フリーWi-Fiの危険性とは?これだけは気を付けるべき4つのこと

フリーWi-Fiは危険ってよく耳にするけど、具体的に何が危険なの?フリーWi-Fiにはなるべく接続しない方がいいの?

 

今の時代フリーWi-Fiがかなり普及してきましたが、その大きな要因がコンビニでしょう。

 

自動接続をONにしていると、一歩外に出ただけで、どこかのフリーWi-Fiに接続されることも珍しくない時代ですよね。

 

外出先でもWi-Fiが使えるのは便利な一方で、やはりデメリットもあります。

 

「フリーWi-Fiは危険だよ」と言われることもありますが、具体的にどう危険なのかを知り、安全に使用する方法について理解しておけば問題ありません。

 

 

フリーWi-Fiの危険性とは?これだけは気を付けるべき4つのこと

 

本題に入る前に、フリーWi-Fiについて世間がどう感じているかのアンケートを紹介しておきます。

 


15.5%は「フリーWi-Fiは怖くて(よくわからなくて)使ったことがない」 アンケート結果 : 何でも調査団(@niftyニュース)

 

どうやら、フリーWi-Fiについて良く分からず、怖いと感じている人がそれなりにいるようです。

 

ということなのでまずは、フリーWi-Fiがどんなものかについて簡単に解説していき、それから危険性や対策について書いていこうと思います。

 

フリーWi-Fiとは

 

フリーWi-Fiとは、公共の場で誰でも無料で使えるWi-Fiのことです。

 

フリーWi-Fiの特徴としては、IDやパスワード不要でWi-Fiに接続できるという点が挙げられますが、近年ではセブンスポットのように会員登録が必要なフリーWi-Fiも出てきています。

 

パスワード不要かつ無料で使えるのがフリーWi-Fiの良いところですが、それが大きなデメリットでもあります。

 

フリーWi-Fiの危険性

 

フリーWi-Fiの主な危険性は以下のとおり。

 

  1. 盗聴やのぞき見されるリスク
  2. なりすましのアクセスポイントであるリスク

 

フリーWi-Fiの何が情弱かって、パスワードがかけれていないので、第三者から不正ログインされやすいという部分です。

 

例えるなら、画面ロックがかかっていないパソコンやスマホです。ひとたび悪意のある者の手に渡れば、簡単に中身を見られてしまいますよね。

 

また、先述のセブンスポットのように信頼性の高いフリーWi-Fiならいいですが、中にはアクセスポイントを偽造してなりすましているケースもあります。

 

Wi-Fiの接続時にネットワーク名が表示されると思いますが、それを本家に似せて設定し、本家だと思って間違って接続してきたユーザーの端末にWi-Fiを介して不正ログインする例もあるので注意が必要です。

 

パスワードロックがないからこそ気軽に使えるかもしれませんが、安全性は無いに等しいのでその辺はトレードオフですね。

 

最低限気を付けておくべきこと

 

フリーWi-Fiの危険性が「パスワードロックされていないため侵入されやすい」にあると分かったところで、外出先でフリーWi-Fiを利用する際には最低限次のことだけには気を付けておきましょう。

 

  1. 信頼性の高いフリーWi-Fiを使用すること
  2. HTTPS化されているサイトにのみアクセスすること
  3. 外出時はWi-Fiの自動接続はなるべくOFFにしておくこと
  4. ECサイトでの買い物など個人情報のやり取りは避ける

 

以上の点に気を付けていれば、問題ないでしょう。

 

「信頼性の高いフリーWi-Fi」とは、セブンスポットやマクドナルドのような会員制(利用にはログインが必要)のフリーWi-Fiです。また、この2つは無料Wi-Fiスポットとして非常に優秀です。

 

「HTTPS化されているサイト」とは、通信が暗号化されたサイトのことです。第三者による解析が非常に困難であり、不正ログインの心配はほぼないくらいセキュリティが高いです。

 

加えて、外出時はWi-Fiの自動接続はOFFにしておくのが無難です。上でも書きましたが、自動接続をONにしていると、すぐにどこかのフリーWi-Fiに接続されるほど普及しまくっていますからね。

 

そして、フリーWi-Fiに繋いだ状態で、ネット通販での買い物など個人情報をやり取りする接続は極力しないこと。

 

ちょっと気を付けておくだけで、フリーWi-Fiの危険性に怯える必要はなくなります。

 

外出時のWi-FiはテザリングかポケットWi-Fiがおすすめ

 

外出先でWi-Fiを利用する手段としては、この記事のメインテーマであるフリーWi-Fiの他に、次の2つがあります。

 

  1. テザリング
  2. ポケットWi-Fi(モバイルWi-Fi)

 

テザリングとは、スマホの端末をWi-Fiルーターのように使える機能…というか通信会社のサービスです。

 

テザリング契約(月500円程度)されているスマホからWi-Fiを飛ばして、他のスマホやパソコンで接続するという使い方をします。便利ですが、結構充電を喰うので、主に充電しながらの使用になると思います。

 

ポケットWi-Fiとは、簡単に言うと持ち運びできるWi-Fiルーターです。ざっくりの使用感はテザリングと似ています。

 

この2つは、パスワードもアクセスポイントも自分で管理できるため、第三者による不正ログインの危険性は99.9%ないです。

 

参考→コスパ◎の最強Wi-Fi【プロノモバイル】

 

まとめ

 

外出先でフリーWi-Fiに繋ぐ際に、最低限気を付けておくべきことについてのおさらい。

 

  1. 信頼性の高いフリーWi-Fiを使用すること
  2. HTTPS化されているサイトにのみアクセスすること
  3. 外出時はWi-Fiの自動接続はなるべくOFFにしておくこと
  4. ECサイトでの買い物など個人情報のやり取りは避ける

 

安全な利用方法さえ押さえておけば、フリーWi-Fiはとっても便利な代物です。

 

怖くて使ったことがないという方は、ここで書いた内容を参考にして、一度使ってみるのも良いと思います。

 

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。
チャオ(・∀・)

 

 

PS.
記事が参考になったら、ぜひRSS登録お願いします!

 

RSSとは何ぞや?という方はこちらを読んでみてください。

RSSとは?おすすめのRSSリーダー「feedly」の登録方法! | リュウセイブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です