【情報弱者脱却!】オススメ格安SIMと乗り換えについて解説!

うも、リュウセイです!

 

この記事を読んでいるということは、今あなたは大手キャリアのSIMを使用しているのだと思います。

 

そして、『どうやら格安SIMというものに乗り換えるとお得らしい?』という情報をどこかで聞きつけて、この記事にたどり着いたのだと想像します。

 

今回は、そんな気になる格安SIMについて分かりやすくご紹介したので、是非お役立てください。

 

 

SIMって何?

 

格安SIMがお得だよ!』とは聞くものの、初めての方はSIMという言葉自体を知らないかもしれませんね。

 

「SIM」とは、携帯電話やタブレットに挿入することで、インターネットの利用や通話を可能にする「ICカード」のことです。

 

SIMカードがないと、あなたの携帯端末はネットに繋ぐことも通話も出来なくて、一部のアプリぐらいしか使えなくなってしまうのです。

 

そのため、基本的に大手キャリアの携帯端末であれば最初からこのSIMカードというものが内蔵されています。

 

またSIMカードは、どの端末をどの契約者が利用しているのかを識別するためにも必要になるものです。

 

 

格安SIMって何?

 

SIMについて見てきたところで、次は格安SIMと呼ばれるものについて知っておきましょう。

 

格安SIMとは簡単に言うと、大手SIMよりも月々の料金が安くなるSIMであり、

 

MVNO(Mobile Virtual Network Operator/仮想移動体通信事業者)がサービスの提供をしているSIMカードを指しています。

 

MVNOとは、大手キャリアから通信回線を借りてSIMカードを提供している企業のことで、

 

インターネットや音声通話が大手キャリアよりも安い料金で利用できるため「格安SIMカード」と呼ばれています。

 

人によっては、大手キャリアのSIMを使うよりも格安SIMを使う方がお得になるケースがあります。

 

 

「格安SIMに乗り換えるとお得」と言われるワケとその仕組み

 

現在、大手キャリアは「ソフトバンク,ドコモ,au」の3社があります。

 

※キャリアとは「携帯電話会社」のことです。

 

今でこそ格安SIMに乗り換える人も多くなってきましたが、格安SIMというのがまだ社会に出回る前は、殆どの方は大手キャリアが提供するSIMカードを使っていました。

 

大手キャリア組は「専用の回線」をそれぞれが独自に持っており、大手SIMを使っている場合は、この回線を使ってネットに繋げたり通話をしたりします。

 

大手は回線もしっかりしていて、独自のオプションサービスも充実しています。

 

昔は大手キャリア3社しかなかったので「月々に払う携帯料金はこんなもん」という認識が当たり前でしたが、

 

大手3社以外の格安通信業者が参入してきた結果、「安い業者のSIMより大手の方が料金が高い」と言われはじめ、

 

わざわざ月々の料金が高い大手SIMを使うのは損だよね

未だに大手キャリアを使っているのは情報弱者だよね

 

とまで言われるようになってきた始末です。

 

なぜ大手キャリアが提供するSIMより大手以外の格安通信業者が提供するSIMの方が月々の料金が安いのか?というと、

 

大手回線の一部を借りることで、独自に回線を開設する費用とそれにかかる人件費を削減できるためです。

 

独自に回線を持つことはなかなか大変なので、そこで考えたのが「大手回線の一部を使わせてもらおう作戦」です。

 

大手回線の一部を使わせてもらえれば、回線開設に伴う設備コストや人件費を削減できるので、その分料金を安く出来るのですね。

 

 

格安SIMのメリット・デメリットについて

 

大手キャリアから格安SIMに乗り換えるにあたって、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

 

それらを理解しておくことが何より大切なことなので、確認しておきましょう。

 

メリット

 

「格安」SIMと呼ばれているワケですから、最大の特徴は月々の料金が安いことです。

 

メリットを挙げると、

 

  • 月々の料金が非常に安い(2~3,000円程度)
  • 料金プランがシンプル・イズ・ザ・ベスト
  • 悪魔の「契約2年縛り」がない

 

