Googleアナリティクスで自分のアクセスのみを除外する設定方法

チャオ(・∀・)♪

 

もしかして、私のアクセス…PV数にカウントされてる?

 

という方、必見です。

 

Googleアナリティクスのフィルタ機能を使えば、自分のアクセスだけをカウントから除外させることができます。

 

簡単なので、サクッと読んでいってみてください。

 

 

Googleアナリティクスで自分のアクセスのみを除外する設定方法

まずはグローバルIPアドレスを取得しよう

 

アナリティクスのフィルタ設定を行う前に、「IPアドレス」を取得する必要があります。IPアドレスとは、簡単に言うと「接続環境ごとに割り当てられている番号」ですね。

 

IPアドレスを辿ることで「どの接続環境の、どの端末からのアクセスなのか?」が分かるわけです。

 

今回調べるのは【グローバルIPアドレス】で、これは契約プロパイダー(NTTとかソフトバンクなどの回線元)から与えられているものです。特に設定をしていなければ、ルーターの電源を入れ直す度に自動変更される仕組みとなっています。

 

というわけで、「自分に割り当てられているグローバルIPアドレスは何なのか?」を知るために「IPひろば」というWebサービスを使っていきましょう。

 

 

サイトにアクセスしたら、「環境変数を表示」をクリックするだけで直ぐにIPを取得できます。

 

 

取得された環境変数の中にある「リモートアドレス(IP)」がグローバルIPアドレスです。ここに表示されている数字をコピーしてください。

 

 

Googleアナリティクスのフィルタ設定でIPアドレスの除外設定を行おう

 

グローバルIPアドレスを取得できたら、次はGoogleアナリティクスのフィルタ設定に移っていきます。

 

アナリティクスにログインしたら、左のメニュー欄の「管理」をクリック。

 

 

続いて、「すべてのフィルタ」をクリック。

 

 

「フィルタを追加」をクリック。

 

 

除外させたいIPアドレスを設定していきます。

 

 

①フィルタ名:自宅IPアドレス除外(例)

②フィルタの種類:左から「除外」「IPアドレスからのトラフィック」「等しい」

③IPアドレス:取得したグローバルIPアドレスを貼り付ける

④使用可能なビュー:「すべてのウェブサイトのデータ」をクリックして選択

⑤「追加」を押して、最後に「保存」を押して終了

 

これで除外させたいIPアドレスの設定は完了です。

 

 

設定が反映されているか確認してみてください。画像の通りになっていればOKです。

 

お疲れ様でした。

 

 

まとめ

 

グローバルIPアドレスは、ルーターの電源を入れ直す度に自動変更されるので、その際はまたIP除外設定を行う必要があります。前の設定を削除して、今回解説した手順を元にまた設定し直してくださいね。

 

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

チャオ(・∀・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です