自分が使っている共有サーバーの同居人を調べる方法【Bingで解決】

今回は、ちょっと地味な裏技をご紹介します。

 

その裏技とは、タイトルにもある通り、「自分が使っている共有サーバーの同居人を調べる方法」です。

 

まず、専用・共有サーバーとは何か?を簡単に解説しますね。

 

 

自分が使っている共有サーバーの同居人を調べる方法【Bingで解決】

 

専用・共有サーバーとは?

 

レンタルサーバーには、「専用サーバー」「共有サーバ-」の2つの種類があります。

 

「専用サーバー」とはその名の通り、個人(サーバー契約者)が1つのサーバーを専用して使っているサーバーのことです。

 

それに対し「共有サーバー」とは、1つのサーバーを複数人のサーバー契約者が共有して使っているサーバーのことです。

 

例えると、専用サーバーは「一軒家」で、共有サーバーは「賃貸アパート」ですかね。

 

そして、費用は「専用サーバー」>「共有サーバー」という関係です。

 

専用サーバーは1つのサーバーを完全に自分で自由に使えるので、フルにスペックを使えますが、そのぶん費用が高くなります。

 

一方、共有サーバーは1つのサーバーを複数人で使うので、一人一人が負担する使用料は安くて済みますがスペックをフルに使えません。
割り勘みたいな感じですね。

 

まとめると、

 

【費用・スペック】
「専用サーバー」>「共有サーバー」

 

ということですね。

 

Bingを使って共有サーバーの同居人を洗い出す方法

 

それでは、本題です。

 

Microsoft社が提供する検索エンジン「Bing」には、IPアドレスを検索することで、そのアドレスに割り当てられたWebサイトを調べられる機能がついています。

 

これを使うことで、あなたが使っているレンタルサーバーの「共有サーバーの同居人」を洗い出すことができます。

 

個人でちっちゃくWebサイトをやっている人は、大抵が共有サーバーを使って費用を節減しているハズです。

 

「自分の共有サーバーには、どんなWebサイトが同居しているか?」
ちょっと気になりませんか?

 

先ほど共有サーバーは「賃貸アパート」だと表現しましたが、隣人に誰が住んでいるのか気になったことはありませんかね。
あれと同じ感覚だと思ってください。

 

同居人を調べるために必要なのは、「自分のWebサイトのIPアドレス」です。

 

まずこれを調べていくのですが、簡単です。

 

Windowsの場合、デスクトップ左下にあるWindowsアイコンをクリックして、「Windowsシステムツール」を展開して「コマンド プロンプト」を起動しましょう。

 

 

詳しい起動のやり方については、NEC LAVIE公式サイト Windows 10でコマンドプロンプトを表示する方法をご参照ください。

 

コマンドプロンプトが立ち上がったら、「C:\Users\archi>」の後に「nslookup (あなたのサイトのドメイン)」と入力して、Enterキーを押してください。

 

僕の例でいくと、「nslookup ryusei-komada.com」となります。

 

Enterキーを押すと、入力したドメインのIPアドレスが表示されます。

 

 

たくさん英数字が並んでいますが、IPアドレス(例)は「172.67.○○○.33」の文字列になります。

 

IPアドレスが分かったら、Bingの検索窓に「ip: 172.67.○○○.33」と打ち込んで検索してみましょう。

 

すると、調べたIPアドレスに割り当てられているWebサイトが検索結果として返ってきます。

 

 

「隣人には誰が住んでいるか?」が気になった場合は、一度調べてみてくださいね。

 

それでは。
チャオ(・∀・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です