【コピペで終了】WordPressの子テーマの作成方法

チャオ(・∀・)♪

 

子テーマはどうやって作成すればいいですか?

 

今回はこの質問に答えていきます。

 

親テーマをカスタマイズしている場合、テーマの更新があった時に全て上書きされて消えてしまうので、子テーマを有効化して運営していくことが基本となります。

 

WordPressテーマによっては最初から子テーマが用意されているものもありますが、無い場合は自分で作成する必要があります。

 

子テーマは簡単に作成できるので、解説していきますね。

 

 

【コピペで終了】子テーマの作成方法

 

子テーマはコードをコピペするだけで簡単に作成できます。

 

さっそくあなたが今使っているテーマの子テーマを作成してもいいですが、不安な方はWordPressに標準で入っているテーマでテスト作成してみましょう。

 

 

「Twenty Twenty-One」というテーマが標準で入っているはずです。

 

今回はこのテーマの子テーマを作成してみようと思います。

 

ファイル作成時の注意
ファイルへの記述は必ず文字コード「UFT-8」で行う必要があるので、作業前に確認しておいてください。

 

①子テーマ用のフォルダを作成する

 

FTPソフトを立ち上げ、「あなたのドメイン/public_html/wp-content/themes/」に子テーマのフォルダを作成していきます。

 

フォルダ名は「テーマ名.chilled」や「テーマ名.custom」など、子テーマであることが分かる名前でいいでしょう。

 

今回は例として、「twentytwentyone.custom」で作成してみました。

 

 

②style.cssを作成する

 

作成した子テーマフォルダの中に「style.css」と「functions.php」の2つのファイルを作成していきます。

 

まずは「style.css」から作っていきましょう。

 

テキストエディタを立ち上げ、ファイル名を「style.css」にして、下記のコードを記述(コピペ)してください。

 


/*

Theme Name:[子テーマの名前]

Template[親テーマの名前]

*/

 

  • 「Theme Name」には、子テーマの名前を入れる
  • 「Template」には、親テーマの名前を入れる

 

今回の例でいくと、子テーマ名は「twentytwentyone.custom」、親テーマ名は「twentytwentyone」となります。

 

適宜コードを書き換えてください。

 

③functions.phpを作成する

 

親テーマのCSSを子テーマにも反映させるために、「functions.php」を作成する必要があります。

 

下記のコードをコピペしてファイル作成すればOKです。

 


<?php

// 子テーマのstyle.cssを後から読み込む
add_action( ‘wp_enqueue_scripts’, ‘theme_enqueue_styles’ );
function theme_enqueue_styles() {
wp_enqueue_style( ‘style’, get_template_directory_uri() . ‘/style.css’ );
wp_enqueue_style( ‘child-style’,
get_stylesheet_directory_uri() . ‘/style.css’,
array(‘style’)
);
}

 

コードの書き換えは必要ないので、そのまま貼り付けてください。

 

「style.css」「functions.php」作成時の注意点
「.css」および「.php」が名前に入っていれば勝手にcss・phpファイルとして認識してくれます。表示上は「style」「functions」となっていても、特にファイル名を変更する必要はありません。

 

④FTPにアップロードする

 

作成したファイルをFTPの「あなたのドメイン/public_html/wp-content/themes/子テーマのフォルダ名」にアップロードしていきます。

 

 

サーバーへのファイルのアップロードは、FTPソフトの他、レンタルサーバーの管理画面からでもアップ可能です。

 

⑤有効化して終了

 

子テーマフォルダに「style.css」と「functions.php」をアップロードしたら、これで子テーマの作成は全て完了です。

 

WordPress管理画面に戻り、「外観」→「テーマ」を開くと子テーマが新たに追加されているはずです。

 

 

後はこれを有効化すればOKです。

 

 

お疲れ様でした。

 

 

まとめ

 

以上、子テーマの作成方法についての解説でした。

 

お使いのテーマによっては、公式サイトで子テーマを配信している場合があるので、「あなたが使っているテーマ 子テーマ」で検索してみるのもいいでしょう。

 

テーマ更新のリスクを回避するためにも、必ず子テーマの方を有効化して運用してくださいね。

 

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

チャオ(・∀・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です