ブログ記事での正しい見出しタグの使い方と注意点

どうも、リュウセイです。

 

見出しタグ(hタグ)とは、h1,h2,h3…のタグのことであり、単に文字の大小を決めるタグではありません。

 

見出しタグを使って適切な階層構造を作ることは、SEOの観点からも重要な要素となります。

 

しかし、間違った見出しタグの使い方をしてしまうとSEO評価に悪影響が出てしまう恐れがあるため、是非とも気を付けておきたいところです。

 

 

記事本文にはh1タグは使わない

 

h1タグは主に記事タイトルで使われる見出しタグです。従って、記事本文で使う見出しタグは基本的にh2~以降になります。

 

また、hタグはh1→h2→h3…のように順番ずつ使用しましょう。h2の後にh3を飛ばしてh4を使うみたいなのはSEO的に良くありませんので。

 

 

見出しタグのHTMLソースはシンプルにする

 

基本的に見出しタグは、「<h1>テキスト<h1>」という記述で使います。

 

文字の装飾(色を変えるなど)をすると、「<h2><span style=”color: #ffffff;”>バリューコマース</span></h2>」みたいになりますが、これは正しい見出しタグの記述方法ではありません。

 

HTMLでの装飾ではなく、外部CSSを使って装飾するようにしましょう。

 

また、見出しタグに文字を強調するstrongタグを挿入するのは「二重強調」となり、SEOにおけるペナルティ違反となります。

 

文字の装飾、文字の強調ともに、HTMLの記述が増えてしまいます。

 

見出しタグは「<h1>テキスト<h1>」のままで使うようにしましょう。「bタグ」「emタグ」なども必要ありません。

 

 

まとめ

 

hタグは文字の大小を指定するものではなく、検索エンジンに対して見出しを表すタグです。

 

hタグには余計なHTMLの記述はせず、「<h1>テキスト<h1>」で指定するようにしましょう。

 

それでは、今回はこの辺で。

 

ありがとうございました。

 

チャオ(・∀・)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です