canonicalタグ・正準URLとは?|プラグインで簡単に設定

canonicalタグって何ですか?どんな時に使うのですか?

canonicalタグの意味や使い方について解説していきます。

特にコンテンツを量産している方などは、canonical(カノニカル)タグへの理解が重要になってきます。SEOのためにもぜひ覚えておきましょう。

それでは、始めていきます!

canonicalタグ・正準URLとは?|プラグインで簡単に設定

canonicalタグとは「重複コンテンツによるペナルティを回避するために用いるタグ」です。

canonicalタグは他にも「canonical link」とか「canonical URL」とか呼ばれますが、単に呼び方が違うだけで意味は全て一緒です。

重複コンテンツとはどんなものかと言うと、「AページとBページとで内容が同じなのに、それぞれ独立して存在しているコンテンツ」ですね。

Googleのindexでは、URL毎に別コンテンツとして扱います。

重複コンテンツの作成を避ける」に書いてあるとおり、Googleは重複コンテンツをペナルティの対象としています。

規約に書いてある、重複コンテンツにならないための工夫について一部抜粋すると、

  • 301リダイレクトを使用する
  • 内部リンクの一貫性を保つ
  • トップレベルドメインを使用する
  • canonicalを使用する

以上を推奨しています。

301リダイレクトとは
簡単に言うと「URLの入れ替え」。ページの移転やサイトの引っ越し時など、古いURLから新しいURLへ入れ替わる時に使用する転送タグ。

内容が重複するコンテンツにおいて、301リダイレクトすると片方のコンテンツ(リダイレクト先のコンテンツ)だけが機能し、canonicalにすると両方機能します。

301リダイレクトの設定については「【サル真似でOK】特定ページの301リダイレクトの書き方+解除方法 | リュウセイブログ」をどうぞ。

canonicalはどんな時に使うと便利なのかと言えば、

  • 内容は似通っているけど、別のカテゴリーにあるので両方残したい時
  • ECサイトの商品ページで色違いの商品を販売していて、ページのURLがそれぞれ異なる時

などです。

Googleからすると、

URLこそ異なるが、見た感じ内容が同じようなコンテンツがある。これ、どっちが正しいコンテンツ?重複ならペナルティあげちゃうよ?

ってなっているので、「いや、そうじゃないです!ペナルティやめて!」と伝えるためのタグがcanonicalです。

canonicalでURLを統一することを「正規化」と言います。正規化することで重複コンテンツのペナルティを回避できるのですね。

ってことで、次はcanonicalの指定方法について解説していきます。

canonical(カノニカル)の書き方

手動でcanonicalを設定する方法

canonicalは、正規化したいページの<head>内に以下のコードを記述することで設定できます。


 

<head> <link rel=”canonical” href=”(正規化したいページのURL)”> </head>

しかし、後述するプラグインを使っての設定が最も簡単かつ楽なので、そちらでやることをおすすめします。

プラグイン「All in One SEO」で簡単に設定可能!

SEO対策プラグインで有名な「All in One SEO」を使えば、簡単にcanonicalを設定できます。

プラグインをインストールして有効化すると、記事の編集画面の下に「AIOSEO設定」の項目が追加されます。

タブを「Advanced」に切り替えると「正準URL」と表記されている項目があるのですが、これがcanonicalの設定項目です。

正準URLの項目に正規化したいURLを入力して記事の更新をすれば、自動的にcanonical設定できます。

それでは、以上です。
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です