大手キャリアSIMだと、月々の料金は大体ですが7~8,000円ラインです。

 

これに比べ、格安SIMはおおよそ40%分月々の料金をカット出来ます。

 

大手から格安に乗り換えると、月間で約5,000円年間で約6万円の節約が可能になります。

 

デメリット

 

メリット以上にデメリットがあります。

 

  • 大手キャリアよりも通信が不安定
  • 大手キャリアよりも通話料金が高い
  • 大手キャリアよりもサポートが薄い
  • 格安SIM対応端末が限られる
  • キャリアメールが使えない
  • クレジットカード決済が多くなる
  • LINEのID検索が使えなくなる
  • テザリングが使えなくなるケースがある
  • 初期設定を自分で行う必要がある

 

上記のデメリットの他にも、実店舗を持つ格安SIM業者が本当に少ないというデメリットも挙げられます。

 

実店舗を持たないところが多いため、格安SIMの購入は、ネットで買うか或いは業者に直電して買うのが一般的となっています。

 

デメリットが多く見えると思いますが、月々の料金が安くなるという最大のメリットを受けるためには、ある程度のところで妥協して受け入れることが大切です。

 

 

大手キャリアから格安SIMに乗り換えることは可能か?

 

答えはYES!です。

 

乗り換えは「大手→格安」の一方通行だけではなく、「格安→大手」でも可能です。

 

大手から格安SIM(若しくは格安SIMから大手)に乗り換えたいけど、電話番号が変わると何かと不都合だから今使っている番号をそのまま使いたい』という方は多いでしょう。

 

そこで行うのがMNP転出手続きというものです。

 

これは現在使用している電話番号を次のSIMでも引き続き使用するという手続きで、「格安→大手,大手→格安」いずれの場合でも適用可能です。

 

この「MNP転出手数料」には3,000円程度かかります。

 

MNP転出手続きは希望する場合のみなので、手数料を節約したい方は新規の電話番号で申込すれば大丈夫です。

 

ただし、MNP転出手続きで電話番号は引き継ぎ出来ても、キャリアメールの引き継ぎは不可となっています。

 

 

MNP転出手続きで注意すべきこと

 

MNP転出手続きにて最も注意しなければならないことは、

 

転出と新規申込の手続きをした時点で今使っているSIMが使えなくなるため、

 

次のSIMが届くまではスマホが使えない空白期間が出てしまう可能性があるということです。

 

ネットも電話も使えない期間が3日前後発生してしまうので、それがどうしても許せない方は即日MNPが可能な格安SIMを選びましょう。

 

即日MNPとは、申込後期間内であれば、あなたの好きなタイミングで即座にMNPにスイッチできるというものです。

 

即日MNPにしたい場合は、今使っているキャリアに予め連絡を入れて、MNP予約番号を発行してもらう必要があります。

 

この予約番号を事前に発行しておかないと、電話番号を引き継ぐことは出来ません。

 

即日MNPに対応しているのは、

 

UQ-mobile

U-mobile

楽天モバイル

NifMo

b-mobile

llJmio

LINEモバイル

エキサイトモバイル

BIGLOBE

nuroモバイル

mineo

 

以上の11社です。

 

ただし、即日MNPといっても、数十分程度は空白期間があったりするのでそこは仕方ありません。

 

 

「SIMロック」にご注意

 

格安SIMによっては、今のスマホをそのまま使えるものと使えないものがあるので注意が必要です。

 

基本的には、大手キャリアから買った機種にはSIMロックというものがかかっていて、その回線でしか使えないようになっています。

 

例えば、ソフトバンクで買った機種にはソフトバンクの回線を使ったSIMしか使えないようになっており、これが「SIMロック」です。

 

そのため、自分が買う予定の格安SIMは、今自分が使っているキャリアの回線を使っているものなのかをよく確認しておく必要があります。

 

