「集客×単価×成約率=売上げ」の概念をぶち壊すGoogleアドセンス

どうも、アドセンス一発合格請負人のリュウセイです!

 

今回は「ビジネスでありながらビジネスの大原則に当てはまらないGoogleアドセンスというネットビジネス」というテーマで解説していきます。

 

世界規模であるGoogleが運営する「Googleアドセンス」。それ故世界中で利用者も多く、最も有名であるクリック報酬型広告配信サービスだと言えるでしょう。

 

 

Googleアドセンスに一発合格した筆者が、アドセンスのビジネス構造について解説していきますね。

 

この記事の対象者
  • Googleアドセンスに興味がある方
  • Googleアドセンスを利用したいと考えている方
  • まだGoogleアドセンス審査に合格していない方

 

 

ビジネスの大原則とは?

 

ビジネスを通じてお金を稼ごうと思った時、これだけは絶対に頭に入れておく必要があります。

 

それは、「お客さんを集めて値札の付いた商品を実際に購入してもらって初めて売上になる」という大原則です。

 

これを公式みたいに表すと、「集客×単価×成約率=売上」となります。これがビジネスの大原則となる公式ですね。

 

集客をするだけでも大変なことですが、苦労して集客したからと言って実際に商品が売れるとは限りません。せっかくお客さんをお店に集めても、何も買わずに帰られてしまったら一銭の売上になりませんからね。

 

基本的に集客はタダではできません。チラシを刷って配ることもありますし、ネット上の広告枠を買ってそこに広告チラシを掲載することもあります。

 

いずれの方法についても、現実的に「金(=コスト)」はかかってきます。SNSなども活用してタダで宣伝するのも今時のやり方であり、とても有効な集客方法ではあります。

 

しかし、SNSを使っていない人達が多い高年齢層にはテレビやチラシのポスティングなどの方法が有効です。つまり、SNSだけではリーチできない層があるということですね。

 

若者層ならSNS利用率が高いので若者を中心に狙うならSNSだけでもいいかもしれませんが、幅広い層にリーチしたい時はSNSだけでは今一歩です。

 

言いたいことを一言で言うと、「集客にはお金がかかる」ということです。当たり前ですよね。

 

さて、集客に多大なお金をかけてお客さんをたくさんお店に集めたとしましょう。お店に一個100円の商品を置いて、後はお客さんがその商品をレジに持ってお会計をしてくれるだけ。

 

…ではありますが、残念ながらそう簡単には行きません。集客できたことと実際に商品が買われることはイコールではないためです。

 

一番肝心な「商品・サービスの購入」というフェーズを踏まない限り、永遠に売上になりません。売上が無いと当然ビジネスは廃業してしまいます。

 

そのため、「集客×商品単価×商品の購入(成約)=売上」がビジネスの大原則となるのです。

 

 

Googleアドセンスには無い概念とは?

 

しつこく登場する「集客×単価×成約率=売上」のビジネス大原則。この内どれかが欠けてもビジネスは基本的に存続できません。

 

そう、“基本的に”は。

 

世の中のビジネスには、上記の大原則が当てはまらないビジネスというものが存在します。

 

それはどんなビジネスかと言えば、例えば「クリック報酬型の広告配信サービス」などです。

 

クリック報酬型の広告配信サービスを展開している企業は様々ありますが、その中で最も有名だと言っても過言ではないのが、Googleが運営する「Googleアドセンス広告」です。

 

クリック報酬型なので、広告がクリックされるだけで収益となり、「売上」となります。

 

お気づきの方もいると思いますが、「クリック報酬型広告はクリックされるだけで売上となるので、商品等を実際に購入してもらう必要がない」のです。

 

通常のビジネスで言うところの「成約」が、Googleアドセンスなどのクリック報酬型広告では「広告のクリック」になります。

 

クリックが具体的にどんな行為なのかは承知の上だと思います。少なくとも、商品の購入とは違いますよね。

 

つまり、実質Googleアドセンスには「成約」という概念が存在していないのです。

 

広告のクリック単価も広告配信側であるGoogle(アドセンス)が決定しているため、サイト運営者が気にする部分は「集客」だけです。

 

集客にはお金がかかると言いましたが、それはSNS等の利用率が低い層(高齢者層など)にリーチしたい場合などにおいての話です。基本的に、SNS等を活用すればタダで集客することも十分可能です。

 

タダで集客できるので、必要な経費と言えばWebサイトの維持費だけです。しかし、月数千円くらいで運営できるのでコストは非常に低いです。

 

Googleアドセンスが配信している広告はジャンルが非常に多岐に渡り、まるで100円均一ショップみたいに様々な商品(広告)を取り揃えています。

 

それらはGoogleが全て管理してくれるので、サイト運営者であるあなたがすることはただ一つ、自身のWebサイトへのアクセス数を集めることだけです。

 

もちろん、ユーザーに広告をクリックしてもらうための工夫は必要ですが、一般的なビジネスに比べると負担はもの凄く軽いです。そして、月数千円くらいのコストで運営できるので、非常にリスクが低いです。

 

そんなGoogleアドセンスを、あなたも始めてみませんか?

 

 

まとめ:あなたのGoogleアドセンスの審査合格をサポートします

 

Googleアドセンスにはメリットがたくさんあります。サイトのマネタイズとしても非常に優秀な方法なので、Googleアドセンスに少しでも興味が出た方は是非コチラを覗いてみてくださいね。

 

Googleアドセンス1発合格ブートキャンプ!

 

それでは、今回はこの辺で。

 

ありがとうございました。

 

チャオ(・∀・)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です