ダイソーは謂わば雑記ブログみたいなもの

株式会社大創産業が運営する100円均一ショップの「ダイソー」。

 

日本に約3,300店舗、世界26の国家・地域に約2,000店舗を展開する、正にメガショップ。

 

100円均一の名の通り、色とりどりの100円商品が並び、商品のジャンルはとても広い。

 

雑貨、インテリア、台所用品、お菓子…など、特定のジャンルに偏らないラインナップで揃えているのが印象。

 

その様はまるで、雑記ブログのようだ。

 

雑記ブログとは、専門的なジャンルを持たず、運営者が興味を持ったジャンルについて所構わず書きまくる自由スタイル形式のブログのことである。

 

特定のジャンルを持たないという意味では、雑記ブログもダイソー(というか100円均一ショップ全般)も同じだと思う。

 

特定のジャンルを持たないメリットは次の通り。

 

  • 守備範囲が広いので幅広い層を取り込める
  • 多種多様なニーズに応えやすい
  • 扱うジャンルが増えるほどバラエティに富む

 

とりあえず適当に挙げてみた↑

 

でもって、デメリットは次の通り。

 

  • 専門性がない=権威姓がつかない
  • 扱うジャンルが増えると管理が大変
  • 何屋さんなのかが分かりづらくなる

 

たぶん、というか100%、メリットデメリット共にもっとあると思う。

 

一般的に雑記ブログは特化ブログよりも伸ばしにくいと言われているが、これは概ね正しい。

 

検索エンジン№1のシェア率を誇るGoogleは、専門性の高いWebサイトを上位表示するようになってきている。

 

つまり、専門性が薄い雑記ブログより、専門性が高い特化ブログを優先的に検索エンジンに上位表示させる。

 

ダイソーは100円均一ショップとしての確固たる地位を獲得しているので十分集客できているが、雑記ブログにおける集客(検索エンジンからの流入)は特化ブログよりも厳しいと言える。

 

雑記ブログは確かに書きやすいものの、ブログで稼ぎたいならあまり選択しない方が良い方式だと思う。

 

Googleアドセンス的にもあまり有利ではないから、やはり自分なりの専門性を一つでも持つべきかな。

 

それでは。

 

チャオ(・∀・)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です