WordPressでファビコンを設定する方法

どうも、リュウセイです!

 

今回は、WordPressでファビコンを設定する方法について解説していきます。

 

ファビコンとは何ぞや?という方に説明すると、ページタブに表示されるサイト名の前に付くアイコンです。

 

 

ファビコンはサイトのシンボルマークとなるものなので、読者にあなたのサイトを覚えてもらえやすくなります。

 

まだ設定していない方はこれを機に設定しておきましょう。

 

 

WordPressでファビコンを設定する方法

 

ファビコンのアップロードについて

 

「WordPress4.3」以降、WordPressのデフォルト機能でファビコンを設定する機能(サイトアイコン機能)が実装されているので、ファビコンにしたい画像をアップロードするだけで簡単に設定できます。

 

なので、アップロードするファビコン画像を用意すればOKです。

 

ファイル形式は「.png」で大丈夫です。

 

実際に表示させる時は自動で縮小される(16×16pxや32×32px)ので、細かい画像などはゴチャっとして見にくくなってしまいます。

 

その際は何回かアップロードしてみて、どのような画像なら綺麗に表示されるかテストを繰り返してみてください。

 

ファビコン画像の選定

 

デザインサイトからダウンロードしてもいいですし、自作するのもアリです。

 

自分専用のアイコンなので、僕は自作することをオススメします。

 

簡単な素材で良いならば「FLAT ICON DESIGN」や「フリーファビコン」がオススメなので、一度目を通してみて下さい。

 

FLAT ICON DESIGN

フリーファビコン

 

ファビコンの設定方法

 

それでは、設定方法について解説していきます。

 


WordPressにログインするとサイトの上にWordPressタブが表示されるので「カスタマイズ」をクリック


 


「サイトロゴ・アイコン」をクリック


 


「ファビコン(.png)をアップロード」からアップロードしたいファビコン画像を選択


 


ファビコン画像を選択したら右上の「公開」をクリックして完了


 

以上です。

 

公開してもファビコンが反映されない場合は、スーパーリロードしてから再度確認してみてください。

 

Windowsなら「Ctrl + F5」、Macなら「Command + R」です。

 

 

まとめ

 

ファビコンはサイトのシンボルマークとなるものなので、差別化のためにも設定しておくと良いでしょう。

 

ページタブって意外と目をやる所なので、特徴的なファビコンがあるだけで印象に残りやすいですよね。

 

それでは、今回はこの辺で。

 

ありがとうございました。

 

チャオ(・∀・)!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です