Classic editorは2021年12月31日で終了します【代替プラグインで解決!】

チャオ(・∀・)♪

 

旧エディターに切り替えが出来るプラグイン「Classic editor」っていつまで使えるの?

 

今回はこの疑問に答えていきます。まぁタイトルで答え言ってますけど。

 

 

Classic editorは2021年12月31日で終了します

 

タイトルにあるとおり、結論は「2021年12月31日」までとなっています。

 

WordPress 5.0 へのアップデートに伴い、旧エディター(Classic editor)に代わる新しいエディターとして「Gutenberg(グーテンベルグ)」が登場しましたが、今までずっと旧エディターを使ってきたお陰でなかなか新エディターに慣れないという人は多いです。

 

そこで、WordPressが公式に配信している「Classic editor」というプラグインを使い、新エディター環境でも旧エディターを使うことが出来ました。

 

しかし、Classic editorの公式文によると、プラグインのサポートは2021年12月31日までと告知しています。つまり、その日をもって旧エディターに切り替えが出来なくなるということですね。

 

 

元々、Gutenberg環境化でClassic editorが使えるようにした理由は、『いきなり新エディターに移行してもユーザーは混乱すると思うから、新エディターに慣れるまでは旧エディター使っていいよ』というものです。

 

要は移行期間ですよね。だから、いずれは新エディターに完全移行することになります。

 

来るべき時が来たら、嫌でもGutenberg使ってもらうよ~』というのがWordPress公式の見解ですが、それはあくまで「Classic editor」での話。

 

『俺はずっとクラシックエディターで行くっ!!』

 

って言う人も当然いると思います。この記事を読んでいるくらいなので、あなたもそうですよね?

 

ご安心ください。

 

Disable Gutenberg」というプラグインを使うことで、「Classic editor」のサポートが終了した後でも、今まで通り旧エディターを使えます。

 

 

開発者はジェフスターという人です。この人に感謝しておきましょう。

 

 

妻と2人の子供と一緒に、ワシントン州モーゼスレイクの小さな町に住んでいるそうですよ。

 

 

まとめ

 

ってことで、2022年以降も旧エディターを引き続き使えることが分かりました。

 

でも、いつかは旧エディターを完全に使えなくなる日が来るんですかね…。

 

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

チャオ(・∀・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です