固定ページの作成方法

 

固定ページの作成は、WordPressメニューの「固定ページ」→「新規作成」から行えます。

 

 

基本的な使い方は「投稿」とほぼ一緒です。いつも書いている記事と同じ感覚で書いていけばOKです。

 

作成した固定ページをサイトに配置させる方法

 

上で触れましたが、固定ページは投稿とは違って公開しても自動的にトップページに表示されません。つまり、単に公開しただけでは、ユーザーはサイト内でそのページにアクセスできないということです。

 

じゃあどうやればいいのか?と言うと、「固定ページのウィジェット」を使ってサイトに固定ページを配置させていく必要があります。

 

ウィジェットとは、トップページのサイドバーに表示させるパーツのことですね。よくトップページの右側に「筆者のプロフィール」とか「カテゴリー」などが並べてあるサイトを見かけると思いますが、アレがまさにそうです。

 

ウィジェットの編集は、WordPressメニューの「外観」→「ウィジェット」で行えます。

 

 

編集画面にいくと、「固定ページ」というタイトルがついたウィジェットがあるはずです。これを右側にある「メインサイドバー」にドラッグ&ドロップで放り込めば、トップページにウィジェットを配置させることができます。

 

 

ここで注意したいのが、固定ページのウィジェットを配置すると、全ての固定ページがトップページのサイドバーに表示されてしまうという点。

 

固定ページはコンテンツになり得ないページを作成する時にも使われるため、ユーザーに見られたくないページも中にはあると思います。

 

そんな時は、「除外ページ」に非表示にしたい固定ページのIDを指定しましょう。

 

 

ページIDは、記事の編集画面にて表示されているURLから取得ができます。

 

 

URLの中にある「post=○○」の○○がページIDです。

 

 

このIDを固定ページウィジェット内の「除外ページ」項目に入力することで、サイトに表示されなくなります。

 

固定ページを検索結果に表示させない方法

 

固定ページも投稿と同じく、検索結果に表示されます。

 

検索結果に表示させたくない場合も、投稿と同じく「noindex」を指定すればOKです。

 

noindexの指定は、「All in One SEO」というSEO対策プラグインを使って行うのが便利で楽です。

 

All in One SEOをインストールして有効化すると、記事の編集画面の下に「AIOSEO設定」という項目が追加されます。ここの「Advanced」の「ロボット設定」からnoindexの設定が行えます。

 

「デフォルト設定を使用」が標準になっているので、これをOFFに切り替えましょう。

 

 

OFFに切り替えたら、「インデックスなし」にチェックを入れます。これでnoindex(コンテンツを検索結果に表示させない)設定は完了です。

 

 

上記の方法は「個別の記事に対してnoindexを指定する方法」ですが、固定ページ全体をnoindex設定にしてしまう方法もあります。

 

All in One SEOを有効化すると、WordPressメニュー欄に「All in One SEO」が追加されるので、ここの「検索の外観」を選択します。

 

 

固定ページ項目に「検索結果に表示」があるので、これを「いいえ」に切り替えましょう。

 


 

これで固定ページに一括でnoindexを指定できます。

 

固定ページの使い方・特徴についての解説は、これで以上です。

 

 

まとめ

 

サイト運営において、最低限あった方が良い固定ページは「お問い合わせページ」と「プライバシーポリシー」です。それと「サイト運営者のプロフィール」もあると尚いいですよね。

 

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

チャオ(・∀・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です