スマホを新たに買う場合はSIMロックの脅威に怯える必要はありませんが、今のスマホをそのまま使いたいというエコな方は、格安SIMがどの回線を間借りしているのかを確認しましょう。

 

最近では、SIMロックのかかっていないSIMフリースマホと呼ばれるスマホも出てきました。

 

このスマホであれば、どの会社の格安SIMでも使うことが出来ます。

 

今自分が使っているスマホはSIMフリースマホなのか?を見極める方法としては、

 

キャリア(ドコモ,ソフバン,au)から買ったスマホかどうかで判断しましょう。

 

キャリアから買ったスマホであれば99%確実に「SIMロック端末」、Amazonなどキャリア以外から買ったスマホであれば「SIMフリー端末」である可能性が高いです。

 

また、格安SIMと一緒に端末を買った場合も「SIMフリー端末」である可能性が極めて高いです。

 

2015年5月以降に販売されたスマホからは、利用者が希望すれば原則としてSIMロックを解除できるようになりましたので、併せて覚えておいてください。

 

ただし、店頭でスタッフにSIMロック解除を行ってもらう場合は手数料が発生します。

 

 

オススメ格安SIM5選【速度を最重視しよう】

 

先程、即日MNPに対応している格安SIM社として11社挙げました。

 

基本的には、上で紹介した11社のどれかから格安SIMを購入すればいいですが、

 

格安SIMの仕組み上「大手SIMよりも回線速度が遅くなる」ので、できる限り速度の速い格安SIMを選びたいですよね。

 

回線速度が比較的速い格安SIMを手に入れられれば、格安SIM購入者の中での情報強者となります。

 

なるべく後悔のないようにしたいと思いますから、先程の11社から速度を重視して厳選した格安SIM5選をご紹介します。

 

速度が比較的速い格安SIMは、

 

  • UQ-mobile(au回線)
  • U-mobile(ドコモ回線)
  • 楽天モバイル(楽天回線)
  • b-mobile(ソフトバンク回線)
  • エキサイトモバイル(ドコモ回線)

 

以上の5社です。

 

従って、

 

  • ドコモからの乗り換えは「U-mobile,エキサイトモバイル」
  • auからの乗り換えは「UQ-mobile
  • ソフトバンクからの乗り換えは「b-mobile

 

基本的には上記を参考にして選ぶと良いでしょう。

 

格安SIMを選ぶ時に最も留意しなければいけないのは、圧倒的に速度です。

 

格安A社よりもB社の方が料金が安いから』という理由で選ばないようにしましょう。

 

何度も言いますが、格安SIMで最重視するのは「速度」です。

 

格安SIMであればどこも料金が安いので、料金基準で選ぶと後々損します。

 

 

こんな人が格安SIM乗り換えにオススメ!

 

最後にまとめです。

 

大手キャリアから格安SIMに乗り換えするべき人は、月々の携帯料金が高いと感じている方です。

 

大手キャリアは安定した速度回線、無駄に充実した各種サービス、等々色々なメリットがありますが、

 

やはり一番の良いところと言えば、全国各地で安定した回線を使うことが出来るという点でしょう。

 

さすが大手キャリア、資金力にものを言わせて全国各地に回線の基地局を設置しているので、山奥にまで行かない限り圏外になる心配がほとんどないという点が強いです。

 

しかし、大手回線を間借りしている格安SIMであれば、速度に関してはそこまで悩むことはないのかなと感じます。

 

もちろん大手キャリアの方が早いですけど、ぶっちゃけ、『こんなにサービスいらないから、その分料金を安くしてほしい』と思う方もいると思います。

 

格安SIMの速度回線でも十分な方は、格安SIMに乗り換えるのも一つの手です。

 

速度回線はそこそこにキープしつつ月々の料金をなるべく抑えたい

 

こんな方こそ、格安SIM乗り換えにオススメな人です。

 

今回の記事を参考にして、是非検討してみてください。

 

それでは、この辺で。

 

ありがとうございました。

 

チャオ(・∀・)!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です