無料オンライン動画編集ツール「FlexClip」の魅力をレビュー|テンプレートから選んで簡単作成!

こんにちは、リュウセイです。

 

今のご時世、色々な動画編集ソフトがありますが、真に「初心者」にとって使いやすい動画編集ソフトは何か?

 

ハッキリ言っちゃいますが、「FlexClip(フレックスクリップ)」です。

 

動画編集ソフトで有名どころなのは「Fimore」や「Final Cut Pro」などですが、「FlexClip」の名を聞いたことある人はきっとそう多くないでしょう。

 

「FlexClip」は上に挙げたソフトと比べると、ネームバリューや機能性などで劣ります。

 

しかし、「初心者に扱いやすい動画編集ソフト」という点が「FlexClip」の最大の長所です。

 

動画編集のド素人の僕から見て、素直にそう思いますね。

 

「FlexClip」には様々なテンプレートが用意されており、それらを組み合わせるだけで簡単に動画が作れちゃいます。

 

そう、「自分で映像素材を撮影する必要がない」のです。

 

文章で書かれているだけでは、実際の使用感を掴めないと思います。

 

本記事では、画像を用いながら「FlexClip」の使い方についてお伝えしていきますね。

 

 

「FlexClip」とは?

 

「FlexClip」とは、オンライン上で動画を編集できるWebサービスです。

 

サービス提供元はPearlMountain Limited株式会社です。

 

 

オンライン上で操作が完結するので、アプリをパソコンに落とす必要がなく、またパソコンのスペックが低くても問題ありません。

 

それでいながら、豊富なテンプレートのお陰で、動画編集の初心者でもプロ風の動画をサクサク作れるのが魅力です。

 

無料でも使えるので、ぜひ無料登録して使ってみてください。

 

 

初心者にこそ「FlexClip」をオススメしたい理由

 

冒頭でも書きましたが、「FlexClip」は動画編集ソフトの中でも、特に初心者に優しい作りになっています。

 

「FlexClip」が初心者にオススメな理由は以下のとおり↓

 

  • 操作が単純で分かりやすい
  • 編集画面がスッキリしていて分かりやすい
  • 初心者でも見栄えの良い動画が作れる
  • 無料で利用できる
  • アカウント登録が簡単ですぐ始められる

 

「Fimore」などの本格派の動画編集ソフトは、機能が充実しすぎて逆に初心者にとっては「どこをどう触ればいいか分からない!」ってなりがちですよね。

 

僕も軽くFimoreを触ったことがあるのですが、編集画面を見て「まるで株のトレード画面みたいだな…」と思いました。

 

でも「FlexClip」は操作画面がシンプルで分かりやすい!

 

FlexClip.1 Home Screen(ホーム画面)

 

後で詳しく解説しますが、テンプレートから選んで少しカスタマイズして「エクスポート」ボタンを押すだけで動画が完成します。

 

これほど簡単な動画編集ツールはなかなか無いと思います。

 

無料で使えますし、アカウント登録も簡単なので(GoogleアカウントでOK!)、すぐ始められる手軽さもgoodですね。

 

 

「FlexClip」の使い方ガイド

 

それでは、「FlexClip」の使い方について具体的に解説していきます。

 

新規アカウントの作成

 

まずは公式サイトにアクセスして、アカウントを作成していきましょう。

 

 

そして右上の「サインアップ-無料」をクリックして、アカウント作成を行っていきます。

 

FlexClip.2 Sign-up.1(登録の手順1)

 

アカウントは、「Facebookでサインアップ」「Googleでサインアップ」「メールアドレスでサインアップ」の3つの方法から選択できます。

 

FlexClip.3 Sign-up.2(登録の手順2)

 

僕はGoogleのサービスをよく使う手前、Googleアカウントでログインしました。便利ですね。

 

サインアップすると、簡単なアンケートの回答を求められるので適当なものを答えてください。

 

FlexClip.4 Sign-up.3(登録の手順3)

 

動画を作成してみよう

 

さて、これで「FlexClip」で動画を作成する準備が整ったので、さっそく動画を作っていきましょう!

