「ホームページ」と「Webサイト」の違い【結論:どっちでもいい】

「ホームページ」と「Webサイト」の違いって何ですか?言い方が違うだけで意味は同じですかね?

 

「ホームページ」と「Webサイト」はよく同じ意味合いで使われますが、実は同じ意味ではありません。

 

どういうことか、詳しい中身について書いていきますね。

 

 

「ホームページ」と「Webサイト」の定義

 

ホームページとは

 

ホームページ (home page, homepage) とは、本来はウェブブラウザを起動した時に表示されるウェブページなどの画面(ページ)である。また、そこから派生して各ウェブサイトのトップページを指す意味で用いられる。ウェブサイト全体を指す意味に誤用されることもある。「トップページ」は和製英語である。

ホームページ – Wikipedia

 

ウィキペディアに書いてあるとおり、元々はブラウザを立ち上げた時に一番始めに表示されるWebページ(画面)をホームページと呼びます。

 

 

ブラウザやアプリを立ち上げた時に最初に表示されるページをホームページと呼ぶ、という認識で良いでしょう。

 

Webサイトとは

 

ウェブサイト(英: website)は、World Wide Web (WWW) 上にあり、一般に特定のドメイン名の下にある複数のウェブページの集まりのこと。サイトと呼ばれることもある。企業などの団体が自身を紹介するため自ら構築したサイトを、その団体の公式サイトなどと呼ぶ。ホームページと呼ばれることもあるが、この用法は誤用とされる場合もある。また、ウェブサイトのトップページのみをさしてホームページと呼ぶ場合もある。

ウェブサイト – Wikipedia

 

一方Webサイトとは、複数のWebページを纏めているページのことです。分かりやすく言うと、Webページが「子」であるなら、Webサイトは「親」ですね。

 

 

ホームページは各Webページを連ねていないので、そこが違いと言えます。

 

 

結局、何が違うのか?

 

結論、今ではほとんど同じ意味で使われるので、細かい違いは無視しても大丈夫です。

 

トップページのことを、ホームページと呼んでもWebサイトと呼んでも、どっちでも意味は伝わります。

 

なので、

 

  • トップページ
  • ホームページ
  • Webサイト

 

どれか好きな呼び方で呼んで良いと思います。ってなると、やはり「ホームページ」に落ち着くのではないでしょうかね。「ホーム」って響きが安心しますもんね。

 

 

Webサイトのことをホームページと呼ぶとバカにされる!?

 

Webに詳しい人ならば、ホームページは元々Webサイトを指す言葉ではないことを知っているかもしれません。

 

そんな人の前で、『私ホームページ持ってるんで、詳しいことはホームページ見てください!』と言ってしまうと、腹の中でちょっとバカにされる…かもしれないしされないかもしれません。

 

僕は念のため、個人サイトのことはホームページとは言わず、Webサイトと呼ぶようにしています。

 

使われ方こそ似ているものの、海外では「ホームページ」と「Webサイト」は明確に区別されています。実際に、Webページの集合体という意味なら「Webサイト」と呼ぶのが正しい方です。

 

インターネットは海外発祥なので、海外の仕様が本家です。なので、本家に従うなら「ホームページ」と「Webサイト」は似て異なるもの、という解釈が正しいと言えますね。

 

 

まとめ

 

ホームページとWebサイトの微妙な使い方を理解して、適切に使い分けられると、「ネットに詳しい人」の仲間入りができるかもしれません。

 

もし迷ったら、「ブラウザを立ち上げた時に表示されるページ以外のページは、Webサイト」と覚えておくとよいでしょう。

 

ホームページなんだけど、Webサイトとしての機能も持っている、というページが主流になってきています。

 

つまり、使い方としては「ホームページ」「Webサイト」どっちでも良いという結論で、今回は終わりです。

 

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。
チャオ(・∀・)

 

 

PS.
記事が参考になったら、ぜひRSS登録お願いします!毎日更新しているので、RSSとの相性バツグンですよ(・∀・)♪

 

 

 

RSSとは何ぞや?という方はこちらを読んでみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です