WordPressのエディターの変更方法を紹介【旧エディターに戻す】

どうも、リュウセイです!

 

  • WordPressの投稿機能(ブロックエディター)が使いづらい…。何とかならないの?

 

今回はこんな悩みに答えていきます(・∀・)!

 

WordPressは5.0アップデートによって記事投稿機能(エディター)が変更になり、旧来の「クラシックエディター」から「Gutenberg(グーテンベルク)」というブロックエディターに生まれ変わりました。

 

ただこの新エディター(ブロックエディター)、色々賛否両論なんですよね…(^_^;)

 

というのも、『旧エディターより使いづらい!』という声が結構多いんです。

 

なので、ブロックエディターが使いづらいと感じているのは、あなただけではないんですね。

 

しかしご安心ください。

 

なんと、旧来エディター(クラシックエディター)に戻す方法があるのです!

 

今回は、WordPress5.0ver以前の標準であった「クラシックエディター」へ、とあるプラグインを使って戻す方法を紹介していきますね。

 

その前に、新エディターである「ブロックエディター」と、旧エディターである「クラシックエディター」について簡単に解説していきます。

 

 

クラシックエディターとは?

 

WordPress5.0以前まで使われていた投稿エディターです。

 

 

↑コレですね。

 

シンプルな構成で、比較的使いやすいエディターだと思います。

 

それ故、このクラシックエディターを支持する人も多いです。

 

 

ブロックエディターとは?

 

「Gutenberg(グーテンベルク)」と呼ばれるエディターで、ブロックエディターとも呼ばれます。

 

 

↑コレですね。

 

2019年にリリースされた、この記事を書いている現時点ではまだ比較的新しいエディターです。

 

新エディターだけあって、旧エディターより機能面で色々便利になってはいるのですが、旧エディター時代が長かったためか、ユーザーからの評価は賛否両論な感じです。

 

なぜ賛否両論なのかと言えば、まだ新しいエディターだからでしょう。

 

ユーザーが慣れてくれば、今後はブロックエディターがユーザーの標準になってくるかもしれませんし、更にアップデートもされていくだろうと思います。

 

だけど、記事投稿は旧エディターでも何ら不自由がないので(個人的感想)、僕はクラシックエディター派です。

 

ブロックエディターの使い勝手はnoteと似ているので、noteを良く利用する人にとっては抵抗が少ないかもしれませんね。

 

僕のようにブロックエディターが使いづらいと感じている方は、次に紹介するプラグインを有効化することによって、クラシックエディターに戻すことが可能ですよ。

 

 

プラグインを使ってエディターを変更する方法

 

新エディターから旧エディターへ戻すには、Classic Editorというプラグインを使うことがおすすめです。

 

このプラグインは特に設定の必要がなく、追加して有効化するだけで旧エディターである「クラシックエディター」へと変更することが可能になります。

 

これだけでOKです。

 

新エディターに戻したい場合は、プラグインを無効にしましょう。

 

 

まとめ

 

プラグインを追加して有効化するだけの、簡単なお仕事でした。

 

ブロックエディター・クラシックエディター共に良い部分があるので、「Classic Editor」で切り替えが出来るのは便利ですね。

 

と言いつつも、切り替えが面倒くさいので僕はいつもクラシックエディターで記事投稿していますけどね(笑)。

 

僕も徐々にブロックエディターに慣れていかないといけないかもですね!

 

ちなみに、新エディターについてもっと詳しく知りたい方は、WordPressのサポートサイト「WordPress のエディター」をご参考ください。

 

それでは、今回はこの辺で。

 

ありがとうございました。

 

チャオ(・∀・)!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です