 

冒頭で触れたとおり、「FlexClip」の使い方はとってもカンタンです。

 

大まかに言うと、①「テンプレートから選択」→②「カスタマイズ」→③「エクスポート」の3つの手順で完了します。

 

まずは①「テンプレートから選択」していきましょう。

 

FlexClip.5 Create with template(テンプレートから作成)

 

次に②「カスタマイズ」です。気に入ったテンプレートを見つけたら、オレンジボタンの「カスタマイズ」をクリックしましょう。

 

FlexClip.6 Template preview(テンプレートのプレビュー)

 

カスタマイズボタンを押すと、動画の編集画面に移ります。

 

FlexClip.7 Editing screen.1(編集画面1)

 

動画を編集し終えたら、右上の③「エクスポート」でメディアに保存しましょう。

 

ここで、編集モード(カスタマイズモード)の解説をしておきます。

 

画面左側にあるのが各種編集ツールで、新たにテンプレートを追加したりテキストや音楽を挿入したりできます。

 

各ツールのご紹介は後述しますね。

 

FlexClip.8 Editing screen.2(編集画面2)

 

右上には、最初に選択したテンプレートが表示されます。

 

FlexClip.9 Editing screen.3(編集画面3)

 

下の一覧には、動画の各シーンのプレビューが表示されます。

 

カスタマイズした動画を再生したり、ドラッグ&ドロップでシーンを並び替えたりできます。

 

FlexClip.10 Editing screen.4(編集画面4)

 

上には「拡大or縮小」「回転」「フィルタ(画面加工)」「明るさなどの調整」「アニメーション」のタブがそれぞれ並んでいます。

 

FlexClip.11 Introducing the edit tab.1(編集タブの紹介1) FlexClip.12 Introducing the edit tab.2(編集タブの紹介2) FlexClip.13 Introducing the edit tab.3(編集タブの紹介3) FlexClip.14 Introducing the edit tab.4(編集タブの紹介4) FlexClip.15 Introducing the edit tab.5(編集タブの紹介5)

 

右上にあるテンプレート内のテキストやカバーをクリックすると、PowerPointと同じような感じで編集ができます。

 

FlexClip.16 Editing text(テキストの編集)

 

以上のような感じで編集していきます。

 

本当にもう、これだけの操作でカンタンに動画が作れちゃいます。

 

後は左側にあるツールタブからテキストを追加したり音楽やカバーを挿入して、ちょこっと手を加えるだけです。

 

ここ、もう少し掘り下げて解説していきますね。

 

カスタマイズモードの機能紹介

 

上で触れましたが、左側には合計で「11つ」のツールが用意されています↓

 

  1. テンプレート
  2. メディア
  3. テキスト
  4. ビデオ
  5. 画像
  6. 音楽
  7. 要素
  8. カバー
  9. 背景
  10. 透かし
  11. 画面比率

 

順番に見ていきましょう。

 

テンプレート

 

FlexClip.17 Function introduction.template.1(機能の紹介-テンプレート編1-)

 

最初に選んだテンプレートの中に、新たにシーンを追加できる機能です。

 

「ビジネス」や「イントロ&アウトロ」など、様々なジャンルが用意されており、ここから好きなテンプレートを選んでいきます。

 

FlexClip.18 Function introduction.template.2(機能の紹介-テンプレート編2-)

 

気に入ったものを見つけたらクリックして、右下にある「+」ボタンをクリックすることでシーンに追加できます。

 

メディア

 

FlexClip.19 Function introduction.media(機能の紹介-メディア編-)

 

自分の持っている画像(ローカルファイル)や画面収録した画像を追加できる機能です。

 

このように「FlexClip」では、単にテンプレートから選ぶだけではなく、自分で用意した素材も挿入できます。

 

テキスト

 

FlexClip.20 Function introduction.text(機能の紹介-テキスト編-)

 

文字通り、テキストを追加できる機能です。

 

全25種類ものテキストタイプが用意されています。

 

ビデオ

 

FlexClip.21 Function introduction.video(機能の紹介-ビデオ編-)

 

動画を追加できる機能です。

 

26種類のジャンルから選択できます。

 

また、上部の検索窓でビデオを検索することもできます。

 

画像

 

FlexClip.22 Function introduction.image(機能の紹介-画像編-)

 

選択した画像を背景としたシーン、又は画像だけを追加できる機能です。

 

テンプレート右下の「+」ボタンを押すとシーン追加、左下の「ピクチャー・イン・ピクチャー」ボタンを押すと単体の画像として追加できます。

 

ジャンルは全21種類と動画やテキストに比べると少ないですが、1つ1つのジャンルで用意されている枚数がハンパないです。

 

画質も高めなので使い勝手は良いですね。

 

音楽

 

FlexClip.23 Function introduction.music.1(機能の紹介-音楽編1-)

 

全17種類のジャンルから音楽を選んで追加できる機能です。

 

挿入した音楽は、「ボリューム」「フェードイン」「フェードアウト」をそれぞれ設定することで自由にカスタマイズできます。

 

  • 「ボリューム」→音量の調整
  • 「フェードイン」→音楽の鳴り始め位置の調整
  • 「フェードアウト」→音楽の鳴り終わり位置の調整

 

FlexClip.24 Function introduction.music.2(機能の紹介-音楽編2-)

 

また、「ループ再生」をオンにすることで、繰り返し再生することも可能です。

 

