ダウンロードとインストールの違い【保存するか、設置するかの違い】

ダウンロードとインストールってどう意味が違うの?

 

結論、ダウンロードが「保存」でインストールが「設置」です。

 

両者はよく混合されがちですが、少しだけ意味合いが異なります。

 

分かりやすい例を挙げながら、優しく解説していきますね。

 

ダウンロードとインストールの違い【保存するか、設置するかの違い】

ダウンロードは「保存」

 

インターネット上にあるファイルを自分の端末に保存することを「ダウンロード」と呼びます。「ファイルを落とす」とも言います。

 

ダウンロードできるファイルは、画像(写真)・動画・音楽・テキスト・PDF文書など色々な種類があり、これらはダウンロードするだけですぐに使えます。

 

しかし、アプリなどはダウンロードしただけでは使えません。そこで必要なのが、次で解説するインストールです。

 

インストールは「設置」

 

ダウンロードしたアプリを自分の端末で使えるように設置(セットアップ)するのが「インストール」です。

 

アプリというものは、ネット上からファイルをダウンロードしても、自分の端末(OS)でしっかり起動するように整備しないとダメなんです。

 

反対に、セットアップする必要がない上記の動画ファイルなどは、インストールする必要がないということです。

 

ダウンロードしてからインストールする

 

先に「ダウンロード」して、その後に「インストール」していく流れになります。逆はあり得ません。

 

ダウンロードとインストールの事例

 

FFFTPからWinSCPへの乗り換え方法【セキュリティ強化】では、WinSCPというFTPソフト(アプリケーション)をダウンロードして、PCで使えるようにインストール(セットアップ)しています。

 

なぜ意味が混合してしまうのか?

 

大抵のアプリは、ダウンロードしてインストールするまでをボタン一つ押すだけでやってくれるからです。

 

分かりやすいのは、appleストアでアプリを手に入れる例です。

 

appleストア|WordPress

 

なぜ「入手」というボタン表記になっているかと言えば、ダウンロードとインストールを一括して行うからですね。

 

「ダウンロード」だけでもないし、「インストール」だけでもない…だから両方まとめて「入手」という表記になっているのです(多分)。

 

ダウンロードとインストールを分かりやすく例えると…

 

恋愛に例えてみましょう(男性目線)。

 

まず、女の子を口説き落とすまでが「ダウンロード」です。

 

そして関係を深めていって、女の子との愛を育み、女の子を“使える状態”にするのが「インストール」というわけです。

 

分かりやすく説明するため、あえてこういう表現を使っています。

 

そう、僕らは、お父さんがお母さんをダウンロードしてインストールしたからこそ生まれてきたのですね。

 

appleストアで言うところの「入手」ということです。

 

 

まとめ

 

  1. ダウンロードとは、ネット上にあるファイルを自分の端末に保存すること
  2. インストールは、ダウンロードしたファイルを使える状態に設置(セットアップ)すること
  3. 順番は「ダウンロード→インストール」

 

これだけ押さえておけば安心ですね。

 

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

チャオ(・∀・)

 

PS.
記事が参考になったら、ぜひRSS登録お願いします!毎日更新しているので、RSSとの相性バツグンですよ(・∀・)♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です