コロナ渦の中でネットを使って稼いでいく方法

これを書いている今、コロナが世間を賑わせている。

 

まだワクチンがないので、当面の間、人類はコロナとバチバチやっていかなければならないことを余儀なくされている。

 

わざわざ言うまでもないけど、コロナの影響により経済が不安定になったことに伴って、数多くの失業者が出たことは、誰もが承知の事実だと思う。

 

家賃収入などの月の安定した収入があった人はほとんど問題なかったけど、収入源が会社などの給料しかなかった人は、今回のコロナ騒動で相当なダメージを受けた人も多い。

 

そういったことを経験して、『やはり自分も会社以外からの収入源を確保出来るようにしなければ!』と思い立った人は多いはず。

 

そこでネットを使って稼ぐことを思いついたものの、どうやって稼いでいけば良いか全然分からなくて挫折してしまう…。

 

そんな人もまた多いはず。

 

TwitterやInstagramなどのSNS,YouTube,ブログ…。

 

今やネットでは沢山のプラットフォームがあるから、どれに手をつけていけば良いか正直迷ってしまうと思う。

 

とりあえず片っ端からやってみても、そこからどうマネタイズ(サービスからお金を生み出すこと)していけば良いかが分からない…。

 

そもそも何を売ればいいの?っていう悩みも当然発生してくると思う。

 

ネットで稼ぐということは、決して甘くない(^_^;)

 

そこで、ネットで稼いでいく上で大切なことを、僕の経験を踏まえてお伝えしていこうと思う。

 

ネットで稼いでいくために、まず絶対的に必要なことがあって、それは何かと言うと、

「自分メディアを持つ」ということだ。

 

ブロガーとかYouTuberとか呼ばれている人達を見ると分かりやすいと思う。

 

ブロガーなら自分のブログ、YouTuberなら自分のYouTubeチャンネルとか持っているよね。

 

アレが正に「自分メディア」ってやつだ。

 

他にはnoteというメディアもある。

 

ブロガーやYouTuberはどうやって稼いでいるのか?と言えば、簡単に言うと、自分のメディアから収益を生み出している。

 

ネット上には数え切れない程のWebサイトがあるけど、そのサイトの中に「広告」が貼ってあったりするのを見かけたことが一度くらいはある思う。

 

アレはGoogleアドセンス広告と言って、あの広告がクリックされると、その広告を貼ってあったサイトの運営者にGoogleから報酬が支払われるという仕組みだ。

 

YouTube動画の冒頭とかによく出てくる広告も、基本的な仕組みは変わらない。

 

どうして広告から収益を生み出すことが出来るのか?

 

これは簡単に言えば、広告を貼れる場所(メディア)があるからである。

 

当然だけど、広告を貼れる場所が無ければ、広告収益を生み出すことは出来ない。

 

だから、まずは広告を貼れる場所を持つ必要があるってわけ。

 

ネットで稼ぐ方法は別に広告収入だけではないけど、広告は「クリックされれば」報酬を生み出せるものなので、比較的稼ぎやすい部類だと言える。

 

YouTuberなどは基本この広告収入がメイン。

 

広告収入で稼ぐという方法は、自分の商品を作って売る必要もないし、アフィリエイトみたいに紹介する必要もないので、これらに比べると分かりやすくて手が付けやすい方法だと思う。

 

ただサイト内にある広告をユーザーがクリックしてくれるだけで、お金がチャリーンってなるわけ。

 

細かいところを書くと凄く長くなってしまうので今回は割愛します^^;

 

ひとまず今回伝えたかったことは、

ネットで稼ぐためには自分メディアを持つ必要があるということだ。

 

SNS,ブログ,YouTube,など色々あるので、『自分にはどれが合っているかな?』と考えて、自分が得意そうなメディアを選ぶことからスタートすることをオススメします。

 

この辺の詳しいことは、今後も追々記事にしていきたいと思います。

 

今回も読んでいただきありがとうございました。

 

チャオ(・∀・)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です