【超簡単】WordPressをスパムから守るGoogleの神サービス

どうも、リュウセイです。

 

今回は、Googleの神サービスの一つである「reCAPTCHA(リキャプチャ)」をご紹介していきます。

 

どんなサービスかと言うと、「サイトをスパムから保護する」というものです。

 

reCAPTCHA(リキャプチャ)とは、ウェブサイトの制限エリアへのアクセスを試みるボットからサイトを防御するためCAPTCHAを利用するのと同時に、そのCAPTCHAに対する返答を紙の本のデジタル化に活かすシステムである。オリジナルは2007年にカーネギーメロン大学ピッツバーグ本校にて開発された。2009年9月16日にGoogleはこのテクノロジーを買い取っている。引用:ウィキペディア(Wikipedia)

 

よく、お問い合わせフォームのところに「ここに出ている英数字を入力してください」の欄が設けてありますよね。

 

あれはbotからの問い合わせ(スパム)を防御するために設置してあり、初期型のCAPTCHA(キャプチャ)です。CAPTCHAとは、応答者がコンピューターではないことを確認するために使われるチューニングテストのことです。

 

bot排除においては優秀なのですが、表示される英数字はランダムで生成され、かつグニャグニャしていて非常に読みづらいですよね。おまけに、時々無理ゲーなパターンのものも出てきますし、離脱の原因にもなってしまいます。

 

『悪質なbotを排除してくれるのはいいけど、善良な人間まで排除しないで…』という声を聞いたのか知りませんが、GoogleのreCAPTCHAは「ここに出ている英数字を入力してください欄」を完全に排除しました。

 

それでいて、しっかりとスパムbotからサイトを守ってくれます。Gmailで使われている迷惑メール機能を応用しているとかなんとか言われていますが、詳しい仕組みは分かりません。

 

reCAPTCHAをサイトに導入すると、サイト左下に以下のようなマークが出てきて↓

 

 

このマークの上にマウスオーバーさせると↓

 

 

このように「reCAPTCHAで保護されています」と出ます。

 

サイトへのreCAPTCHAの設置は非常に簡単なので、是非やってみてください。

 

 

reCAPTCHAの設置方法

 

WordPressでのやり方を紹介します。それ以外の方は、すみませんがご自身で調べてみてください。

 

reCAPTCHAの設置は、「GooglereCAPTCHA」で登録してSite KeyとSecret Keyを発行し、それをWordPress管理画面の「お問い合わせ > インテグレーション」に登録するだけです。

 

お問い合わせプラグインとして有名な「Contact Form 7 」にreCAPTCHAを設置させるのが簡単です。Contact Form 7のサイトにて設置手順が詳しく書かれているので、コチラを参考にしてみてください。

 

また、reCAPTCHAの設置にはGoogleアカウントが必要なので、無い方は事前に習得しておきましょう。

 

WordPressのセキュリティを高めるためにも、是非reCAPTCHAを設置してみてくださいね。

 

 

まとめ

 

  1. reCAPTCHAを導入すれば、サイトの離脱者を増やすことなくスパムbotを安全に排除できる
  2. 結果、WordPressのセキュリティも高められる
  3. ウザいスパムに構うことなく、健康的にWordPressブログを運営することができる

 

以上です。

 

それでは、今回はこの辺で。

 

ありがとうございました。

 

チャオ(・∀・)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です