Googleアカウントで2段階認証プロセスを有効にする方法

チャオ(・∀・)♪

 

質問
Gmailは仕事でもプライベートでもよく使うからとても便利。だけどフリーメールだからセキュリティ面が少し不安かな。セキュリティを強化する何か良い方法はありますか?
回答
Googleアカウントで2段階認証プロセスを有効にしましょう。また、Googleが提供する認証システムを合わせて使うことで、さらにセキュリティ面を強化できます。

 

2段階認証とは、IDやパスワードを使った通常の認証に加えて、コードによる認証を行うことでアカウントのセキュリティを高める方法です。

 

今や大半のアプリで2段階認証が標準搭載されており、2段階認証を有効にすることが常識的になってきています。

 

Googleアカウント(Gmail)にも2段階認証の機能が搭載されているので、有効にしておくことを強くおすすめします。

 

ということで今回は、Googleアカウントの2段階認証のやり方について解説していきます。

 

 

Googleアカウントで2段階認証プロセスを有効にする方法

 

それでは、Googleアカウントの管理画面にログインして、2段階認証プロセスを有効にしていきましょう。

 

 

左のメニューから「セキュリティ」を開き、「2段階認証プロセス」をクリック。

 

 

「使ってみる」をクリック。

 

 

アカウントのパスワードを入力して「次へ」をクリック。

 

 

2段階認証用のコードを受け取る電話番号を入力して「次へ」をクリック。コードの取得方法は「SMSでのコード受け取り」もしくは「音声ガイダンスでのコード受け取り」のどちらかを選択。

 

 

入力した電話番号宛にコードが送信されるので、受け取った「G」から始まる6桁のコード(G-○○○○○○)を入力して「次へ」をクリック。

 

 

「有効にする」をクリック。

 

 

これで2段階認証が有効になりました。

 

 

これでOKですが、電話番号によるコード受け取り以外の認証方法を追加することも可能です。

 

 

色々ありますが、「認証システム アプリ」による認証がおすすめです。SMSでのコード受け取りは料金がかかりますが、アプリならば料金がかからないためです。

 

 

これをスマホにダウンロードしましょう↓

 

Google Authenticator

Google Authenticator

Google LLC無料posted withアプリーチ

 

 

スマートフォンの種類をiPhoneもしくはAndroidから選択して「次へ」をクリック。

 

 

アプリ内にある「+」をタップして、「QRコードをスキャン」でQRコードを読み取ったら「次へ」をクリック。

 

 

アプリに表示される6桁のコードを入力して「次へ」をクリック。

 

 

「完了」をクリック。

 

 

以上で認証システムによるログインが追加されました。

 

 

「デフォルト」という表記が付いたものが、メインの2段階認証になります。どうやら認証システムを追加すると、それが自動的にデフォルトになるようです。

 

Googleアカウントで2段階認証を求められたら、「Google Authenticator」を起動して、アプリに表示されているコードを入力してログインしましょう。

 

以上です。

 

 

まとめ

 

Googleアカウントに限らず、メッセンジャー系のアプリや決済を行うサイトでのログインにおいては、2段階認証を設定しておくのがおすすめです。

 

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

チャオ(・∀・)

 

PS.
記事が参考になったら、ぜひRSS登録お願いします!毎日更新しているので、RSSとの相性バツグンですよ(・∀・)♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です