Googleサーチコンソールとは?WordPressブログと連携する設定方法を解説

どうも、リュウセイです!

 

  • Googleサーチコンソールとは?
  • サーチコンソールの設定方法を知りたい

 

今回はこんな方に向けて記事を書いていきます。

 

 

Googleサーチコンソールとは

 

Googleが無料で提供している、ページ情報や検索データを確認出来るWebツールです。

 

サーチコンソールとブログを連動させることで、1日にどれだけGoogle検索からユーザーが自分のブログに訪れているのか、どのような検索キーワード(クエリ)で検索してどのページに訪れたか、ページの検索順位は何位なのか?などを分析出来ます。

 

GoogleサーチコンソールとGoogleアナリティクスの違い

 

よく似たツールにGoogleアナリティクスというものがありますが、その両者の違いは何なんでしょうか?

 

その違いは、サーチコンソールはページに訪れるのユーザー行動や検索エンジンでの見え方を分析するツール」であり、アナリティクスはページに訪れたのユーザー行動の分析ツール」です。

 

つまり、分析する範囲が若干異なっているのです。

 

SEO対策やブログの改善のためには、どちらか片方ではなく合わせて使うことが重要になります。

 

 

Googleサーチコンソールを導入するメリット

 

サーチコンソールは、検索エンジンにページのインデックスを促す他、ブログの状態を把握するためにも必要になってくるツールです。

 

クローラーにサイトをインデックスさせる

 

Googleの検索エンジンには、「Google Bot」と呼ばれるプログラム(=クローラー)が組み込まれていて、全てのWebサイト・Webページを調査したり発見したページを検索結果に表示させたりしています。

 

ここが超肝心な所であり、このクローラーにあなたのサイトを見つけてもらわないとGoogle検索に一切表示されなくなります。

 

検索順位に一切上がってこないということは、検索エンジンからの流入が0になるということです。

 

それを避けるためにはクローラーにサイトを発見してもらう必要があるのですが、それを実現させるのがGoogleサーチコンソールです。

 

クローラーにサイトを見つけてもらって検索結果に組み込んでもらうことをインデックスと言います。

 

ブログの状態を把握する

 

サーチコンソールは言わば、サイトのお医者さんみたいなものです。

 

自分のサイトは検索順位の何番目に位置しているのか、インデックスエラーが発生しているページはないか、内部リンクと外部リンクはどれだけあるか、などの細かい診断をしてくれます。

 

ブログ始めたての初心者の方には難しく見えるツールかもしれませんが、ある程度ブログを運営した段階で導入することをおすすめします。

 

 

GoogleサーチコンソールにWordPressブログを登録する手順

 

これから登録する手順を解説していきますが、Google公式が提供している「SiteKit」というプラグインを使うことで作業をスキップできます。

 

ただ、プラグインをあまり導入したくないという方は、手動で登録設定を行うと良いでしょう。

 

①.Googleアカウントにログイン

 

Googleのサービスを使う時には必ずGoogleアカウントにログインする必要があります。

 

アカウントがない方は作っておきましょう。

 

Google アカウントの作成

 

②.認証用コードを取得

 

  1. サーチコンソールへ移動して、今すぐ開始をクリック
  2. 「Google Search Console へようこそ」というページに移動するはずなので、右側のURLプレフィックスの欄にあなたのサイトURLを入力して続行をクリック
  3. 「所有権の確認」というページに移動するはずなので、下部のHTMLタグをクリック
  4. 「HTMLタグ」をクリックすると「メタタグ」と呼ばれるコードが表示されるので、メモ帳にコピペする

 

ここまで来たら、ひとまずこの画面は閉じずにそのままにしてください。

 

次はWordPress側での設定に移ります。

 

③.WordPress側での設定

 

今回は「All One SEO Park」というプラグインを使って設定する方法を紹介していきます。

 

このプラグインは非常に便利なものなので、インストールしておくことを強くおすすめします。

 

  1. プラグインを追加するとダッシュボード内メニューにAll One SEO Parkの項目が表示されるので、一般設定をクリック
  2. 画面を下にスクロールしていくとウェブマスター認証という項目があるので、そこの「Google Search Console」に、先程のサーチコンソール側で取得したメタタグをコピペ(※コピペするのは「content=”●●”」の●●の部分のみ)
  3. メタタグを貼り付けたら必ず一番下にある設定の更新をクリック

 

ここまで出来たら、再びサーチコンソールの画面に戻ります。

 

④.サーチコンソール側での設定

 

  1. 「HTMLタグ」の中にある確認ボタンをクリック
  2. 「所有権を自動確認しました」と出たらプロパティに移動をクリック

 

これでサーチコンソールとブログの連携が完了です。

 

 

Googleサーチコンソールの初期設定

 

ここまでの作業を行った時点で、検索からの流入データを計測出来るようになっていますが、サーチコンソールを活用していくためには、いくつかの初期設定が必要になります。

 

①.GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールとの連携

 

アナリティクスとサーチコンソールは連携させることが可能で、連携させることでそれぞれの計測データを活かしたレポートを確認出来ます。

 

連携はアナリティクスの画面から設定する必要があります。

 

  1. アナリティクスの画面を開き、左側のメニューから管理をクリック
  2. プロパティ設定をクリック
  3. プロパティ設定の画面を下にスクロールしてSearch Consoleの調整をクリック
  4. 追加をクリック
  5. サーチコンソールに連携されているサイトの中からアナリティクスと連携するサイト(あなたのブログ)を選択して保存をクリック

 

これで連携設定は完了です。

 

②.XMLサイトマップの設定

 

続いてはサイトマップの設定を行っていきます。

 

XMLサイトマップというものが必要になってくるのですが、これは先程の「All One SEO Park」を追加することで自動生成されます。

 

  1. ダッシュボードメニューにある「All One SEO Park」からXMLサイトマップをクリック
  2. XMLサイトマップ項目にある「投稿タイプ」にて、「投稿」と「固定ページ」のみチェックマークを入れる(設定後はサイトマップの更新を必ずクリック)

 

これでXMLサイトマップの設定は完了です。

 

③.XMLサイトマップをGoogleサーチコンソールに登録

 

作成したXKLサイトマップを、今度はサーチコンソールに登録していきます。

 

  1. サーチコンソールのメニューからサイトマップをクリック
  2. 「新しいサイトマップの追加」の欄にsitemap.xmlと入力して送信をクリック
  3. 「送信されたサイトマップ」に項目が追加されて成功しましたと表示されれば無事に登録は完了

 

以上でGoogleサーチコンソールの初期設定は完了です。

 

 

まとめ

 

ブログを始めたての頃は特に意識しなくとも大丈夫ですが、ある程度運営してきたらサーチコンソールとアナリティクスは導入しておいた方が良いです。

 

それぞれは凄く便利なツールですが、連携させることで更に便利になるので、是非設定しておいてください。

 

それでは、今回はこの辺で。

 

ありがとうございました。

 

チャオ(・∀・)!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です