要素

 

FlexClip.25 Function introduction.icon(機能の紹介-アイコン編-)

 

アニメーションのアイコンを追加できる機能です。

 

アイコンには、動きが付いているものと付いていないものがあります。

 

種類は全部で36種類あり、各種選べる数も多いので、ツールの中では最多です。

 

カバー

 

FlexClip.26 Function introduction.cover(機能の紹介-カバー編-)

 

「カバー」を言葉で説明するのは難しいのですが、オシャレなエフェクトを追加する機能とでも言いましょうか。

 

全6種類と他に比べて少ないですが、これでも十分多い方ですね。

 

背景

 

FlexClip.27 Function introduction. background(機能の紹介-背景編-)

 

画像とよく似ている機能ですが、こちらは動きのある背景(ライブラリビデオ)を追加できる機能です。

 

全17種類から選択できます。

 

透かし

 

FlexClip.28 Function introduction.watermark(機能の紹介-透かし編-)

 

動画にウォーターマーク(透かし)を追加できる機能です。

 

作成した動画が誰かにパクられても、ウォーターマークが入っているものをオリジナルだと証明できるため、不正コピー対策になります。

 

テキストを挿入することもできますが、オリジナルの画像を挿入することも可能です。

 

画面比率

 

FlexClip.29 Function introduction. Screen ratio(機能の紹介-画面比率編-)

 

「16:9」「1:1」「9:16」「4:5」「21:9」から画面の比率を変更できる機能です。

 

パソコンが「16:9」で、スマホが「1:1」「9:16」「4:5」です。

 

レスポンシブを想定した作りになっているのは有り難いですね。

 

動画のエクスポート方法

 

さて、動画を作成したらエクスポート(ファイルの書き出し)すれば、メディアに保存できます。

 

メディアに保存した動画は、ブログに貼るのも良し、YouTubeに投稿投稿するのも良しと自由です。

 

エクスポート形式は「MP4」と「GIF」から選べます。

 

「MP4」のエクスポート解像度は「480p」「720p」「1080p」の3つから選択でき、数字が大きいほど鮮明な動画になります。

 

FlexClip.30 export.mp4(mp4形式でエクスポート)
FlexClip.31 export.gif(gif形式でエクスポート)

 

最高画質の「1080p」でエクスポートしようとするなら、「プラスプラン(月額約1,092円)」か「ビジネスプラン(月額約2,184円)」への加入が必要です。

 

FlexClip.32 Plan introduction(プラン紹介)

 

最後に動画の名称とクリエーター名を入力して、FlexClipイントロ(有料版のみ)を選んで、エクスポートをして完了です。

 

FlexClip.33 export.Intro and title settings(エクスポートの最終設定)

 

FlexClipイントロとは、動画のスタート時に上で設定した動画の名称とクリエーター名に加え、FlexClipのロゴが入るアニメーションを挿入する機能です。

 

イントロ無しを含めると全部で6つの種類から選べますので、お好みで。

 

 

【まとめ】「FlexClip」に大いなる可能性を感じています

 

今回PearlMountain Limited株式会社さんから直接お声がけいただいて「FlexClip」をレビューしてみましたが、とっても使いやすくてビックリしました。

 

正直まだまだ使いこなせていませんが、テンプレートなどの素材も豊富で、自分で用意した素材も挿入できるので非常にカスタマイズ性に富んでいます。

 

個人的には「FlexClip」にメチャクチャ可能性を感じていますね。

 

当ツールを使って、例えば法人向けにプロモーション動画作成を請け負うのも良いのではないか?なんて思っています。

 

海外ツールなので日本素材がほぼ無いですが、イメージとして使えれば十分なので問題無いですね。

 

「Fimore」や「Final Cut Pro」などがプロ向けに対し、「FlexClip」は動画編集をしたことないライト層向けになっています。

 

この辺、しっかりと棲み分けできるよう設計してあるのは流石ですね。

 

「初心者でも使いやすい動画編集ソフトは?」と聞かれたら「FlexClipでいいよ!」と迷わず答えられそうです。

 

1分以内の動画なら無料プランからでも始められるので、一度使ってみてはいかがでしょうか?

 

 

最後に、レビューをするにあたって作成した動画を載っけておきます↓
適当に作ったやつなのでクオリティはお察しで笑(念のため、音量注意)。

 

 

これからも使っていく予定なので、当記事はまた内容を加筆していこうと思います。

 

ちなみに、以前にも動画編集ソフトをレビューしましたが、こちらの製品も使いやすかったです(合わせてどうぞ)→【機能紹介&レビュー】HD Video Converter Factory Proが使い易すぎた件 | リュウセイブログ

 

それでは、ここまで読んでくださりありがとうございました。

 

チャオ(・∀・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です