Googleサーチコンソールでインデックス登録をリクエストする方法

今回は、Googleサーチコンソールの「カバレッジ」という項目から行える、ページのインデックス登録をリクエストする方法について解説していきます。

 

クロール後のインデックスを拒否するためのnoindexを付けていなくても、何らかの理由によってページがインデックスされない場合があります。しかし、せっかく書いた記事がインデックスされていないのは悲しいですよね。

 

自分の書いた記事がちゃんとクロールされてインデックスされているのか?を確認できるのが、カバレッジから開ける「除外」項目です。

 

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

 

Googleサーチコンソールでインデックス登録をリクエストする方法

 

Google Search Consoleにアクセスし、左側にあるメニューから「カバレッジ」を開きます。そして「除外」をクリックしましょう。

 

 

除外の項目では、何らかの原因によってインデックスされなかったページが表示されます。

 

  • クロールしたがページの質などに問題があった
  • noindexによってインデックスが拒否された
  • まだ一回もクロールしていない
  • 重複したページがあるがカノニカルが適切に指定されていなかった
  • 301リダイレクトなどによってそのページ自体をインデックスできなかった
  • ベーシック認証などでパスワードロックをかけていた

 

今回は、「クロール済み・インデックス未登録」に分類されたページのインデックス登録のリクエストを行っていきます。該当の項目をクリックしましょう。

 

 

URLの右に出てくる虫眼鏡のマークをクリックして、Googleインデックスからデータを取得していきます。

 


 

「URLがGoogleに登録されていません」と出たら、その右下にある「インデックス登録をリクエスト」をクリックします。

 


 

URLのテストが終わって「インデックス登録をリクエスト済み」と出たらOKです。

 

 

リクエストを送信すると、近々Googleのロボットがページをクロールしていきます。1~2週間程度でインデックス登録されますが、ページの品質などに問題があるとインデックス登録を見送られる場合もあります。

 

またURL 検査ツール – Search Console ヘルプによると、各プロパティに対する検査のリクエスト数には1 日あたりの上限が設定されていると書かれています。

 

 

まとめ

 

時折カバレッジを開いて、インデックスがされていないページはないか確認するようにしましょう。

 

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

チャオ(・∀・)

 

PS.
記事が参考になったら、ぜひRSS登録お願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です